ワークマン レインウェア。 ワークマンの釣りにおすすめの雨具(レインウェア)は?夏用があるかも調査!

登山に使える!?コスパ抜群のレインウェアならワークマン|YAMA HACK

ワークマン レインウェア

毎年恒例、ワークマン2020年春夏モデルを登山・アウトドアに実際に使ってみたレビュー。 今回は梅雨も目の前に近づいていたということで、低山ハイキングや軽登山、トレイルランニングなどに活用できそうなレインウェア・アウターを掘ってみました。 レビュー評価について ここ最近ではテキストサイトからYoutubeまで、多くのワークマンアイテムレビュー情報が集まるようになりまし。 ただ現状、その内容に関しては玉石混交で「誰にとって・何にとって」良いのか(悪いのか)という、読み手にとって実用性のある有益な情報が届きにくくなっているのも事実です。 このサイトでは自分が読み手だったとして、読んで損したと思うような情報は届けたくないのです。 だから本当に欲しい情報、つまりは実際のフィールドで使ってみて良いのか悪いのかをきちんと伝えたい。 そこでこのサイトの評価スタンスをあらかじめお伝えしておきたいと思います。 このレビューでは特にことわりのない限り「 登山やトレイルランなどのアウトドア・アクティビティ」をメインにした使い方という視点から、使えるワークマンアイテムのレビューをお届けしていきます。 ここで「使える」というのはあくまでもハイキングや軽い登山などのアウトドア。 逆にいうと、ここで低評価であったとしても、キャンプやバイクツーリングなどの軽いアウトドアであれば問題なかったりもしますので、そのあたりはみなさん読み替えてください。 ピックアップアイテム 今回選んだのは、軽登山やトレイルランニングに使えそうという視点から、ウィンドシェルやレインウェアなど4モデルをピックアップしました。 もちろん過酷な登山にも十分というコンセプトで作られている本格ウェアではなく、あくまでもアウトドア「にも使える」ワークウェアです。 逆に言えば過酷なアクティビティでなければ、十分利用できる可能性は十分あるとみて、その視点から評価しています。 また、今回は2020年春夏モデルの注目ということで、この企画当初からチェックし続けている定番のレインウェア「」やウィンドシェルジャケット「」については、すでにある程度使えるということが分かっているため、選定から外しました。 ACTIVE シェルジャケット• 5レイヤーハードシェルジャケット• DiALiGHT ディアライト カットレインジャケット• 高い通気性• 動きやすさ• 軽くて肌触り良好な着心地の良さ• ポケッタブル仕様• 防水性• 動きやすさ• 透湿性• 防風性• 防水性• 耐久性• 保温性• 上下セットのコストパフォーマンス• ポケッタブルのファスナーは取付位置が悪く開閉しづらい• 透湿性• 透湿性• 高い通気性• 動きやすさ• 撥水性• 軽くて肌触り良好な着心地の良さ• ポケッタブルのファスナーは取付位置が悪く開閉しづらい 2020春<Field Core>から新作ACTIVEシェルジャケットが発売された!昨年レビューした防水透湿機能を持つ<Field Core>エアシェルジャケットはアウター。 個人的には春夏に使える、動きやすくて防水・防風・軽量なミッドシェル的ジャケットを探していたところで登場しただけに、期待が高まります。 ワークマンらしい斬新な機能をあわせもつ新作シェルはワークマンオンリーレイヤリングを完成させる1枚となるのか?暖かな春山で探ってみました。 脇部に1枚パネルを採用することで別次元の動きやすさ 撥水機能について、テフロン加工は米国ケマーズ社のフッ素樹脂をコーティングすることで優れた撥水・撥油性と防汚機能を生み出す確かなクオリティを持った技術です。 アウトドアアイテムにおいては雨などの対天候性能が向上するだけでなく、汚れも付きづらく手入れも簡単。 