バフェット 太郎。 バフェット太郎氏のブログを読んで感じたこと

バフェット太郎氏のブログを読んで感じたこと

バフェット 太郎

バフェット太郎10種とは? バフェット太郎10種とは、 米国の大型バリュー株10銘柄に それぞれ10%ずつ資金を振り分ける均等分散が基本のポートフォリオです。 出典「」 運用総額は2019年6月時点で 約7,000万円になっているため、 各銘柄700万円程度保有していることになります。 毎月最も構成比率の低い銘柄に追加投資を行っており、毎月の入金額は、ここ最近だと 60~120万円くらいになっています。 つみ次郎の入金力は毎月4~8万円くらいです 今のところは追加投資のみで比率調整 =ノーセルリバランス しているようですが、将来さらに運用資金が増えた場合効果が薄くなってしまうので、個人的にはどこかのタイミングで売却ありのリバランスをするのかな…なんて勝手に思っています 笑 極端な例を挙げれば、700万円持っている銘柄に120万円追加投資するのは大きなインパクトがありますが、7,000万円に120万円追加しても焼け石に水であり、本来の目的である「構成比率を一定に保つ」という目的を達成できませんからね。 話が少し脱線しましたが、これはバフェット太郎10種に限らず、ノーセルリバランス全体の課題といえます。 次に、バフェット太郎10種を構成している各銘柄を紹介します。 ティッカー 会社名 セクター WMT 生活必需品 KO 生活必需品 MO 生活必需品 PM 生活必需品 PG 生活必需品 JNJ ヘルスケア VZ 電気通信 IBM 情報技術 MCD 一般消費財 XOM エネルギー 選ばれている銘柄の半分は生活必需品セクターになっております。 その他銘柄も、 セクター内では不況に強い銘柄が選ばれており、ディフェンシブ性が高いものがほとんどです。 これらの企業は、深い堀 = ワイドモート を築いている消費者独占企業ばかりで、並大抵のことでは倒れないタフな銘柄ばかりです。 いずれも配当利回りは高めで、ほとんどが増配歴の長い配当貴族銘柄になっています。 バフェット太郎10種のメリット バフェット太郎氏がこの個別株均等分散するのは、分かりやすさという部分もあると思いますが、それ以上に 感情に左右されないという部分だと思います。 バフェット太郎氏の投資方法は、しばしば思考停止と批判されることがありますが、市場を深読みしすぎないように距離を置くためのルールであると考えることもできます。 つみたて次郎としては、銘柄数が10というのはなかなかの集中投資だと思っていますが、限りなく幅広い銘柄に分散するインデックス投資との共通点もあります。 それは、「 自分で選ばない」という点です。 バフェット太郎氏がバイアンドホールドを推奨することや、基本的に決められた銘柄のみを買い増ししていくというのもそのためではないかと思います。 バフェット太郎10種のルールは、最初に10銘柄を決めてしまえば極端な話あとは放置でいいわけですからね。 超優良企業の株が低迷している時に買うことができれば、長期で市場平均を超えることができるというのがバフェット太郎氏の最終的な結論だと思います。 上記の考えであれば、あらかじめ 決めておいた銘柄が冴えない時に機械的に買うことになるバフェット太郎氏の投資方法は最適解の1つだといえます。 スポンサーリンク バフェット太郎10種のデメリット ですが、買い増しする銘柄を機械的に行うことで発生するリスクもあります。 