非道 意味。 「人道にもとる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「人道にもとる」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

非道 意味

「冷酷」の意味とは? 「冷酷」の読み方• 「冷酷」の英語 解釈• 「冷酷」の対義語• 「冷酷」の言葉の使い方• 「冷酷」を使った言葉・慣用句や熟語・関連など 意味を解釈• 「冷酷」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「冷酷」の類語や類義表現• 「冷酷」と「冷淡」の違い• 「冷酷」と「薄情」の違い 「冷酷」の意味とは? 「冷酷」というのは思いやりがなく酷いことを指します。 冷たい、酷い、といった文字で成り立っていることからも分かる通り、冷血な、意地悪な、自分のことしか考えていない、などといった意味を持っています。 性格診断等でも 「冷酷」タイプといった診断結果があります。 占い等では 「冷酷」だとは言われたくないですよね。 どれも酷い、冷たい、人間としての感情がない、などといった悪い意味合いが含まれています。 どれも人間性を疑うようなニュアンスが含まれていますので、使うときには注意が必要です。 これは友達同士で使うこともできる表現ですから、人間関係を維持したい相手に対して直接使う場合はこの表現を使った方が良いでしょう。 「冷酷非情」 「冷酷非情」というのは情け容赦なく冷たい仕打ちをすることという意味になります。 例えば、先ほどリストラなどによって人を解雇するという話をしました。 解雇された人がその後どうするか全く考えることなく、失業手当ての事や就職活動について助言をすることもなく、むしろ 「君は力がないから解雇されて当たり前なんだ」などと言い方をすれば、まさにそれは冷酷非情だと言えるでしょう。 いずれにせよ、不当に解雇された側からしてみれば 「冷酷非情」に感じるかも知れませんね。 「冷酷無比」 「冷酷無比」というのは人の言動が冷たく、残酷である様子、全くぬくもりがない様子、まるで違通っていないかのように冷たい様子、などという意味を持ちます。 非人道的な、という意味も持っており、人間とは思えないような仕打ちをすることを指します。

次の

「道」という外国語

非道 意味

「人道にもとる」の意味とは? 「人道にもとる」の類語や言い換え・似た言葉• 「人道にもとる」の言葉の使い方• 「人道にもとる」を使った例文• 「人道にもとる」を分解して解釈• 「もとる」を使った言葉 「人道にもとる」の意味とは? 「人道にもとる」の意味は、 「人が従い行うべき規範や原則に反していたり背いていたりすること」です。 「人道にもとる」というのは分かりやすく言えば、 「人が守るべき道徳に反していること」であり、 「人として許されない批判されるべき行為をすること」なのです。 具体的な人道にもとる行為には様々なものがありますが、もっとも悪質性の高い人道にもとる行為はやはり、取り返しがつかない 「殺人・虐殺」になります。 それ以外にも、 「人の信頼を裏切る行為」や 「人を傷つけたり騙したりする行為」、 「浮気・不倫をする行為」などが、人道にもとる行為の代表的なものになっています。 「人でなし」【ひとでなし】 「人道にもとる」の類語・似た言葉として、 「人でなし」があります。 人でなしは、人間としての温かい心を持っていない冷酷な人物に対する蔑称として用いられる言葉です。 人でなしの意味は、 「人間らしい温かくて優しい心を持たずに、善悪・恩義・人情をわきまえないこと」や 「他人を傷つけたり騙したりしても平気でいられる冷酷で無責任な人間性」の意味になります。 「人でなし」は、人として踏み行うべき道に反しているという意味を持つ 「人道にもとる」と似た言葉なのです。 「人道にもとる」の言葉の使い方 「人道にもとる」という言葉は、誰かが人として踏み行うべき倫理道徳の道に反している行為をしている時に使用します。 人として守るべき道に叛くというのは、 「個人」だけではなく 「集団・組織 会社 ・政府」なども含まれます。 人としての道に叛いて、人を傷つけたり騙したりする許されない反道徳的・反社会的行為をした時に、 「人道にもとる」という言葉を使うのです。 独裁国家や途上国で政府・軍部による虐殺や弾圧が行われた時には、 「人道にもとる行為」として非難されます。 個人が殺人・強盗・強制性交などの悪質な犯罪行為をしてしまった場合にも、 「人道にもとる行為」として行為と人間性が非難されることになるでしょう。