そして生地本来の質感や柔軟性を損なわないものメリットの一つ。 肌触りはテフロン仕様のおかげでシャカシャカする音もなく柔らかい優しい風合いになっています。 透け感のある生地のため半袖の上に羽織っても肌が苦しくならないサラッと感が持続します。 また、薄い生地により汗はウェアの表面へ素早く染みでます。 そしてテフロン加工の撥水機能により汗を拡散するため速く乾きました。 吸汗性に優れたベースレイヤと組み合わせることで運動量を気にせず使いこなせました。 ポケッタブルポケットは軽いものなら収納できる ポケッタブル仕様でパッキングしやすく軽量です。 (Mサイズ99g)ポケッタブルのファスナーは取付位置が悪く開閉しづらいのは残念な点です。 また唯一のポケットはポケッタブル用と兼用なのでポケットにモノをいれたままシェルを収納するときは注意が必要です。 それとリフレクターの位置はザックを背負っても見えるように要改良でしょうか。 さらにレイヤリングを考察するうえでフードなしモデルの展開があると嬉しいかもでした。 本格登山には不向きでしょうが軽登山~ハイキングなどのシチュエーションでは無限に使えるウィンドシェルになっています。 暑い時期ならばちょうどよいウィンドシェルとして、寒さも感じる季節ならばちょうどよいミドルレイヤーとしてなど、ちょっと重ね着したいときに重宝します。 細身シルエットで丈も短めで風によるバタつきも軽減され快適に動けます。 まさにACTIVEシェルの商品名にふさわしいものでした。 今回はトレランを通じてファストパッキング向けのレビューとなっていますが重ね着にも使いやすいので、肌寒さを感じた際のちょっとした羽織ものとして間違いなく春~秋まで1着あれば重宝することでしょう。 防水性• 透湿性 モデルチェンジを繰り返してきた<AEGIS>の2. 5レイヤーハードシェルジャケット。 完成度を高めてきたモデルならばアウトドアフィールドでも活躍できるのではないか。 耐水圧に優れるワークマン<AEGIS>レインウェアをハードにつかい倒しみました。 メーカースペック• 耐水圧 15,000㎜• ところがフロントファスナーの上げ下げとサイドファスナーのベンチレーションのみでは湿気と蒸気でシェル内がグッショリと濡れてしまいました。 透湿度のスペックからすれば期待は禁物でしたが運動量の少ない活動では使いやすさも感じました。 細身シルエットで軽快にランニングできました(Mサイズ256g/Lサイズ280g) 一般的な3レイヤーのレインウェアと比較すれば2. 5レイヤーらしい軽快さがありました。 透湿度が低い点は残念な点ですが、以前のモデルのように脇下にファスナーのベンチレーションがあれば通気性が加わり快適になりそうです。 現時点ではランニングならば涼しい時期の街ラン向きです。 比較的運動量の少ない釣り、軽いサイクリング、ハイキングなどでアウトドアでも活躍できそうです。 透湿性• 重量 ワークマンPBのひとつFindOutはスポーツ専用モデルを数多くラインナップしているがレインウェアの数は少ない。 今回のディアライトカットレインジャケットは、登山向けのレインウェアといえるほどの高い耐水圧はありませんので、防水はあくまでもおまけとして、基本は撥水ジャケットとして考えられますが、高い透湿性など従来の製品とは違ったアプローチを感じます。 スポーツユーティリティの可能性をテストしてみました。 メーカースペック• 耐水圧 5,000㎜• 低い耐水圧のわりにシームテープ加工もしっかりしていて縫い目から浸水することはありませんでした。 また防風性も良く風を通すことはありませんでした。 縫い目からの浸水を防ぐシームテープ加工。 防風性もしっかりしていた。 ところが高い透湿度の割には湿気と蒸気をコントロールしきれずシャツが濡れて汗冷えを起こしてしまいました。 サイドファスナーのベンチレーションは運動量が増えるにつれて通気性不足をおこしてしまいました。 