イオン モール ナゴヤドーム 前。 JTB イオンモールナゴヤドーム前店: 愛知県 名古屋市

レイフィールド イオンモールナゴヤドーム前店|ホットペッパービューティー

イオン モール ナゴヤドーム 前

概要 [ ] がの名古屋工場跡地を活用し、日本たばこ産業を建築物オーナー、イオン株式会社のSC事業部を開発事業者として建設された。 開業は(18年)であった。 敷地面積約6万2,000m 2、店舗面積約6万4,000m 2の巨大ショッピングモールである。 建物は5階建てで、店舗は3階層の棟(ナゴヤドーム前店)とエンクローズドモール(イオンナゴヤドーム前専門店街)で構成されている。 の容量は2,800台で4階・5階駐車場、屋上駐車場・平面駐車場の3か所となっている。 ナゴヤドームとは歩道橋で連絡しており、店舗の2階部分から往来することが可能である。 2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一 に伴い、同年11月21日に「 イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター」から名称が変更された。 (平成25年)11月からイオンリテールの運営していた大型ショッピングセンターをの運営に委託することになった ことに伴い、同社の管理運営に移行した。 また、核店舗の「ジャスコ」は、(平成23年)にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一することに伴って「イオン」に改称することになった。 地元では、ジャスコ時代の名残で「 ドムジャ」(ナゴヤドーム前のジャスコの意)と呼ばれることがある。 特色 [ ] 専門店街は開業時点では179店舗が出店していた。 また2階に設置されているは21店舗、930席の規模であり、この他に24店舗のやが出店している。 イオンナゴヤドーム前店(旧)は、2階の衣料品売場をジャスコとしては初めて「イオンスタイルストア」と称した売り場とした。 2階のナゴヤドームとの連絡デッキ近くにのグッズショップ「ドラゴンズショップ」があり、当店でのみ扱うグッズも揃う。 中央部には先述した広大なフードコートがある。 名古屋市内での1号店は1階にある。 出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「」を、営業時間およびを設置する金融機関の詳細は公式サイト「」を参照。 交通アクセス [ ] 自動車 [ ] 平面・自走式併せて2,800台収容可能な駐車場を備える。 駐車料金は公式サイト「」を参照。 当モールが決めた特定日(ナゴヤドームで野球の試合や特定のイベントが開催される日)は特別駐車料金として6,000円が加算される。 ただし特定の条件を満たせば加算されない。 鉄道 [ ]• (徒歩5分) (JR東海)• (徒歩15分)• 大曽根駅(徒歩15分)・(徒歩10分) 路線バス [ ]• () ナゴヤドーム前矢田駅(徒歩5分) 一般路線バス• 「」を参照。 の矢田南4丁目停留所(今池方面行きのみ停車)または矢田南3丁目停留所が最寄り。 大曽根駅西から当モールまでのが運行されている。 詳細は公式サイト「」を参照。 自転車・自動二輪車 [ ] 1,500台収容のが用意されている。 付記 [ ] 当モールでは、地球環境保護と混雑防止の観点からの利用を推奨しており、、などにより地下鉄、、、JR線を利用し来店した買い物客に対して一定条件のもと、グリーンスコアキャンペーンとして特典を付与している。 当店舗で導入しているのはmanacaやTOICAではなく、(JR東日本)のであるが、manaca、TOICAとも相互利用により使用可能である。 manaca、TOICAを使用する際はSuicaのボタンを押して使用する。 脚注 [ ] []• (日本食糧新聞社). (2006年4月5日)• - 2012年12月11日閲覧• (日本経済新聞社). (2013年10月24日)• (日本経済新聞社). (2011年3月2日)• 関連項目 [ ]• ・ - 当モールと同様に、球場に隣接しているショッピングセンター。 外部リンク [ ] オープンストリートマップに があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

レイフィールド イオンモールナゴヤドーム前店|ホットペッパービューティー

イオン モール ナゴヤドーム 前

概要 [編集 ] がの名古屋工場跡地を活用し、日本たばこ産業を建築物オーナー、イオン株式会社のSC事業部を開発事業者として建設された。 開業は(18年)であった。 敷地面積約6万2,000m 2、店舗面積約6万4,000m 2の巨大ショッピングモールである。 建物は5階建てで、店舗は3階層の棟(ナゴヤドーム前店)とエンクローズドモール(イオンナゴヤドーム前専門店街)で構成されている。 の容量は2,800台で4階・5階駐車場、屋上駐車場・平面駐車場の3か所となっている。 ナゴヤドームとは歩道橋で連絡しており、店舗の2階部分から往来することが可能である。 2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一 に伴い、同年11月21日に「 イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター」から名称が変更された。 (平成25年)11月からイオンリテールの運営していた大型ショッピングセンターをの運営に委託することになった ことに伴い、同社の管理運営に移行した。 また、核店舗の「ジャスコ」は、(平成23年)にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一することに伴って「イオン」に改称することになった。 地元では、ジャスコ時代の名残で「 ドムジャ」(ナゴヤドーム前のジャスコの意)と呼ばれることがある。 特色 [編集 ] 専門店街は開業時点では179店舗が出店していた。 また2階に設置されているは21店舗、930席の規模であり、この他に24店舗のやが出店している。 イオンナゴヤドーム前店(旧)は、2階の衣料品売場をジャスコとしては初めて「イオンスタイルストア」と称した売り場とした。 2階のナゴヤドームとの連絡デッキ近くにのグッズショップ「ドラゴンズショップ」があり、当店でのみ扱うグッズも揃う。 中央部には先述した広大なフードコートがある。 名古屋市内での1号店は1階にある。 出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「」を、営業時間およびを設置する金融機関の詳細は公式サイト「」を参照。 交通アクセス [編集 ] 自動車 [編集 ] 平面・自走式併せて2,800台収容可能な駐車場を備える。 駐車料金は公式サイト「」を参照。 当モールが決めた特定日(ナゴヤドームで野球の試合や特定のイベントが開催される日)は特別駐車料金として6,000円が加算される。 ただし特定の条件を満たせば加算されない。 鉄道 [編集 ]• (徒歩5分) (JR東海)• (徒歩15分)• 大曽根駅(徒歩15分)・(徒歩10分) 路線バス [編集 ]• () ナゴヤドーム前矢田駅(徒歩5分) 一般路線バス• 「」を参照。 の矢田南4丁目停留所(今池方面行きのみ停車)または矢田南3丁目停留所が最寄り。 大曽根駅西から当モールまでのが運行されている。 詳細は公式サイト「」を参照。 自転車・自動二輪車 [編集 ] 1,500台収容のが用意されている。 付記 [編集 ] 当モールでは、地球環境保護と混雑防止の観点からの利用を推奨しており、、などにより地下鉄、、、JR線を利用し来店した買い物客に対して一定条件のもと、グリーンスコアキャンペーンとして特典を付与している。 当店舗で導入しているのはmanacaやTOICAではなく、(JR東日本)のであるが、manaca、TOICAとも相互利用により使用可能である。 manaca、TOICAを使用する際はSuicaのボタンを押して使用する。 脚注 [編集 ] []• (日本食糧新聞社). (2006年4月5日)• - 2012年12月11日閲覧• (日本経済新聞社). (2013年10月24日)• (日本経済新聞社). (2011年3月2日)• 関連項目 [編集 ]• ・ - 当モールと同様に、球場に隣接しているショッピングセンター。 外部リンク [編集 ] オープンストリートマップに があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

