専修大学 人間科学部。 専修大学人間科学部/学部・学科

専修大学/社会学科【スタディサプリ 進路】

専修大学 人間科学部

奈良女子大学文学部人間科学科子ども教育専修プログラムについて 文学部人間科学科における学修を基礎とした幼稚園または小学校の教員養成プログムで、未来の学校教育現場を主体的かつ創造的にリードしていく人物の育成を目的としています。 これからの社会を担っていく人間、特に子どもへの関心を強く持ち、人間の存在と形成に関わる学問分野、すなわち教育学・人間学分野および心理学分野の学修を通して、人間あるいは教育とはどのようなものであるのかについて広くかつ深く学びながら、教職の高度な専門性を身につけます。 詳しくはをご覧ください。 更新情報・お知らせ 2019. 「子ども教育専修プログラム」学校推薦型選抜の概要を更新しました。 詳しくはをご覧ください。 2019. 堀本三和子特任教授・伊達桃子特任教授が着任されました 2018. 2019年度から奈良女子大学文学部人間科学科に、幼稚園免許・小学校免許取得のためのプログラムを設置します お問い合わせについて 子ども教育専修プログラムに関するお問い合わせは、奈良女子大学学務課文学部係 bun jimu. nara-wu. jp までお送りください。

次の

専修大学人間科学部心理学科

専修大学 人間科学部

就職とは単なる企業入社ではなく、大学卒業後、40数年間の企業人としての充実した人生設計を、学生自らが主体的に決断していくことです。 そこでは、学生一人ひとりが個性と能力を分析発展させ(自己発見)、それを評価してくれる企業を発見し(最適企業発見)、活動していくことが必要になります。 専修大学は、学生の主体的決断を支えるために、就職指導委員会と就職部が一体となった充実した支援体制を設けています。 就職が、定年までの40数年間の企業人としての充実した人生設計の場であるとするなら、それは、誕生・結婚と並ぶ人生最大の事業(イベント)となります。 この学生一人ひとりが主役のイベントを盛大に成功させるために、専修大学就職部のスタッフが脇役や裏方となって、さまざまな支援を通じて盛り上げていきます。 イベントを成功させるためには、学生一人ひとりの特性に応じた壮大で緻密なプログラムが必要になります。 専修大学では、就職部、エクステンションセンター、キャリアデザインセンターが協力して、入学直後からプログラム案を提示し、企業をめざす学生にはリーダーシップ養成カリキュラムやSPI対策を、公務員をめざす学生には公務員対策カリキュラムを、専門的職業をめざす学生には公認会計士対策カリキュラムや法律専門家カリキュラムを提供し、就職準備の第一歩を踏み出す手伝いをしています。 うまくスタートできた学生は、その後も随時、自己検証をくりかえしつつ、社会人に必要な能力を開花させ、イベント成功に向けたプログラムを完成させていけます。 就職活動に取り組む学生に最大限の満足をしてもらうために、就職部では毎年、就職相談を受けた学生からのアンケートを集計し、これをさらに効果的な就職支援の拡充に役立てています。 これは、そのアンケート結果の一部です。 学生の動き 専修大学の学生がエントリーする(就職希望届の連絡をする)企業数は、学生一人当たり平均すると60社程度であり、その中で、エントリーシートを提出した企業数は、20社程度でした。 どの学生も、それぞれ自分にとっての最適企業を数社イメージしつつ、現実の就職活動においては、さらに多くの企業に対して積極的にアクセスしています。 そして、各企業に対応したエントリーシートを多数作成する時間を確保するため、積極的な学生は早目の就職対策に着手する傾向にあります。 講座の評価 学生の要望として、今後さらに力を入れて欲しい講座は、学内企業説明会、就活基礎講座・就活実践講座、業界研究入門、就職合宿研修会などが上げられました。 真剣に就職活動に取り組む学生は、それぞれ自分の弱点を補強矯正してくれる支援を希望していることから、就職部では今後さらにこれらの講座の強化を図っていく予定です。 本学のインターンシップは、文部科学省が掲げる「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した就業体験を行うこと」として幅広くとらえた定義に基づき、インターンシップオフィスを設置し、以下の3種類のインターンシップを実施しています。 1.就業体験型インターンシップ 夏期・春期休暇期間中に企業や官公庁などで1週間から1ヶ月程度の就業体験を行うプログラムです。 実習先として、市役所・区役所、都市銀行、信用金庫、新聞社、出版社など、幅広く提携しています。 