さすがに透湿度が高いとはいえ、やはり本格アウトドアの高機能素材の比ではなく、暖かい季節にこれを着てランニングを快適に続けるの難しいと感じました。 縦横以外にも斜めにもストレッチするポリエステル100%の素材で伸縮率は130%程度です。 ランニングのようなダイナミックな腕の動作では伸びも縮みもゆっくり追従してくれるのが望ましいのですが伸縮する力が強いためスムーズな腕振りを邪魔してしまいました。 全方向ストレッチする三菱商事ファッションのディアライト 裏地無しタイプですが半袖で着用してもベタ付きは少なく快適なのは良い点でした。 しかしストレッチ素材のため比較的重めの313g(Mサイズ)は長時間の運動には不向きでした。 本格的なスポーツユーティリティモデルではなさそうです。 しかしタウンユースから軽いトレッキングまで幅広く使えそうな1着です。 比較的厚手のジャケットなので春秋に活躍できる防風・撥水性に優れたアウトドアジャケットと考えればありでしょう。 防水性• 耐久性• 保温性• 上下セットのコストパフォーマンス• 透湿性• ごわつき かつてのワークマンを象徴する、堅牢で確かな防水性を誇る<AEGIS>シリーズから、本格アウトドア仕様と銘打った3層構造生地 3レイヤー を採用したレインウェア。 デザイン的にもアウトドアテイストを多く取り入れているようで、どの程度使えるものか期待しながら使用してみました。 メーカースペック• 耐水圧 20,000㎜• 生地は3層でもあるためやや厚手で、その分、羽織った瞬間にじんわりと暖かさを感じます。 その点ではこれを真夏の低山日帰りハイキングやトレイルランニングに持ち歩くにはやや大げさかもしれませんが、従来の登山やハイキングでのレインウェアとして持っていく分にはしっかり機能してくれるほどの安心感を感じました。 3層構造の裏地はペタペタしたコーティングではなく生地が当ててありますので、微細な毛羽立ちが肌触りとしては心地よく、さらに衣服内の蒸れによる濡れがあったとしても、裏地が多少であれば吸収してくれるため、半袖の上に着たとしてもダイレクトでベチャッと濡れるようなことがなく、低めの透湿性の割には蒸れた時の不快感は少ないかも知れません。 裏地は肌触りのいいトリコットが配置されている。 着た感じ、比較的厚手の生地なので、どうしても多少のごわつきを感じます。 ただ微妙に効いたストレッチによって、そのごわつきは動いているさいには特に不快に感じるほどではありません。 特にパンツではこのストレッチ性が歩きやすさに繋がっていてとても快適です。 細かいパーツ類に目を向けると、フードは深めで十分ですが、調節は顎の脇左右のみのため、つばの角度を調節することができません。 後頭部にベルクロなどで角度調節ができればもっと微妙な視界を調節できたのにと思います。 左右のポケットは止水ファスナーで、位置も一般的な登山用と同じようにバックパックのウェストベルトを締めたときでも干渉しない高い位置に置かれているのも、きちっと考えられていると感心しました。 左右の止水ファスナーポケットは高い位置に置かれているなど気が利いている。 しっかりとした防水性と耐久性を備え、細かいパーツ類についても本格的なアウトドア用レインウェアとはいかないにしても、いわゆるホームセンターのカッパとは比べ物にならないくらいしっかりしています。 逆にいうと、比較的穏やかな気候か、寒い季節にそれほど大量に汗をかくことがないようであれば、非常にコストパフォーマンスの高い一着といえます。 なお、当サイトは2019年秋よりワークマン・アンバサダーとして、ワークマンよりレビュワーが興味をもった道具についての提供を受けています。 しかしレビュー記事内容については当サイトの通常レビューポリシーに従って作成されており、事前にチェックなどは行っておらず、また物品提供以外で金銭的な報酬などはいっさい受けておりません。

