迷う 類語。 判断に迷うの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

惑うの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

迷う 類語

[動ワ五(ハ四)]《 7が原義で、のちに「まど(惑)う」と混同された》• 1 まぎれて、進むべき道や方向がわからなくなる。 2 どうしたらよいか決断がつかない。 3 心が乱れてよくない方向へ行く。 欲望・誘惑に負ける。 4 死者の霊が成仏できないでいる。 5 区別がつかなくなる。 まぎれる。 6 秩序なくあちこちへ行ったり来たりする。 7 布の織糸が弱り、糸が乱れかたよる。

次の

「迷う」の意味とは?「迷う」と「悩む」の違い・読み方・対義語・類語・英語

迷う 類語

「路頭に迷う」の意味とは? 「路頭に迷う」の由来や語源• 「路頭に迷う」の言葉の使い方• 「路頭に迷う」を使った例文・短文 解釈• 「路頭に迷う」の英語• 「路頭に迷う」の似た意味・類語や言い換え 「路頭に迷う」の意味とは? 「路頭に迷う」の意味は、 「仕事や資産などの生活手段を失って住む家もなくなり、生活にひどく困ること」や 「生きていく糧と住居 住所 を失い、どうしていいか分からず途方に暮れること」になります。 「路頭に迷う」という慣用句は、生活するために必要な仕事 職業 や資産 財産 を失ってしまい、家も無くしてまともに生活することができなくなること、非常に困った状態になることを意味しています。 「路頭に迷う」の 「路頭 ろとう 」とは、 「道端 みちばた ・路傍 ろぼう ・道のほとり」であり、住む家が無くなってどこにも寝泊りする場所がないので、道端をさまよい歩いているというニュアンスがあります。 私は生計を立てられず、 「路頭に迷って」しまった。

次の

「迷う」に関連した英語例文の一覧と使い方

迷う 類語

「悩む」という言葉の敬語を考える前に敬語を細かく知っておくことも大事になってきます。 敬語には3種類あり、それぞれの場面や相手を考えベストな言葉を選んでこれからの関係をうまく築き上げていきたいところです。 敬語を用いるに当たって1人で会話をすることはできません。 コミュニケーションを円滑にするためにも、敬語の種類から考えて相手に伝えることが大切となってきます。 正しい言葉はすぐに身に付くわけではありません。 それでも今のうちに覚えておき、正しい敬語を意識して使う事によって身に付き心構えももっと変わってくるものです。 敬語の種類 先程少し、敬語には3種類あるという事を述べました。 悩むの敬語表現について述べるに当たって敬語3種類に従って「悩む」の敬語について紹介していきます。 まずは「丁寧語」についてです。 丁寧語とは語尾を「ですます」とすることが特徴で、丁寧な言い方で相手に敬意を表すと言葉です。 2つめは「尊敬語」で相手の動作や持ち物など相手に関わる物事について述べる時に使用する敬語です。 主語は相手となるように言い表します。 最後に謙譲語です。 自分や自分の身内にまつわるものの動作や持ち物について述べるときに用い、主語が自分やその身内・自分の組織になります。 使い方 敬語について細かく述べましたのでその意味に当てはめて「悩む」をどのように使えるかを考えていきましょう。 丁寧語で言い表すならば「悩みます」が一番シンプルな丁寧語であると言えます。 「悩んでいます」も現在進行形として表現できる丁寧語です。 尊敬語の場合は主語は相手となる為「お悩みになる」「悩まれる」という言い方が正しいです。 この場合「お悩みになられる」は二重敬語となる為、適切な表現ではありません。 謙譲語の場合は「悩んでおります」と言うように自分や身内の状態を言い表すことができます。 メールでの使い方 ここまででどのように「悩む」を敬語表現に変換することができるかを考えてきました。 敬語表現に分ける際も相手なのか自分なのか動詞であれば意味も捉え方も変わって来てしまいます。 場面でも言い方ひとつで失礼に聞こえてしまったり何に対してなのかわからなくなってしまったりするものです。 そこで場面別にどのように「悩む」を敬語表現できるか考えていきます。 結婚 結婚式に呼ばれた場合、予定を合わせる努力をしようにもいけるかまだわからない時は出てきてしまうものです。 それでも相手は参加してくれるか否かを確認しなければ会場の為の人数調節も難しくなってきてしまうものです。 結婚式においては「列席」「参列」という言葉があります。 どちらも「式や行事に参加する」と言う言葉の意味を持っていますが、列席と言う言葉は新郎新婦や親族・司会者さんなど主催者の方が使うものでゲスト側は「慶んで参列させて頂きます」と使います。 しかし「参列」と言う言葉はお葬式でも使われるためゲスト側も「列席」を使う場合もあります。 そして本題の悩んでいる時の返答ですが、「悩んでいます」とストレートに言ってはマイナスなイメージになってしまい失礼です。 そこで曖昧表現ですが「出席」という言葉があります。 行けない時は「出席することができません」と言えば良いだけで「悩みましたが」と言う必要もありません。 仕事 仕事の場面で悩むという言葉をストレートに言う事は先方の方にも失礼にとらわれてしまうので言い方を変えると良いでしょう。 「判断に苦しみましたが」や「考慮する時間がかかってしまいましたが」と言い換えることが望ましいでしょう。 子供など 子供相手にどういう風に「悩む」を伝えればいいかわからなくなって敬語で話しをしてしまう事は少なからずある事でしょう。 子供相手に敬語でかしこまって話をしても子供からしたら大人目線で上からのように感じてしまう事もあり、いう事を聞いてくれない経験をした方も居るでしょう。 子供と話す際の敬語では丁寧語を意識したり「困っちゃうね」と子供目線に立ってあげることが大切です。 先程も述べた通り、「悩む」には様々な類語がありそれぞれ同じ意味として使う事の出来る同義語がたくさんあります。 細かくどのようなものがあるのかを紹介していきますと、「苦慮」「苦悩」以外にも「もだえ苦しむ」「苦しみ悶える」や「アップアップする」と言うような表現も同義語になります。 類語としては「葛藤する」「悶絶する」という表現もあり、それぞれ「悩む」と意味が共通してはいますが細かくは違った解釈で受け取られることも多いので使い分けは慎重に注意して使うようにしましょう。 考えるなど 「考える」はどうでしょうか。 「悩む」の意味としては共通しているように感じることでしょう。 確かに双方とも似ている意味ではあり類語として言われることも少なくありません。 この2つの単語は良い例ですが類語と言われていても、同義語と言われていても単語が違うにはそれぞれ追加の意味があるからです。 全く同じ意味の言葉が存在するのであれば作られはしません。 「悩む」は非生産的、「考える」は生産的と言われていて、「悩む」と言う行為は物事を複雑にし問題が曖昧なまま解決策に無理やり結びつこうとすることが多い焦らされている状況を言います。 対して「考える」は問題の細分化から行い物事を理解しようとシンプルに整理しながら建設的に物事を見極めていく行為であり、社会的にも人間的にも悩む事より考えることが大切と線引きされるほど違う解釈に捉えられることができます。 「悩む」の敬語表現に悩んで.

次の