2.プレインターンシップ 低年次学生向けのインターンシップです。 具体的には実習期間中に1人2〜3社へ営業同行(企業訪問)を行い、企業理解を深めることを目的とした2日間のインターンシップです。 3.課題解決型インターンシップ 地域の企業や団体、商店街が抱える課題に学生がチームを作り、主体的に取り組み、解決策を提案する専修大学独自の長期インターンシップ(5月〜12月)です。 チームとして協力し活動することにより、「コミュニケーション力」、「企画力」、「プレゼンテーション力」などを身につけることができます。 本学の取組み目標は、大学におけるキャリア教育・専門教育を推進する観点に立ち、自主性や独創性のある人材の育成を目指します。 インターンシップを通じて、専門分野における高度な知識や技術に触れながら実務能力を高めることは、課題解決力や探求能力、実行力といった「基礎的・汎用的能力」を身につけます。 身につけた能力は、自主的に考え行動できる人材育成に繋がると考えるからです。 具体的には以下の3点となります。 1.自分のキャリアを発見すること 2.具体的な働くイメージの明確化 3.勉学に対するモチベーションの向上 社会との接点を多く持つことで、自分に合った職業選択に無理なく移行できるようになります。 さらには、自分の専攻や志望業界に関連した業界はもちろん、今まで触れることのなかった業界を体験することにより、働くというイメージ化に繋がります。 インターンシップ終了後は、就業経験を踏まえた自分のキャリアを考えた専攻やコース選択を意味あるものとして考えることができます。 従って本学では、自主的に考え行動できる人材育成を目標としています。 インターンシップ終了後の学生から提出される実習報告書及びアンケートを基に、インターンシップオフィスにて検証及び評価がなされます。 なぜなら、目標として掲げた自主性や独創性のある人材の育成は、インターンシップ終了後の学生の気づきや学びが最も重要であると考えるからです。 具体的には、学生から提出された実習報告書及びアンケートから、インターンシップの経験が「職業選択のきっかけとなった」、「改めて自分を見直す機会となった」など多くの声が寄せられています。 それらの肯定的な気づきや学びは、在学生に広く周知するとともに、インターンシップ参加に迷いのある学生の背中を押します。 また否定的な学びや気づきのある学生へは事後フォローも含め、インターンシップオフィスにて自身のキャリアを含めた面談も行っています。 実習報告書及びアンケートの記載内容に基づき、学生一人一人にきめ細かい事後フォローを提供しています。 本学ではキャリア教育を推進するためキャリアデザインセンターを設置しています。 キャリアデザインセンターの取り組みは、自らの学び方・働き方・生き方を設計することのほか、学生生活の過ごし方を含めた内容となっています。 プログラムはキャリアに対する「意識づけと能力開発」をキーワードに体系的に配置されています。 自分の職業興味や性格を知るための「心理検査」、仕事や業界を理解し、自分にとって働くこととは何かを考える「実務家講座」・「各種インターンシップ」、ビジネスプランの作成を通じて起業家精神を育成する「ベンチャービジネスコンテスト」、グローバル社会で多様な人々を束ねるリーダーを育成する「リーダーシップ開発プログラム」等を展開しています。 さらに、いつでもどこでも経験や気づきを記録できる「Webキャリアノート」、気軽に個別相談ができる「キャリアカウンセリング」を用意し、多様な選択肢の中から少しずつ自分にあったキャリア選択を行える環境を整えています。 このように本学のキャリア教育は、キャリアデザインの必要性を確実に意識づけた後、学生に多くの「社会との接点」を提供し、実践経験を繰り返して能力を高めるものです。 本学では、キャリア教育で育成する意識・能力要素を、学生が4年間で身につけられるよう、各学年のテーマを明確化(1年次:気付く、2年次:試す、3年次:挑む、4年次:磨く)し、到達目標としています。 具体的には、以下のような流れを意識したプログラム配置を行なっています。 1.知識習得による意識づけ(講義科目の履修) 2.社会の第一線で活躍する実務家の生の声を聞く間接的な経験を通して、実際の社会や働くことをイメージする(実務家講座等への参加) 3.直接的な働く経験を積む(インターンシップへの参加) 4.その経験を振り返り、新しい目標に取り組む(キャリアカウンセリングの活用) このサイクルを繰り返し、らせん階段状に小さな経験を積み上げ、徐々に能力を高めていきます。 