次の

ワークマンのレインウェア!用途別おすすめ6選|マウンテンシティメディア

ワークマン レインウェア

我々ツーリングバイカーの天敵といえば、突如ポツポツと降ってくる、全く空気の読めない雨!「これから絶景のワインディングロードを走るぞ」という時に限って、やつらは突然襲ってくるから困ったものです。 残念ながら日本は雨が多い国として「梅雨」という専用ワードまで用意されているので、これはもう「雨が降るという前提でバイクを楽しむ」必要があります。 かつてバイクで日本1周をした際に、全行程の半分以上が雨だった「プロ雨男」の筆者が、旅ライダー視点で梅雨と戦えるレインウェアを紹介していきます。 レインウェア選びのチェックポイント バイクのレインウェアは上からではなく 「前から叩きつけられるような雨」に対して効力を発揮することが求められるので、やはり選ぶなら専用品が一番です。 さらに注目すべき数値があります。 それが 「防水・透湿性」で、これはいかにウェア内部に雨を浸透させないかと、内側のムレを排出させるかの基準値になっています。 購入する前に必ずチェックしましょう。 サイズも重要です。 基本ライディングジャケットの上に着用するものなので、 いつよりワンサイズ大きめのものを選びましょう! 例えばいつも使っているライディングジャケットがMサイズであれば、レインウェアはLサイズといった具合です。 サイズがきついと突然の雨に対してすぐに着用することができなくなりますから。 また、 収納性もとても大切なポイント。 かさばると持ち運びしづらいですし、何かと荷物の多くなりがちな旅ライダーならなおのこと、極力コンパクトに収納したくなるってものです。 おすすめその1:カジュアルデザインな「RS TAICHI DRYMASTER-X レインスーツ」 RS TAICHI RSR043 DRYMASTER-Xレインスーツ 実売価格:1万5,300円(税込) RSタイチ独自の防水透湿素材 「ドライマスター」を採用したカジュアルデザインのレインウェアです。 もう公式ホームページには掲載のない廃盤モデルですが、かつてのフラッグシップが約1万5,000円で手に入るのは魅力的。 一般的にレインウェアは地味な印象がありますが、ヴィヴィッドなカラーを含む5色から選べるのもうれしいところ。 おすすめその2:コスパ最強「ワークマン BIKERS」 ワークマン BR002 3レイヤー透湿レインスーツ BIKERS 実売価格:5,800円 (税込) かつては働く男の象徴だったワークマンが、イメージを一新して高機能アパレルメーカーへと変貌を遂げたことは記憶に新しいですが、そのきっかけを作ったとされているのが「BIKERS」です。 ツーリングの際はもちろんですが、普段からバイクに常備しておきたいレベル! 数値こそ明かされていませんが、同社が肝入りで開発したオリジナル防水透湿素材 「デュアルテックス」を採用していることもポイント。 不快な雨風の侵入を抑え、ウェア内のムレも逃してくれるので快適に着れます。 おすすめその4:レインウェアの最高峰「GOLDWIN ゴアテックスコンパクトレインスーツ」 GOLDWIN ゴアテックスコンパクトレインスーツ GSM22008 実売価格: 5万7,187円(税込) 防水透湿素材としては、世界最高峰と言われている 「GORE-TEX」を惜しみなく採用している究極のレインウェアです。 まとめ:レインウェアで梅雨を楽しもう! 梅雨の期間にバイクで走らず引きこもっていると、折角の貴重なシーズンを約1ヶ月もロスすることになってしまいます。 お気に入りのレインウェアを用意すれば、かえって雨も待ち遠しくなるってものです。 旅ライダーなら雨も楽しむくらいでいきましょう!.

次の

『ワークマン』のレインウェアがコスパ最強!釣り・アウトドアで超使える|TSURI HACK[釣りハック]

