エクセル 新しいシート ショートカット。 【ちょっぱやショートカット】エクセルのシート移動を徹底解説!

Excelのシート名変更のショートカットキー(Windows)|Office Hack

エクセル 新しいシート ショートカット

エクセルの操作で知っておくと便利なショートカットのうち「シートの移動」「シートの選択」「ワークシートの挿入」をご紹介します。 WindowsとMacでは少し操作が異なりますので、チェックしてみてください。 あらかじめご了承ください。 シートの移動 ブック(シートを1つにまとめたファイル)内で、今作業しているシートから別のシートに移動するときに使う操作です。 Windowsの場合• 前のシートに移動:〔Ctrl〕キーを押しながら〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• Windowsの場合• 現在のシートと前のシートを選択:〔Shift〕キーを押しながら〔Ctrl〕キーと〔PageUp〕キーを押す• その場合は、〔Fn〕キーも一緒に押しましょう。 Macの場合• 新しいワークシートを追加:〔Shift〕キーを押しながら〔F11〕キーを押す これはWindowsもMacも共通の操作です。 ショートカットを上手に使いこなそう! よく使う操作だけでもショートカットを覚えておくと、仕事の効率がアップします。 ぜひ今日から活用してみてください。 Officeを使うなら月額払いのOffice 365がオススメ Office 365とは、クラウドでMicrosoft Office製品を利用することができるサブスクリプション型のサービスです。 今まで主流だった買い切り型の永続ライセンスとは違い、月額料金を支払うことで常に最新バージョンのOffice製品を使うことができるので、セキュリティも安心。 また、サポート終了の心配もありません。 BIGLOBEでは、個人事業主や法人の方向けにOffice 365を月額900円(税別)で提供しています。 利用するサービスによって月額料金は異なりますので、詳しくは以下のページからご確認ください。

次の

エクセル、隣のシートに移動する、シート内で瞬間移動するショートカット

エクセル 新しいシート ショートカット

Office には、小さい変化だけれど使いやすくなったなーと感じる機能があります。 逆に、昔から変わらないから覚えてしまえばずっと使える効率のよい操作というものもあります。 今回はそんな 2 つが含まれるシートの操作についてご紹介します。 短くまとめると、 「アクティブ シートの左側に新しいシートを挿入するショートカット キーは [Shift] + [F11] です。 」 「Excel 2013 以降の [新しいシート] ボタン は右側にシートを追加できます。 」 なんですが、興味があれば使い分けや詳細を本文でご覧ください。 紹介をするにあたって、勝手ではありますが、Excel 2007、2010 を「グループ A」、Excel 2013 と 2016 を「グループ B」とします。 ということは、2013 を境にして違いがあるってことですね^^ 新しいシートの挿入 極端な例かもしれませんが、Excel 2010 を使って 2 つのパターンを比較します。 パターン 1 たとえば、「青森」シートと「宮城」シートの間に、「岩手」シートを追加したいとき、下記が代表的な方法だろうと思うのですが、みなさんだったらどれを使いますか?• ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「宮城」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「宮城」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 考えるより先に手が動いているかもしれません。 ほかのシートをコピーする• どこでもいいから新しいシートを挿入して、場所を移動する• 「鹿児島」シートを選択してリボンの [ホーム] タブ - [セル] グループ - [挿入] - [シートの挿入] をクリックする• 「鹿児島」シートを選択して [Shift] + [F11] を実行する• 逆にいうと、大昔 Excel 2003 以前 はなかった [ワークシートの挿入] はうれしい機能ではあるのですが、これもどんな場面でも便利、というわけではなさそうです。 [ワークシートの挿入] と [新しいシート] は違う グループ A の [ワークシートの挿入] とグループ B の [新しいシート] には違いがあります。 "新しいシートを挿入する" というアクションは同じなのですが、"どこに" が違います。 Excel 2007、2010 の [ワークシートの挿入] [ワークシートの挿入] は、どのシートを選択していても 末尾 右端 に新しいワークシートが挿入されます。 勝手に正式名称をつけるとしたら、「末尾に新しいワークシートを挿入」かな。 Excel 2013、2016 の [新しいシート] [新しいシート] は、 選択しているシートの右側に新しいワークシートが挿入されます。 こちらの勝手な正式名称は「アクティブ シートの右側にシートを挿入」ですかね? ながいなー。 たとえば、「愛知」シートを選択して [新しいシート] をクリックすると、「愛知」シートの右側に新しいシートが追加されます。 アクティブ シートの右側に追加できる、というのは、地味にすごいんですよ。 ショートカット キーも、右クリックからの操作も、リボンからの操作も、基本的にシートの挿入はアクティブ シートの左側!というのが当たり前で、「すばやく右側に追加したい」というリクエストには、マクロを作成して対応していたのですから。 グループ A の [ワークシートの挿入] は、右端のワークシートのさらに右側にあったので、使うためにそこまで移動しなければならなかったのですが、[新しいシート] は、いつでも表示されているので、使うために右端まで移動する必要はないです。 昔から変わらない [Shift] + [F11] というショートカット キーを知っていればすばやく確実にシートを追加できます。 ただ、これだけではまかなえない、"右側に追加したい" という部分を新しい機能がフォローしてくれます。 昔からのよいところ、変わることのよいところ、両方を上手に使い分けられるといいですね。 石田 かのこ.

