フリー ポート マク モラン。 グラスベルグ鉱山

グラスベルグ鉱山

フリー ポート マク モラン

本日のWeekly geo-political news and analysis(有料日本語版)のブログ記事によれば、今月14日にインドネシアの首都ジャカルタで発生した爆弾テロ事件について、以下の情報が提供されています。 <引用開始> 最後に、現在インドネシアにいるホワイトドラゴン筋と最近までインドネシアに滞在していたCIA筋から、先週14日に発生したインドネシア・ジャカルタの「爆弾テロ事件」に関する情報が寄せられてきている。 どうやら、その事件の背景には 米資源メジャーのフリーポート・マクモラン(Freeport-McMoRan)とインドネシア軍による大きな衝突があるようだ。 同情報源らによると、現在インドネシア軍は フリーポート社が開発を進めるパプア州の金鉱山に対して攻撃を開始しているという。 というのも、「インドネシア高速鉄道計画」への大々的な支援を約束する中国に対し、インドネシア政府はその担保として パプア州の金鉱山を差し出すつもりのようなのだ。 しかも、その鉱山では ハザールマフィアらが権力を延命するために必要な金(ゴールド)が生産され、その付近には311テロで使われた潜水艦の基地もある。 現在、インドネシア軍はその一帯を制圧しようと、フリーポート社に対する軍事的圧力を強め、大きな戦闘が発生しているという。 ホワイトドラゴン筋は、「アメリカ正規軍と中国軍には、その戦況によりインドネシア軍を支援する用意があるようだ」と伝えている。 <引用終了> 引用元:Weekly geo-political news and analysis、2016年1月18日 そこで、メディア報道を調べたところ、インドネシアで発行されている、じゃかるた新聞によれば、「警視庁は、過激派組織イスラミック・ステート(IS)に参加し、シリア滞在中のインドネシア人バフルン・ナイム容疑者がテロを画策した疑いがあると発表した。 」(注1)とされていて、フリーポート・マクモラン社の金鉱山の問題が関係していることは全く触れられていません。 (注1)じゃかるた新聞、 それで、事件の真相について把握するために天上界へ問合せたところ、以下のご回答がありました。 インドネシア政府は、パプア州の金鉱山の採鉱を中止するようにフリーポート・マクモラン社(本社:米国)に要請したため、同社は政府の要請に応えるべく検討していたところ、鉱山労働者が反対して経営側の一人に暴力を加えたために、その人物は手術を要するほどの被害を受けて入院した。 その人物はアメリカ人であったので、インドネシア人に対する恨みを晴らすために、ISに活動資金を提供してテロを起こすように要請した。 ISはその要請を受け入れて、14日の爆弾テロが引き起こされた。 そこで、恨みに基づく同様のテロ事件の拡大を防止するために、本日、入院中の経営者に対して遠隔でヒーリングを行ない、各種の傷の回復を促進するとともに、メンタル面での恨みを消し去って愛情度を向上させるべくエネルギーを送りましたので、今後、ISへの活動資金の提供は一切行なわれなくなると考えられます。 ですから、フリーポート・マクモラン社からの資金提供による今回のようなテロ事件は、再発してしまったり継続したりしないと言えます。 ブログ内のキーワード 検索: 検索 最近の投稿• 2020年6月29日• 2020年3月29日• 2020年2月5日• 2020年1月31日• 2019年10月12日 最近のコメント• に 浜野 泰久 より• に より• に Johna654 より アーカイブ アーカイブ 分類• 1 メタ情報• カレンダー.

次の

フリーポート・マクモランとは

フリー ポート マク モラン

1月に導入された輸出規制を巡り両者は対立してきた。 インドネシアのエネルギー・鉱物資源省が1月に新たな輸出規制を設けたのを受けて、双方は激しい議論を交わしてきた。 新規制はフリーポートのような外国企業が銅精鉱の輸出を続けるには、古い契約に代えて「IUPK」と呼ぶ新たな特別ライセンスを取得する必要があると定めている。 同社は現地子会社のフリーポート・インドネシアを通してグラスベルグ鉱山を所有している。 新たなライセンスを保有すると、現地会社の株式を売却したえうえで、製錬所を建設する義務を負う。 フリーポートはこの条件は現行の契約に違反すると主張している。 ジョナン同国エネルギー・鉱物資源相は米国でフリーポートのリチャード・アドカーソン最高経営責任者(CEO)と面会して議論する予定。 これに先立ちアドカーソン氏はジャカルタで政府関係者と契約延長、株式売却、製錬所建設、同社が計画する長期投資の財務・法律面での確実性の4分野に関する協議を複数回行っている。 エネルギー・鉱物資源省高官は26日、「以前合意したとおり、この4点について8カ月以内に解決する」と述べた。 正式な交渉は2月に始まっており、10月には結論が出るとみられる。 アドカーソン氏は25日に電話会議でアナリストに対し「双方の早期解決の目標を確認できる段階に近づいている」とした上で、「インドネシアの政府高官は過去にないほど明確に目標を定めた」と述べた。 1月に出した新規制は外国のIUPK保持者は自社の株式の過半数をインドネシアの投資家に売却する義務があると定めている。 一方で、同国政府はフリーポートに10月までの6カ月間は輸出できるよう一時許可を与えている。 だが、双方はいくつかの重要な細かい点で意見が分かれている。 株式の売却に関して、フリーポートは鉱業資産を「時価評価」するよう求めており、フリーポート・インドネシアをインドネシア証券取引所に新規株式公開(IPO)するよう要求している。 一方政府は、IPOをした場合、所有権が他の外国の投資家に移るだけになるのを懸念している。

次の

フリーポート・マクモラン社

フリー ポート マク モラン

,: )は、チリのと並ぶ・生産における最大級の企業であり、の鉱山会社。 本社は米国。 67株という条件で吸収合併した結果、となった。 銅の副産物として、金、、モリブデン、を扱う鉱山会社。 銅だけでなく、他の副産物も市況が高騰していることにより、銅クレジットの低減に役立っている。 副産物の内、モリブデン部門については、吸収したフェルプス・ドッジ社が保有していたクライマックス・モリブデン社という関連会社が業務を担当している。 2012年1月、・の開発に伴う環境破壊と、それに抗議する住民への拷問・残虐行為を理由に、世界最悪企業賞()の6位に選出された。 外部リンク [編集 ]• この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 などしてくださる()。

次の