ワークマン レインウェア

アウトドア向けアイテムのFieldCore フィールドコア• スポーツウェアのFind-Out ファインドアウト• 防水機能で雨にも強い AEGIS イージス アウトドア、スポーツウェア、防水機能の3つのジャンルを中心に冬の防寒、夏の暑さ対策などに適した高機能ウェアを扱っています。 プロの人はもちろんのこと一般の人もお店に入りやすく、「働くプロの過酷な使用環境に耐える品質と高機能をもつ製品を、値札を見ないでお買い上げいただける安心の低価格で届けたい」をコンセプトに、 低価格でおしゃれで高機能な製品が数多く取り揃えられています。 『ワークマンで本当にサイクリングに適した「ウェア」が買えるのか? 』と思った方も多いのではないでしょうか? わざわざ「ワークマン」じゃなくても!! いやいや、本当に良く考えられ作られている「ウェア」が存在するので紹介します。 肌寒い日や急な天候不良でも1枚あると便利! 春先といっても、まだまだ寒い日が続きます。 長袖のウェアを一枚用意しておくと使い勝手が良く、急な雨でも 防水力抜群なので濡れる心配がありません!! (体内の温度調整可能) また、走っているうちに暑くなってきたら 両脇にあるベンチレーションを開口してみましょう! なかなか、低価格のウェアにベンチレーション機能があるものは少なく、上着を脱がなくても体温調整ができムレ防止にもなります。 (収納袋付き) 想像以上に高機能なワークマンの「レイヤーハードシェルジャケット!! 」 1枚あるだけで、これからの季節に必ず重宝するアイテムです。 なんと価格は 税込3,900円と激安!! その着心地の良さ、 肌に触れた時のフィット感は780円とは思えないレベルの快適さです。 値段も安いので、1着は普段着用として購入しておくのもいいです。 ポリエステル100%素材よりも高い速乾性、綿100%よりも約半分の時間で乾きます。 あると便利なアームカバー税込499円 アームカバーではなくて「 ロングTシャツでもいいじゃん」と思うかもしれませんが、アームカバーを1度使うとその便利や機能性に驚かされます。 また、アームカバーは 自転車だけでなくランニング時などにも使えるマストアイテムです! それでは、アームカバーのメリットについてお話します。 走行中に汗をかいても素早く拭くことができる• スポーツ等でかいた汗を素早く吸収し素早く乾燥させる• 紫外線UVカットで日焼けを防ぐ• 適度な締め付けでストレッチ性があり運動時でも邪魔にならない• 筋肉が揺らぎ疲れが蓄積されるのを軽減• 接触冷感で暑さ軽減• サイクリングで使えるスマホ対応クッショングローブ スポーツバイク必須アイテムの1つにグローブがあります。 転んだ際に手の怪我を防ぐだけでなく、ハンドルを握る際にグリップ力が向上します。 長距離や下り時には、 グローブの効果が発揮し疲れの軽減につながります。 580円とは思えない高性能 しかも!! グローブを着用したままスマホ操作できる優れもの! 肌寒い時期にわざわざグローブを一度外さなくても使える便利アイテムです。 指の平での操作ではなく、指の爪側でスマホ操作します。 慣れれば難しくありません。 カジュアルで動きやすい収納力抜群!! カジュアルで伸縮性の高いジョガーパンツ オールシーズン使える運動時でも快適な 大人気3Dジョガーパンツ税込1,900円!! 伸縮性が高くペダルを漕いでいても動きを制限しません。 それだけでなく、カラーはシルバー、キャメル、ネイビー、ブラックジーンズと4色選べます。 ブラックジーンズのみ価格税込2,500円ですが、それでもコスパ性能含めて リーズブルな価格で購入できます。 ポケットが多いので、補給食を十分に持ち歩くことができたり、カメラをする人は予備バッテリーなど必需品を持ち歩くことが可能です。 裾ゴム付きで自転車のチェーンに裾があたりにくく動きやすい形状になっています ワークマンのジョガーパンツは、カジュアルなだけなくスポーツバイクに乗るのに適した作りになっています。 膝の曲げ伸ばしが楽々だったりと運動時や普段着用としても長く愛用できます。 私自身もはじめて WORKMAN Plus+(ワークマンプラス)に行ってきましたが、まさかこんなにサイクルウェア関連の商品と出会えると思っていなかったので正直、驚いています。 また、通常のワークマンよりもカジュアルな製品を取り扱っているので、 一般の方もお店に入りやすく買い物しやすかったです。 ワークマンはコスパだけでなく、 デザイン性・製品の品質・機能性まで充実してることがわかりました。 今回紹介した物でなくても、安くて使えそうなアイテムがあれば 上手にワークマンを活用することをおすすめします。 また、ワークマンはもあるので気になる方は要チェック!!

次の