初年次の意識づけ以降は、学部の専門、留学、資格取得といったそれぞれの学生生活にあわせて、身につけられるように配慮しています。 いつの時代も、資格は社会で働く自信を持つための大きな鍵となります。 専修大学では、高度な国家資格取得や難関採用試験受験の支援に向け、学生の能力向上と時間的・経済的負担の軽減を図るため、他大学に先駆けて専門学校と提携し、正課授業や学生生活と両立する、安価で高品質なオリジナルカリキュラムによる試験対策講座を展開してきました。 講座では受講生一人ひとりの能力と意欲を育むため、講義と並行して個別指導の実施、目的別検定試験の受験等の取組みを行なっています。 主な対策講座は次のとおりです。 会計士講座では、1年目は初学者に無理なく簿記検定3級、2級を取得させ、その後はさらに高度なカリキュラムにより、2年間で公認会計士試験受験の基礎を完成させ、現役合格を目指します。 法律総合講座では、法律家に必要な基礎と応用のための知識を2年間で固め、その後は少数指導ゼミで論文作成法を習得し、法的思考能力の養成と知識の定着を目指します。 公務員試験講座では、市役所、地方上級、国家一般職試験から国家総合職試験のレベルまで対応できる能力を養成するため、試験に必要な多数の科目を2年間で網羅し、レベルアップを図ります。 専修大学では、資格・採用試験対策講座を単なる知識の習得ではなく、将来に向けたキャリア形成の一環として、大きな目標を初年次から打ち立てることにより、一人ひとりに明確な目的意識をもった学生生活を送ってもらうための機会提供の場と位置づけています。 そのため、主要講座はすべて難関資格試験や採用試験の合格を目標としており、会計士講座では「公認会計士試験」現役合格を、法律総合講座では法科大学院を経由して法曹(裁判官・検察官・弁護士)デビューを、公務員試験講座では国家総合職試験合格を最終目標として提示しています。 大きな目標に向けて着実に対策を立て実行していくことにより、どのような資格・採用試験にも対応できる能力を養成することができます。 「やり遂げる」ことによる達成感を在学中に持たせることで、社会人としてスタートするまでに大きな自信がつき、力強く羽ばたいていくことができます。 専修大学の就職希望者就職率は、平成23年度85. 6%、平成24年度88. 8%、平成25年度 90. 6%と年々上昇傾向にあり、平成26年度はさらなる上昇が予測されています。 また、首都圏以外の出身者の平均Uターン率は33. 0%で、大手企業の首都圏集中という社会情勢がこの数字に反映されています。 業種別の就職状況については、専修大学は文科系総合大学ということもあり、卸売業・小売業・金融業・教育公務関係への就職者が多い半面で、農業・林業・漁業・鉱業・建設業・製造業等の第一次・第二次産業への就職者はやや少ないという傾向が現れています。 学部別では、経済学部は各業種に満遍なく就職していますが、法学部は公務員に就職する割合が高く、経営学部や文学部は小売業に、また、商学部会計学科は金融業に、ネットワーク情報学部は情報通信業やマスコミに就職する人がやや多いという傾向があります。 就職先の企業名は、一般消費者にあまり知られていない企業が多くなっています。 現在の産業構造として、圧倒的多数の企業は、企業を取引相手としていて、消費者を相手とする企業は比較的少数であるためです。 ただ、日常、消費者が消費・購入する製品は、製造・流通過程で、企業を取引相手とする企業(BtoB企業)が多数関わっていて、日本経済を支えています。 そして、このようなBtoB企業には、世界的規模で経営を展開している有力企業が数多く存在しています。 次に、企業に就職しなかった人たち(非就職者)を分析します。 非就職者というと、就職しない消極的な人というイメージがありますが、実際には、大学卒業後も自分の天職(自分がめざすべき理想の職業)を求めて、その可能性に挑戦している人がほとんどです。 例を上げると、大学院・法科大学院進学者、専門学校で勉強を継続する人、公務員試験や資格試験を準備中の人、契約社員などですが、たとえば公務員試験についてみると専修大学の国家公務員一般職試験合格者は現役合格者12名に対し卒業後合格者14名となっています。 公認会計士試験合格者も同様で、現役合格者6名に対して卒業後合格者6名であり、卒業後も試験に挑戦し、目標の職業についています。 契約社員についても、たとえばJリーグのクラブ勤務や、放送局、航空会社、教員(臨時職)など、自分のやりたい仕事に着手し、さらなる能力アップをめざしている人が多くいます。 