漢方 動画。 成城漢方たまり

成城漢方たまり

漢方 動画

今回は 『日本漢方と中医学の違い』についてです。 >>前回の解説動画は この記事ではこの動画を作成した 意図や 裏話をしていきます。 【東洋医学・漢方を学ぼう】解説動画の意図 漢方を勉強する時にもっとも大事になるであろう 『証』の扱いの違いについて解説したものです。 二つの違いを完結に述べると… 日本漢方の『証』:『ある方剤の適応となる症状の組み合わせ。 この『証』の扱いの違いは、 『治療の考え方の違い』から生じています。 日本漢方では 『方証相対(ほうしょうそうたい)』を使って、中医学では 『弁証論治(べんしょうろんち)』を使って治療していきます。 日本漢方の『方証相対』を図にしてみると、以下のようになります。 診断によって『証』が分かれば、その『証』に適応している方剤を 固定的に処方します。 ・どうしてそのような症状が生じているのか? ・なぜそのような方剤を処方するのか? はあえて考えないのが日本漢方です。 中医学の『弁証論治』を図にしてみると、以下のようになります。 診断によって『証』が分かれば、その 病気の理由をちゃんと考えます。 これが 『病因病理』と呼ばれるものです。 その次に 治療方針を考えます。 これが 『治方・方意』と呼ばれるものです。 最後に、患者さん一人一人に合わせた 『処方』をします。 これが中医学の基本的な考え方です。 中医学と日本漢方の違い。 証の扱いの違い。 これを意識して勉強するようにして下さい。 また、動画内でも述べていますが 『言葉の意味をちゃんと考える』こともかなり大事です。 言葉の意味をしっかりと考える。 これが意外と勉強に役立ちます。 【東洋医学・漢方を学ぼう】解説動画の裏話 さて、この動画の冒頭に 『謎の雑談』が入っています。 霊夢が『時間がない』と訴えており、それに対して魔理沙が 『時間がないことで人の素晴らしさが際立つ。 だから今を必死に生きるべきだ』と返す雑談です。 これは単純に私の趣味で入れたものです(笑)が、私が毎日思っていることでもあります。 多くの人が毎日を当たり前のように生きています。 当たり前のように明日がやってくるだろうと。 でもよく考えてみると、『明日も生きている』という保証は全くないわけです。 突然事故に合ってしまうかもしれないし、重い病気になってしまうかもしれない。 だからこそ 『今を全力で生きるべきなんだな~』と思うわけです。 昔に起こった出来事は変えることができない。 「ああすれば良かった」とか、そんな後悔を考えても意味がないわけです。 そして未来に起こる出来事も全く分からない。 10分後に起こる出来事は大体分かりますが、1か月後とか1年後とかのことは全く分からないわけです。 もし未来のことが分かってしまうのであれば、それは『今の現実は変わらない』という固定観念や諦めを抱いているだけです。 過去のことを悔やんでも仕方がないし、未来の心配をしても仕方がない。 だからこそ、 『今を必死に生きる。 』そして、『今を必死に生きる』ためには、 『目の前のことに熱中する』だけでいいのです。 この動画も集中して10時間くらいかけて作りました。 意外と時間がかかっていましたが、熱中していれば気が付かないものですね(笑) この記事が、私の後輩や皆さんのお役に立てることを願っています。

次の

動画・患者指導箋

漢方 動画

株式会社ツムラ(本社:東京都、代表取締役社長CEO:加藤照和)は、2020年7月10日(金)10時にホームページ上に「漢方・生薬を学ぶ・知る・楽しむ」をコンセプトにしたスペシャルサイト「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」を公開しました。 茨城県にあるツムラ漢方記念館は、2008年のリニューアルオープン以来、主に医療関係者の皆さまを対象に公開してまいりました(年間来館者 約4,000名)。 このたび、一般の皆さまも自宅にいながら疑似体験できるバーチャル漢方記念館として、ツムラ漢方記念館で発信する情報とその空間を、スペシャルサイトで初めて公開します。 「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」 公開日:2020年7月10日(金)10時オープン URL: 「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」では、ミニチュアにしたツムラ漢方記念館を舞台にツムラや漢方の歴史、漢方製剤ができるまでの工程など、さまざまな情報を動画やアニメーションも活用しながら発信しています。 漢方に興味のある方はもちろん、今まで漢方に触れる機会の少なかった方など、どなたでも楽しみながらコンテンツを体験いただけます。 スマホ、PC、タブレットなどさまざまなデバイスから、好きな場所、好きな時間に「Hello! TSUMURA バーチャル漢方記念館」へぜひご来館ください。 Webの世界だからこそ体験できる「学ぶ・知る・楽しむ」コンテンツがあります。 当社茨城工場敷地内にある医療関係者向けの見学施設です。 漢方・生薬に関する歴史的に貴重な書物等から100種類を超える原料生薬の展示、漢方製剤の製造工程や品質管理までを専門スタッフが案内しています。 見学の再開は未定です。 明治26年創業の当社は「自然と健康を科学する」という経営理念のもと、自然の恵みである生薬を原料とする漢方製剤の安定供給により、人々の健康と医療に貢献していきます。 「JPM2020 年3 月MAT」をもとに当社が独自に集計 無断転載禁止.