次の

Excelショートカット|シートの移動・シート選択・ワークシートの挿入

エクセル 新しいシート ショートカット

ブックやシートを切り替えて作業するのが面倒! 普段の業務でExcelをよく使うという人でも、Excelだけをパソコンで開いて作業しているという人は少ないですよね。 多くの人は、Excel以外にもメールやWebブラウザーなど、さまざまなアプリを起動した状態で仕事をしていると思います。 また、複数のシートが保存されたブックで、それぞれのシートを行ったり来たりしながら作業をすることも多いのではないでしょうか。 普段Excelのブックやシートを切り替える際にマウスを使っているなら、今回の記事は必見です! 今回は、Excelのブックやシートを簡単に切り替えられるショートカットキーを3つ解説します。 この3つを覚えておけば、表示したいブックやシートにすぐに移動できます。 いちいちマウスに手を伸ばす必要がなくなるので、作業のスピードが落ちることはありません。 さっそくこれらのショートカットキーを使ってみましょう。 このように[Ctrl]キーを押したまま[PageUp]キーを押していくと、先ほどとは反対に、アクティブシートを右から左へ順々に切り替えることができます。 その場合は、[Ctrl]+[Fn]+[PageUp]や[Ctrl]+[Fn]+[PageDown]というように、[Fn]キーも押す必要があります。 [Fn]キーはノートパソコンや横幅の狭いキーボードにあるキーで、他のキーと組み合わせることで、1つのキーの2つの機能を切り替えられるようになっています。 ただし、[Fn]キーがない機種や、[Fn]キーと組み合わせて使う機能が違っている場合もあるので、説明書などで確認してみてくださいね。 このように[Ctrl]+[Tab]キーを押すと、開いているExcelのブック間で表示を切り替えることができます。 ところで、「別のブックに表示を切り替える」と聞いて、[Alt]+[Tab]キーを思い浮かべる読者も多いかもしれません。 確かに[Alt]+[Tab]キーでも別のブックに切り替えることはできます。 ただし、この[Alt]+[Tab]キーはWindowsのショートカットキーで、起動しているすべてのアプリ間で表示を切り替えることができるキーです。 したがって[Alt]+[Tab]キーを押した場合は、Excelだけでなく起動している他のアプリもすべて切り替えの対象になります。 Excelのブック間だけで表示を切り替えたい場合は、今回解説したショートカットキーを使ったほうがスムーズに行えますよ。

次の