男 女 計 専門的・技術的職業従事者 研究者 0 0 0 技術者 農林水産 0 0 0 製造 (開発) 機械 0 0 0 電気 0 0 0 化学 0 0 0 その他 0 0 0 製造 (開発除く) 機械 0 0 0 電気 0 0 0 化学 0 0 0 その他 0 0 0 建築・土木・測量 0 0 0 情報処理・通信 9 18 27 その他 0 0 0 教員 幼稚園 0 0 0 小学校 0 0 0 中学校 0 0 0 高等学校 0 0 0 中等教育学校 0 0 0 高等専門学校 0 0 0 短期大学 0 0 0 大学 0 0 0 特別支援学校 0 0 0 その他 0 0 0 医師等 医師・歯科医師 0 0 0 獣医師 0 0 0 薬剤師 0 0 0 保健師・助産師・看護師 0 0 0 医療技術者 0 0 0 その他の 保健医療 従事者 栄養士 0 0 0 その他 0 0 0 美術・写真・デザイナー・音楽・舞台 0 0 0 その他 5 5 10 管理的職業従事者 7 8 15 事務従事者 39 56 95 販売従事者 16 26 42 サービス職業従事者 0 0 0 保安職業従事者 0 2 2 農林漁業従事者 農林業従事者 0 0 0 漁業従事者 0 0 0 生産工程従事者 0 0 0 輸送・機械運転従事者 0 0 0 建設・採掘従事者 0 0 0 運搬・清掃等従事者 0 0 0 上記以外 0 0 0 男 女 計 農業、林業 0 0 0 漁業 0 0 0 鉱業、採石業、砂利採取業 0 0 0 建設業 1 1 2 製造業 食料品飲料・煙草・飼料 0 0 0 繊維工業 1 0 1 印刷・同関連業 1 1 2 化学工業、石油石炭製品 1 0 1 鉄鋼業、非鉄金属・金属 1 1 2 汎用・生産・業務用機械 3 2 5 電子部品・回路・デバイス 0 0 0 電気・情報通信機械器具 2 0 2 輸送用機械器具 0 1 1 その他 2 1 3 電気・ガス・熱供給・水道業 1 0 1 情報通信業 12 24 36 運輸業、郵便業 5 3 8 卸売業、小売業 卸売業 5 10 15 小売業 11 16 27 金融業、保険業 金融業 1 8 9 保険業 0 0 0 不動産業、物品賃貸業 不動産取引・賃貸・管理 1 4 5 物品賃貸業 1 2 3 学術研究、専門・技術サービス業 学術・開発研究機関 0 0 0 法務 0 0 0 その他専門技術サービス 1 1 2 宿泊業、飲食サービス業 2 2 4 生活関連サービス業、娯楽業 3 1 4 教育、学習支援業 学校教育 0 2 2 その他教育、学習支援業 0 2 2 医療、福祉 医療業、保健衛生 0 0 0 社会保険・福祉、介護 5 5 10 複合サービス事業 0 4 4 サービス業(他に分類されないもの) 宗教 1 0 1 その他のサービス業 8 14 22 公務(他に分類されるものを除く) 国家公務 2 2 4 地方公務 5 8 13 上記以外のもの 0 0 0 男 女 計 北海道 0 1 1 青森 0 0 0 岩手 1 0 1 宮城 0 0 0 秋田 0 1 1 山形 1 0 1 福島 0 0 0 茨城 1 0 1 栃木 1 1 2 群馬 0 1 1 埼玉 2 4 6 千葉 2 1 3 東京 47 73 120 神奈川 10 14 24 新潟 0 1 1 富山 1 0 1 石川 0 0 0 福井 0 2 2 山梨 0 0 0 長野 2 2 4 岐阜 0 0 0 静岡 2 5 7 愛知 0 2 2 三重 1 0 1 滋賀 0 0 0 京都 2 1 3 大阪 2 4 6 兵庫 0 0 0 奈良 0 0 0 和歌山 0 0 0 鳥取 0 0 0 島根 0 0 0 岡山 1 0 1 広島 0 0 0 山口 0 0 0 徳島 0 0 0 香川 0 0 0 愛媛 0 0 0 高知 0 0 0 福岡 0 1 1 佐賀 0 0 0 長崎 0 0 0 熊本 0 0 0 大分 0 0 0 宮崎 0 0 0 鹿児島 0 1 1 沖縄 0 0 0 その他(外国等) 0 0 0 『就職支援』とは? 学生の就職活動に対して大学・短期大学が行う支援やサポートなどの取り組み。 『インターンシップ』とは? 進路指導として学生の就業体験や社会貢献活動への参加を制度化し、学生が自らの適性や将来のキャリア、業種や職種等に対する理解を深めたうえでの進路選択を実現するための取り組み。 『キャリア教育』とは? 学生に勤労観・職業観及び職業に関する知識や技能を身につけるための教育を行い、自らの個性や適性を理解し、主体的に進路を選択する能力を育てるための教育。 『資格取得(国家資格受験資格)』とは? 国家資格試験を受験し合格することを目的に、学校が資格取得講座などを用意し、学生が望む進路を実現するための支援をする取り組み。