次の

「冷酷」の意味とは?「冷酷」と「冷淡」「薄情」の違い・英語・類語

非道 意味

【漢】 ・おとこ。 (他省略) 「漢」は様々な意味があるのですが、その中に「おとこ」という意味もありました。 ですが、自分の辞書では読み方が「おとこ」ではなく「かん」です。 ちなみに常用漢字表もチェックしてみましたが、「おとこ」という読み方はありませんでした。 調査した結果、本来「漢」は「おとこ」の意味はあるものの、「おとこ」とは読まない字ということでした。 ですが、長年「おとこ」という読み方も浸透していることもあり、ネット上の辞書では読み方も「おとこ」と紹介しているものがありました。 今後は、「漢」を「おとこ」と読む辞書は増えてくるかもしれませね。 そして 「男」は「男性」「男子」という意味、「漢」は「おとこ」という意味ですので、基本的には違いはないということです。 ちなみに、「漢」を「おとこ」の意味で使っている言葉は結構あります。 正義漢(せいぎかん) 正義を重んじて行動するおとこ。 無類漢(ぶらいかん) 無頼なおとこ。 ならずもの。 熱血漢(ねっけつかん) 感動しやすく情熱的なおとこ。 好漢(こうかん) 気性がサッパリした好ましいおとこ。 悪漢(あっかん) 悪事を働くおとこ。 痴漢(ちかん) いたずらをしかけるバカなおとこ。 ということで、たくさんありますが共通しているのは全て「男性」の意味です。 ですから、たとえ情熱的な女性がいたとしてもその人のことを「熱血漢」とはいいません。 一説では「漢」を「おとこ」と読んだときの意味は、「男の中の男」であるとか「勇敢な男」、「潔い男」といった、素敵な男性の意味といった解説もあります。 だとすると、悪事を働く悪漢や、女性にいたずらする痴漢も「漢」を使っていますが、イメージとしては違いますよね…。 いろいろと調べてみましたが、「漢」が何か特別な「おとこ」の意味を指しているということではないようです。 ということで、 「男」は「おとこ」の意味、「漢」も「おとこ」の意味で、どちらも同じ意味です。 「漢」が、何か特別な「おとこ」であるといった意味はありません。 「漢」が「おとこ」の意味を持った由来は? 「漢」はもともと現在の中国の長江の支流で、「漢江」または「漢水」という川の名称だったのです。 やがてその川の流域の土地も「漢」と呼ばれるようになりました。 そしてその場所に誕生した王朝が「漢王朝」です。 その勢力が広範囲に広がり、長く支配した歴史があることから、現在の中国人の多くは漢民族です。 漢王朝が戦いを繰り返す中で、別の民族が漢民族のことを「漢」に「子」を付けて「漢子」と呼びました。 これは、「漢民族の奴ら」といった意味で、バカにした表現だったのです。 その後「漢子」から、「漢」の意味が「おとこ」をあらわす意味になったのです。 余談ですが、日本で使われている「漢字」は、この「漢」からきているのです。 ということで、 「漢」が「おとこ」をあらわす言葉となったのは中国の漢王朝が由来です。 ちなみに「男」の漢字の成り立ちは、「田んぼに力」です。 耕作地で力を発揮しながら働くのは「おとこ」ということですね。 日本語は違う漢字でありながら、同じ読み方の言葉がたくさんあります。 「乗せる」と「載せる」もその1つですが、「打球を風にのせる」や「売り上げを1億円の大台にのせる」はどっちの「のせる」だと思いますか? もしよかったら、下の関連記事を覗いてみてください。 ということで、「漢」と「男」には、男性像などでの意味の違いはなく、どちらもシンプルに「おとこ」「男性」の意味です。 ですから「おとこ」をあらわす場合、「男」でも「漢」でもどちらを使ってもよいです。 「漢」は、世間では「男の中の男」といったイメージが広がっていますし、「正義漢」や「好漢」などポジティブなイメージでもあります。 ですが、「悪漢」や「痴漢」や「無頼漢」など、ネガティブなイメージもありますので、そのへんも考慮しながら使いましょう。 あと、「漢」の「おとこ」読みは常用漢字表にはありませんので、公文書では使えませんよ。

次の