イオンモールナゴヤドーム前 2018年11月1日(木) 70店舗大規模リニューアル テナント一覧!

イオン モール ナゴヤドーム 前

概要 [ ] がの名古屋工場跡地を活用し、日本たばこ産業を建築物オーナー、イオン株式会社のSC事業部を開発事業者として建設された。 開業は(18年)であった。 敷地面積約6万2,000m 2、店舗面積約6万4,000m 2の巨大ショッピングモールである。 建物は5階建てで、店舗は3階層の棟(ナゴヤドーム前店)とエンクローズドモール(イオンナゴヤドーム前専門店街)で構成されている。 の容量は2,800台で4階・5階駐車場、屋上駐車場・平面駐車場の3か所となっている。 ナゴヤドームとは歩道橋で連絡しており、店舗の2階部分から往来することが可能である。 2011年(平成23年)から進められたイオンの大型ショッピングセンターの名称の「イオンモール」への統一 に伴い、同年11月21日に「 イオンナゴヤドーム前ショッピングセンター」から名称が変更された。 (平成25年)11月からイオンリテールの運営していた大型ショッピングセンターをの運営に委託することになった ことに伴い、同社の管理運営に移行した。 また、核店舗の「ジャスコ」は、(平成23年)にイオングループの総合スーパーをイオンに店名統一することに伴って「イオン」に改称することになった。 地元では、ジャスコ時代の名残で「 ドムジャ」(ナゴヤドーム前のジャスコの意)と呼ばれることがある。 特色 [ ] 専門店街は開業時点では179店舗が出店していた。 また2階に設置されているは21店舗、930席の規模であり、この他に24店舗のやが出店している。 イオンナゴヤドーム前店(旧)は、2階の衣料品売場をジャスコとしては初めて「イオンスタイルストア」と称した売り場とした。 2階のナゴヤドームとの連絡デッキ近くにのグッズショップ「ドラゴンズショップ」があり、当店でのみ扱うグッズも揃う。 中央部には先述した広大なフードコートがある。 名古屋市内での1号店は1階にある。 出店テナント全店の一覧・詳細情報は公式サイト「」を、営業時間およびを設置する金融機関の詳細は公式サイト「」を参照。 交通アクセス [ ] 自動車 [ ] 平面・自走式併せて2,800台収容可能な駐車場を備える。 駐車料金は公式サイト「」を参照。 当モールが決めた特定日(ナゴヤドームで野球の試合や特定のイベントが開催される日)は特別駐車料金として6,000円が加算される。 ただし特定の条件を満たせば加算されない。 鉄道 [ ]• (徒歩5分) (JR東海)• (徒歩15分)• 大曽根駅(徒歩15分)・(徒歩10分) 路線バス [ ]• () ナゴヤドーム前矢田駅(徒歩5分) 一般路線バス• 「」を参照。 の矢田南4丁目停留所(今池方面行きのみ停車)または矢田南3丁目停留所が最寄り。 大曽根駅西から当モールまでのが運行されている。 詳細は公式サイト「」を参照。 自転車・自動二輪車 [ ] 1,500台収容のが用意されている。 付記 [ ] 当モールでは、地球環境保護と混雑防止の観点からの利用を推奨しており、、などにより地下鉄、、、JR線を利用し来店した買い物客に対して一定条件のもと、グリーンスコアキャンペーンとして特典を付与している。 当店舗で導入しているのはmanacaやTOICAではなく、(JR東日本)のであるが、manaca、TOICAとも相互利用により使用可能である。 manaca、TOICAを使用する際はSuicaのボタンを押して使用する。 脚注 [ ] []• (日本食糧新聞社). (2006年4月5日)• - 2012年12月11日閲覧• (日本経済新聞社). (2013年10月24日)• (日本経済新聞社). (2011年3月2日)• 関連項目 [ ]• ・ - 当モールと同様に、球場に隣接しているショッピングセンター。 外部リンク [ ] オープンストリートマップに があります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の