次の

専修大学の評判・口コミ【人間科学部編】専大の先輩が語る!

専修大学 人間科学部

働き手の興味関心、能力、価値観などを引き出し、個人のキャリア形成を支援 「キャリア」とは何でしょうか。 本来、経歴、経験、職業を指す言葉ですが、最近では、「個人の人生や生き方そのもの」を指す言葉として世間で広く使われています。 キャリアカウンセラーとは、就職や転職、職場でのスキルアップを考えている人に対して、適性や職業経験に応じて職業設計を行い、これに合った職業選択や能力開発を支援するキャリアの専門家です。 働き方の多様化、年功序列から成果主義への移行など、「仕事」をめぐる情勢は近年大きく変化しています。 自らの職業観や人生観に基づいて自分自身でキャリアを形成していく時代になったと言われていますが、それは簡単なことではありません。 そこで必要とされるのがキャリアカウンセラーです。 2016年にキャリアコンサルタント国家資格が誕生し、今後ますます活躍が期待される職種です。 企業の人事や教育機関、公的職業支援機関、人材派遣・人材紹介会社など、活躍の場はさまざまあります。 キャリアカウンセリングを行う企業に就職するか、キャリアコンサルタント国家資格などの資格を取得後に教育機関や公的職業支援機関に所属するのが、キャリアカウンセラーになる第一歩です。 学部の特色 人間を科学的、実証的に理解し、心と社会に生まれる様々な現象のメカニズムを解明し、主体的に社会を支え活動できる、高度な専門性を備えた人材を養成していきます。 心理学科 心の仕組みを実験や観察によって確かめる基礎心理学と、カウンセリングなどの実践に取り組む臨床心理学をバランスよく学びます。 カウンセリング実習や心理アセスメント実習の他、動物実験や神経細胞の電気的な記録まで、実践的な研究が可能です。 さらに、学生数は専任教員1人当たり約5名と、徹底した少人数教育をベースに、心理学の研究方法や専門的なスキル、また、卒業論文の研究・執筆まで、一人ひとりにじっくり時間をかけて指導します。 社会学科 社会を多面的にとらえ、社会に対して働きかけることができる人材の育成を目標に、幅広い専門科目群から将来の進路を想定して学ぶために3つの系を用意。 メディア・文化・社会学理論に関心のある学生のための『文化・システム』系、家族、高齢者など人の生活に注目する『生活・福祉』系、「地域社会変動」をコア科目とし「環境・災害・コミュニティ」など日本の地域の変動に注目する『地域・エリアスタディーズ』系です。

次の