ここまで読んでいる人で勘違いしている人はいないと思いますが、バフェット太郎氏はバフェット流の投資家というよりはシーゲル流の投資家に近い投資哲学を持っています。 つまり バフェット太郎氏はシーゲル派なのです。 検索されやすいためバフェットという名前を付けています。 この2種類の投資方法は、長期間で市場平均を大幅に上回った実績があります。 バフェット太郎氏は基本的に銘柄を入れ替えません。 売買に伴う費用や税金を抑えれば、さらになるリターンが望めると思っているからです。 上記戦略の場合、値上がりや減配等により配当利回りが下がった場合、ポートフォリオから外れます。 しかし、バフェット太郎氏は減配したとして即入れ替えるつもりはないようです。 優良企業であれば、簡単に堀が崩れることはないと信じているからできる戦略になります。 バフェット太郎10種の場合、株価上昇によって配当利回りが低下した銘柄には追加投資されないので、前者についてはさほど問題ではないといえます。 しかし後者については、業績が悪化して倒産するようなボロ企業に連続で追加投資してしまう危険性を抱えることになります。 前者の部分はあまり問題ではないですが、後者の部分は大きな問題です。 もし本当に機械的に投資をしていくなら、 業績が悪化して倒産するような企業にしばらく追加投資してしまうという危険性を抱えていることになります。 バフェット太郎氏の現在の総資産額は約7,000万円で、単純計算で1銘柄当たり約700万円分保有していることになります。 仮にどれかの銘柄が個別の理由で大暴落して半額になった場合、350万円になります。 投資金額は毎月60万円とすると、他の銘柄に大きな動きがなければ単純に 6ヵ月連続で同じ銘柄に投資することになります。 うまく反発すれば大きな利益ですが、倒産してしまう可能性もないとは言い切れません。 あくまで現時点なので、今後バフェット太郎氏の資産額が増えていくほど、単一銘柄への連続投資が10ヶ月にも20ヵ月にもなることがあるかもしれません。 もしどれか1銘柄が倒産して紙屑になってしまった場合、単純に 総資産の1割を失うことになり、長期投資では大きな損失です。 縁起でもない話ですが、つみたて次郎が一番気になるのは バフェット太郎10種の企業が倒産の危機に陥って無配転落になった際に、どのような行動をとるのかについてです。 しかし、 優良企業・消費者独占企業・ワイドモートというのはその瞬間を切り取った言葉に過ぎず、優良企業が短期間で没落することもよくある話です。 特にバフェット太郎10種は 優良銘柄への逆張りが基本になっていますので、その線引きが最も重要といっても過言ではありません。 一時的な減配どころか 永続的な事業優位性が失われて無配転落するような非常事態が発生した時、どのように銘柄入れ替えを行うか…このときの判断こそが、我々がバフェット太郎氏から学べる 一番大きな教訓になると思っています。 バフェット太郎氏の判断材料 バフェット太郎10種の銘柄入れ替えについて、バフェット太郎氏が度々言及していますので、参考にリンクを張っておきます。 外部リンク… 外部リンク… バフェット太郎氏が最も重視しているのは、 営業キャッシュフロー・マージンであるといえます。 ただし、具体的に 〇%を下回ったら売却という基準は定めていないようなので、やはり実際に入れ替えが必要な緊急事態が発生した時、数少ない バフェット太郎氏の主観による投資判断を拝めることになりそうです。 つみたて次郎10種.

