写真 の キュー アール コード。 ガラケーで「QRコード」を読み込むには??

スマホで撮影した写真に、QRコードを追加してプリントできる無料オンラインサービス「QRフォト」を開始。

写真 の キュー アール コード

標準のカメラアプリだけで読み取れる 四角の中に白黒のドットが描かれた「 QRコード」を、さまざまな場所で見かけるようになりました。 最近ではキャッシュレス決済にも使われるようになり、すっかり日常に浸透した感があります。 QRコードには多様な用途がありますが、中でもポピュラーなのが「 チラシやポスター、新聞・書籍などからWebページにアクセスする」仕掛けです。 しかし、iPhoneやAndroidスマートフォンのマニュアルはとても簡素で、QRコードを読み取る方法も載っていません。 「いったいどうやって読み取るの?」という人のために、ここでは標準アプリだけでできる、もっとも手軽な方法を紹介します。 iPhoneでQRコードを読み取る 1カメラを起動する iPhone 11(iOS 13)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2QRコードを読み取る iPhoneの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると枠が表示されますが、さらに近づく必要がある場合、画面上に[近づいてください。 ]と表示されます。 3読み取ったURLにアクセスする 十分に近づくと、QRコードの読み取りが完了します。 「"dekiru. net"をSafariで開く」といった通知が表示されるので、タップしましょう。 4Webページが表示された Safari(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 iPhoneのコントロールセンターには、「 QRコードリーダー」という機能も用意されています。 その名の通り、QRコードを読み取るための専用機能で、前述の方法よりもすばやくWebページにアクセスできます。 複数のQRコードを連続して読み取りたいときに便利です。 また、この機能での読み取り時には、iPhoneのフラッシュライトを点灯させるボタンが表示されます。 暗いところでQRコードを読み取るときにも役立つでしょう。 ホーム画面の右上端から下にスワイプして、コントロールセンターを表示します(iPhone 8以前の機種では下端から上にスワイプ)。 続いて、標準では左下にあるQRコードのアイコンをタップします。 QRコードリーダーが起動しました。 一見、通常のカメラと変わりませんが、中央に大きな枠が表示されるところが異なっています。 QRコードを読み取ると、すぐにSafariでWebページを表示します。 暗くて認識しにくい場合は、フラッシュライトを点灯しましょう。 AndroidでQRコードを読み取る 1カメラを起動する Google Pixel 3a(Android 10)を例に解説します。 ホーム画面から[カメラ]アプリを起動しましょう。 2[その他]を表示する [その他]をタップします。 [その他]がない場合は、[カメラ]のあたりを左にスワイプしてスクロールしてください。 3Googleレンズに切り替える [レンズ]をタップします。 このあと、Googleレンズの説明が表示された場合は[OK]をタップします。 4QRコードを読み取る スマートフォンの背面にあるカメラをQRコードに近づけます。 QRコードを認識すると、読み取ったURLが表示されます。 ここで撮影(検索)ボタンをタップしましょう。 5読み取ったURLにアクセスする QRコードから取得したURLが表示されるので、[ウェブサイト]をタップします。 なお、QRコードの上に表示されたURLを直接タップしてもOKです。 6Webページが表示された Chrome(Webブラウザー)に切り替わり、Webページが表示されました。 close 閉じる.

次の

QRコード読み取り(QR Code Reader)|Web便利ツール@ツールタロウ

写真 の キュー アール コード

小さなスペースながら1つのコードで、最大7,089文字 数字のみの場合 という大容量を表現できるのが「QRコード」です。 文字情報を画像化(コード化)でき、 掲載箇所の省スペース化ができるというメリットがあります。 またQRコードを利用する側もリーダーで 読み込めばすぐに情報にアクセスできるといった利点があります。 最近になってSNSの代表格といえるtwitterにもQRコード機能が追加されましたね。 アカウント名やURLなど、口頭では伝えにくい・間違えやすい文字列は、QRコードで簡略化して相手へ伝えるとお互いの手間が省けていいですよね。 そこで、自分の名刺にQRコードを記載して、 ご挨拶ついでにさりげなくアカウントやURLをお知らせしましょう。 名刺にQRコードを入れてみよう QRコードを生成できるアプリやサイトを使ってコードを作成・取得しましょう。 twitterやLINEなどのアプリにも、QRコード作成の機能が盛り込まれています。 QRコードの作成・取得自体は比較的カンタンにできます。 ただし、印刷物にQRコードを用いる際は以下の点に注意してください。 解像度について 印刷物にQRコードを記載する場合、コードの 画像解像度は300~350dpi必要です。 低い解像度のまま作成・印刷すると、仕上がりが粗くなり読み取れなくなるおそれがあります。 アプリ等で取得したQRコードの画像データはほとんどが72dpiと低解像度になるので、Photoshopなどの画像編集ソフトでサイズ・解像度を調整する必要があります。 QRコードを生成できるサービスの中には、eps形式やpdf形式(ベクターデータ)で書き出せるものもあり、Illustratorでデータを作成される方は、解像度を気にせず拡大縮小できるのでオススメです。 小さすぎサイズはセルがつぶれて読み取れなくなります。 twitterアカウントやご自身でブログをお持ちの方は、ぜひQRコードを名刺に入れてみてください。 名刺を渡しつつ「よろしければフォローお願いします」「ブログやってます」のひと言でOK!もらった側も読み取るだけで簡単にアクセスできます。 キャラクターにQRコードを持たせたり、イラストに組み込むなど自由なデザインで作成して注目度・フォロワー数アップを目指しましょう。