次の

【医師限定】漢方の使いやすさと5つのメリットを新見正則が解説!【動画プレゼント】

漢方 動画

【医師限定】漢方の使いやすさと5つのメリットを新見正則が解説!【動画プレゼント】 【医師限定】漢方の使いやすさと5つのメリットを新見正則が解説!【動画プレゼント】 患者さんの「訴え」から漢方薬を選択して処方する考え方をお伝えします 医師の方で漢方を使ってみたい方、一部の漢方薬のみを使っている方、または漢方がお嫌いな方は少なくありません。 しかし漢方薬にはメリットがあります。 当ブログ監修者の新見正則は以下の5つのメリットを掲げています。 ・患者さんが喜ぶ ・外来が楽しい ・患者さんが離れない ・医療費の削減 ・リスク管理になる これらがもし本当なら、使わない手はないように思えます。 新見正則は若かりし頃、 西洋医として行き詰まりを感じたときに、この 東洋の伝統医学の知恵を活用することで、「患者さんがよくなった」ことをいくつも経験し、漢方の魅力を感じ、会得を志すようになったのです。 しかし「漢方」と聞くだけで「難しい」と感じられる方もいらっしゃるでしょう。 そこで 新見正則は自身が二十年かけて得た知恵を「モダンカンポウ」として発表しています。 モダンカンポウとは 「症状」だけで「処方」を決定するシンプルな方法です。 医師の方であれば西洋医学の知見に加えて、モダンカンポウの処方をプラスするだけで前述のメリットが得られるのです。 以下に、新見正則よりこの動画について紹介させていただきます。 「お待たせしました。 この講演は録画の貸し出しを禁止していたものです。 日本全国で行っている講演の1時間バージョンです。 どこの会場も満員になります。 そして どこの会場でも過去最大の集客力を誇ります。 会場に集まって頂いて、そして僕の熱い肌感を感じて欲しいのでリアルセミナーのみを好んでいました。 ところが、それでは 忙しい先生、遠方の先生、漢方にあまり興味がない先生は見る機会がありません。 そこで、全国の先生方が気軽に見ることが出来るように、大学で動画を作成し、そしてここにアップしました。 漢方は嫌いでも使用した方がいいです。 漢方は 西洋医学的治療以外で唯一保険が効く治療方法です。 ですから、最初は「いっそ水と同じ」と思って使用して下さい。 西洋医学で困っている患者さんに是非とも、「時間稼ぎ」と思って使用して下さい。 実際に使用すると、 漢方の御利益、有益性、そして使い方が身につきます。 決して、 勉強してから使おうという立ち位置だけは避けて下さい。 漢方をまったく嫌いな人を説得できるに足るエビデンスは漢方にはありません。 それはレスポンダーとノンレスポンダーがあるからです。 つまり 打率はザックリいうと3割から4割前後と思って下さい。 しかし、 西洋医学的治療で困っている時には是非使用して下さい。 ゼロ割の打率ではないのです。 困っている患者さんに、漢方薬を勧めて下さい。 そんな明日から漢方を使用できる知恵がこの1時間の講義に含まれています。 そして、この講義で僕の使い方に共感したら、是非ともお時間があるときに漢方を勉強して下さい。 それは処方しながら勉強をするのです。 僕の書籍を購入して頂いても良いですし、また講演会に参加して頂くことも大歓迎です。 また、このサイトに勉強用の動画を逐次アップしていきます。 僕が20年かけて見つけた漢方の知恵が1年で追いつけるシステムは作り上げました。 ともかく始めて下さい。 つまり、専門領域を持った専門医が漢方を使用すると 、患者さんが満足し、患者さんが増え、患者さんのライフタイムバリューが増加します。 」 このページではまず無料のデモをご用意しました。 本編は1時間前後に渡る内容の濃い動画を3本配信しています。 明日から外来の現場で使える知識が満載ですので、ご希望の方はぜひお申し込みをなさってください。 本編をご希望の医師の方は以下よりお申し込みください。 必ず次ページにあります個人情報取り扱いに同意をお願いします。 登録後は新見正則が2019年3月まで行っていたスライド入りの講義が視聴できます。 またスライドをPDFとしてダウンロードも可能です。 松田邦夫先生による55回シリーズの勉強会動画を配信開始!登録された方には週に一度、この貴重な動画をお送りさせていただきます。 松田邦夫先生 勉強会動画シリーズの内容 漢方実践臨床講座(総論〜各診療科目)10週、類聚方広義10週、勿誤薬室方函口訣10週、傷寒論10週、金匱要略10週、万病回春5週 新見正則作成! 漢方15分類チャート表PDFも併せてお送りいたします!.

次の