次の

バカでも稼げる 「米国株」高配当投資

バフェット 太郎

米国株村でもトップレベルの知名度と人気を誇るブロガー『バフェット太郎』さん。 米国株ブログ『バフェット太郎の秘密のポートフォリオ』を運営しており、バフェット太郎に影響を受けて米国株を始めた人も多いのではないでしょうか? 僕もその一人で、バフェット太郎のブログを以前はよく読んでいました。 ちなみに名前はバフェット太郎ですが、投資法はバフェット流というよりは、ほぼ100%連続配当高配当銘柄へ投資をしているのでシーゲル流に近いと思います。 シーゲルさんは必ず読むべき投資本『株式投資の未来』の著者ですね。 ただ『シーゲル流=連続配当・高配当銘柄』と考えている人が多いですが、『株式投資の未来』で紹介されているシーゲル流のポートフォリオでは高配当銘柄は全体の10〜15%となっているので、バフェット太郎のポートフォリオは連続増配・高配当銘柄に集中しすぎている気がします。 バフェット太郎はバフェット太郎10種というポートフォリオを作り、毎月一定額の投資をしています。 ちなみに以下がバフェット太郎10種の銘柄です。 バフェット太郎がアフィリエイター化している さて楽天証券のトウシルでバフェット太郎のインタビュー記事が掲載されていました。 さすがバフェット太郎ですね。 超有名ブロガーだけあります。 さて、そんな超影響力のあるスーパー米国株ブロガーであるバフェット太郎のブログを見てみると 米国株の記事よりもFundsやらクラウドバンクやらのアフィリエイト記事ばかりじゃないかと。 これはショックだ・・・ しかも最近はビットコインのアフィリエイト記事まで作ってるし。 ビットコインが投資として儲かるかどうかは置いといて、あんなボラティリティが高くてリスクのあるものをススメるとは。 まだまだ歴史も浅い商品だしね。 ギャンブル感も強いし。 まぁ言うてもビットコインも将来的には価値が上がるかもしれないですけどね。 それは神のみぞ知るところでしょうか。 まぁでもリスクが高いことは間違いなく、それを勧めるのはちょっと・・・って気がします。 昔のバフェット太郎はどこへ行ってしまったんだ。 完全にチョコ化してる。 投資の方がうまく行っていないのか(たぶん負けてはないだろうけど、思ったより増えてないとは思う)、アフィリエイトのウマさに気づいたのか・・・。 アフィリエイトって基本情弱をダマして儲けてる感じがしてあまり好きじゃない。 洗脳した信者を盲目的に登録させて自分に金が入ってくるみたいな。 あとは信者が儲かろうが損しようかどうでもいいんでしょうかね。 イケハヤとかそんな感じだな。 今でもイケハヤ信者はいるのかな?仮想通貨ブームの時とか凄かった。 知識あまりないのに知ったか知識でメチャクチャな額儲けただろうね。 イケハヤを信じて仮想通貨を買った人たちはだいたい大損したんじゃないかなぁ。 ただイケハヤの知識はないのに知識があるように見せる(思わせる)テクニックは凄いなぁと思う。 仮想通貨以降、投資・投資系のアフィリエイトのウマさに気づいたのかFXやらロボアドバイザーやら紹介しまくってたけど、ほぼ投資素人なのに「自分はわかってる」感を出すんだよね。 バフェット太郎は投資の知識はかなりあるだろうし影響力もめちゃくちゃ強い。 それだけにあんなアフィリエイターみたいなことをしているのはショックだ。 特に最近ビットコインからのコインチェックのアフィを貼っているのは本当に衝撃を受けた。 バフェット太郎10種の銘柄の中でもタバコ銘柄とかはかなり下げてるしね。 石油系もビミョーですね。 こだわりやプライドを捨てて銘柄を入れ替えればいいのに。 バフェット太郎は投資家を辞めて、これからはチョコ化して完全なアフィリエイターになるのかな。 個人的にはバフェット太郎は米国株投資の影響を受けた一人なので、最近アフィリエイターみたいなことをしていることにショックを受けた話でした。

次の

【S&P500VSバフェット太郎10種】将来どっちが勝つ? Amazon/SBGを買ってリスクヘッジしよう。

バフェット 太郎

バフェット太郎を1億円プレイヤーになれるように指導したいのですが、皆さま興味ありますか?— 和製バフェット waseibuffett 589票中487票の方、つまり8割以上の方がバフェット太郎を1億円プレイヤーに導いてほしいと考えていると判明しました。 そんな風だからいつも市場平均を大きく下回ってるんだろ!! 読者のみなさんは何のことかさっぱりわからないと思いますが、バフェット太郎10種とは1957-2003年に高リターンをつけた企業の集まりとして有名です。 しかし、2020年の現代ビジネスモデルは変わっており、今や古くて成長しない企業の集まりで稼いだお金は配当くらいしか使い道がありません。 バフェット太郎は 「今の時期は仕方ありせん。 」 「長期で見れば平均リターンを超えます。 」 「ハイテクは暴落します。 」 と強気の見方を示していました。 2% と大きく差が開いております。 流石にみなこれはおかしくないかと思い始め今やバフェット太郎軍から兵隊が大量に離脱し始めており、IBM、タバコ、石油などのバフェット太郎の主力銘柄を早速売却したようです。 更にバフェット太郎10種の主力銘柄でありますエクソンモービルに1月に60万円さらに2月にも60万円と2ヵ月連続60万円 合計120万円 を投資するようなので今後も更に市場平均を大きく下回ることが予想されます。 また、バフェット太郎10種を世の中に広めるために出版までして、自分の投資方法の優位性を語っており、長期で見れば平均リターンを超えると言っておりますが、 違うだろ!ブログでアフィリエイトを稼ぐためだろ! 1957-2003年の感覚のままで現代の成長株を入れてないから市場平均を大きく下回ってることに気づいていないんだよ!! エクソンモービルがその後どうなったか知ってるか!!• 大暴落だよ!! 株価が下がり続けてるよ!毎日だよ!! 暴落おじさんはバフェット太郎がバフェット太郎10種を続けることについて「バフェット太郎さんは成功するに違いない」とか言ってるけど、 他人の「やさしさ」って残酷だよなあ? エクソンモービルに投資するなって去年おれが何度も言っていただろ!! 太郎、お前、無限ナンピンやめろ!! ドゥーユアベスト.

次の