次の

スマホで撮影した写真に、QRコードを追加してプリントできる無料オンラインサービス「QRフォト」を開始。

写真 の キュー アール コード

動画を埋め込んだQRコードが簡単・無料で作れるmevie(ミービー) 動画をQRコードにして、プレゼントや手紙につける方法をお伝えします! QRコードを使えば心のこもったメッセージ動画をサプライズであげることができちゃいます。 それがmevie(ミービー)です。 mevieはサイトから動画をアップロードしたら(PCにもスマートフォンにも対応)、mevie内に動画が保存され、その動画が見られるQRコードが作成されます! 生成されたQRコードをダウンロードして様々な使い方が可能です。 YouTube以外で動画をアップロードすることができて、おまけにQRコードが作れる唯一のサービス、それがmevieなのです。 しかも動画の保存とQRコードの作成は無料ですし、しかもブラウザから直接できるのでは、アプリをダウンロードする必要もありません。 あなたの動画を見る側も、アプリを落とす必要がないので、とっても使い易いんです。 動画が見られるQRコード付きキーホルダーも作れます。 操作も簡単なので毎日多くの人がmevieを使って、動画メッセージ付きのお手紙や年賀状、カードの製作に使っています! QRコードをダウンロードすれば、シールや名刺など様々なことに使えます。 動画が保存されている画面はYouTubeのように余計な広告や、関連動画が表示されることもありません。 またプロフィールなども設定できるので、QRコードを読み取ると、あなただけのシンプルで美しい画面の中で動画を見せることができるんです! さっそくその使い方をご説明いたしましょう。 mevieを使って動画を保存したQRコードを作る方法 まずサイトでします。 そして登録後にを行います。 FacebookやTwitterのアカウントを使って登録・ログインすることもできます。 そうしたら、ダッシュボード画面に行くので、そこから「動画をQRコード・URLに保存」を押すか、メニューやフッターのを押してそのQRコード作成ページに行きます。 メニューから「動画をQRコード・URLに保存」を選びます。 select videoを押すと動画の登録、もしくは撮影ができます。 そこで「Select Video」ボタンを押すと動画の撮影や登録ができます。 カメラロールから撮影済みの動画を選ぶか、カメラを起動して動画を撮影してください(動画はそこから撮影した方が、撮影済みの動画を登録するより時間が短くて済みます)。 そしてデザインを選びます。 動画を保存したQRコードをダウンロードして使いたい人は「QRコードダウンロード用」を選んでください。 他のデザインを選ぶとQRコードの付いたデザイン付きペーパーが発行されます。 これをプリントアウトすれば、そのまま動画の見られるお手紙として使えます。 デザインはA4サイズ、はがきサイズが選べます。 最後に送信を押します。 「QRコードダウンロード用」で動画が読み取れるQRコードを作成してダウンロード しばらく経つと(1分〜3分程度)とQRコードが発行されるので、PCならマウスの右クリックや、ドラッグ&ドロップでQRコードを保存してください。 またスマートフォンならQRコードを長押し、もしくはスクリーンショットして保存してください。 このQRコードをスマホやタブレットで読み取って動画が登録されているのを確認してみて、動画が見られればOKです。 動画が長い場合などは動画が反映されるまでしばし時間がかかることがあります。 万一動画が保存されていない場合はもう一度チャレンジしてください。 この動画が保存されたQRコードを使えば、あなたムービー付きシールや名刺、アルバムなどなんでもできちゃいます! デザイン「花」「犬」「猫」を選べば可愛いメッセージ動画付きの手紙が印刷できます 動画QRコードのついたお手紙もプリントできます。 動画登録後に、さまざまなデザインがあるので好きなものをお選びください。 可愛い犬や猫、お花など素敵なデザインのメッセージ付き動画が保存された、お手紙をプリントすることができます。 ただし印刷する際にはPCならプリンターへの接続が必要です。 またスマートフォンでもiOS(iPhone)でしたらAirPrint対応のプリンターに接続されている必要があります。 QRコードから動画を読み取る方法 mevieで作った動画を見る際には、スマートフォンやタブレットが必要です。 またQRコードを読み取るアプリが入っていない場合は入れる必要があります。 もしiPhoneではiOS11以降のバージョンでしたら、カメラを起動してQRコードにかざせばそのまま、読み取ることができ、専用アプリなどを入れる必要がありません。 QRコードの動画サービスなどはそのために専用のアプリなどが必要場合も多いのですが、mevieはただQRコードを読み取るアプリさえ入っていればOKなのが良いところです。 動画が埋め込まれたQRコードの使い方は様々 これまでに動画の見られるQRコードはいろんな使い方をされてきました。 弊社ではQRコードを使った動画付きプロレスカードを製作、これまでに150以上の選手のカードを会場や通販で販売してきました。 天龍源一郎さんやプロレスリング・ノア、全日本プロレス、大日本プロレスなど様々な団体選手たちの、熱いメッセージ動画が見られるカードは大好評でした。 他にも障害者作業所では、QRコードを使った小さなカード型の紙(A4の紙にプリントして8つに切ったもの)を使い、作業所の商品を買ったお客様にそれをお渡ししています。 QRコードの動画で簡単に作業所のコンセプトが伝えられますし、スタッフの顔が見えると好評です。 またシールを作って商品に貼っている方々もいます。 都内農家では地元での販売している商品に、買った人へのお礼動画が見られるQRコード付きシールをつけているわけです。 他にも名刺やアルバム、CDやTシャツなど様々な使い方をしている方がいます。 みなさんもQRコードに動画を入れて、誰かを楽しませてみませんか?.

次の