あっちこっちでっち。 あっちこっち丁稚(朝日放送JNN設定)

吉本新喜劇 山田スミ子死去の真相は?懐かし動画

あっちこっちでっち

吉本新喜劇 山田スミ子死去 山田スミ子さんの死去は、次の通りに報道されています。 元 吉本新喜劇の女優・ 山田スミ子(本名・ 山田壽美子)さんが2月12日に亡くなっていたことが5日、分かった。 所属事務所がこの日、発表した。 73歳だった。 山田さんは幼い頃から宝塚映画の子役として活動した後、吉本新喜劇に入団。 花紀京や 岡八郎らと共演した。 その後はテレビ、映画で幅広い活躍を見せていた。 同事務所によると、2年前に母親が98歳で亡くなるまで10年間にわたり、女優業と介護を両立した。 母親の他界後、直腸がんと診断されたが、周囲には知らせずに仕事に取り組んできた。 だが、今年に入り、急激に体調が悪化し、主治医からは「あと2~3か月の命」と宣告されていたという。 出典headlines. yahoo. jp 吉本新喜劇 山田スミ子 死の真相 山田スミ子さんは直腸がんをわずらっていました。 2年間の闘病の末に、 お亡くなりましたが、 周囲にはそのことを伝えずに亡くなっています。 この人を見て育ちました。 大好きでした。 どうか安らかにお眠りください。 マドンナ役でも恐妻役でも、なんでもこなせた素晴らしい役者さんでした。 たくさん楽しませてくれて、ありがとうございました。 ご冥福をお祈りいたします。 怒鳴ると赤ふんどしの人が出てくるのを覚えている方も多いと思います。 ご冥福をお祈りいたします。 やはりここ数年如実に癌多いと思う。 70代ちょっと早い。 お母様の看病で自分の事、後回しだったのだと思う。 演技力はそこら辺のヘタクソとは比べ物になりませんでした。 好きだったなー。 ご冥福をお祈り申し上げます。 しっかりと存在感があって、おもろくて。 好きだったなぁ。 ご冥福をお祈り致します。 周囲に病気の事言わずに、気遣いの方ですね。 ご冥福をお祈りします。 」と山田さん演じる御寮さんが激昂し、赤フン男が脈略もなく登場するお約束のシーンが大好きでした。 今の未知やすえさんの激ギレキャラの元祖的なマドンナ役でしたね。 お悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈りします。 つくづく長い月日が経った事を実感します。 あの頃は今ほど女性も多くなく、ルックスもそこそこでしたが、演技力は抜群でした。 新喜劇で活躍されていた懐かしい方々が、亡くなっていますね。 あの頃の新喜劇が懐かしい人にとっては、 今回の山田スミ子さんの死去は悲しいニュースです。

次の

吉本新喜劇 山田スミ子死去の真相は?懐かし動画

あっちこっちでっち

吉本新喜劇 山田スミ子死去 山田スミ子さんの死去は、次の通りに報道されています。 元 吉本新喜劇の女優・ 山田スミ子(本名・ 山田壽美子)さんが2月12日に亡くなっていたことが5日、分かった。 所属事務所がこの日、発表した。 73歳だった。 山田さんは幼い頃から宝塚映画の子役として活動した後、吉本新喜劇に入団。 花紀京や 岡八郎らと共演した。 その後はテレビ、映画で幅広い活躍を見せていた。 同事務所によると、2年前に母親が98歳で亡くなるまで10年間にわたり、女優業と介護を両立した。 母親の他界後、直腸がんと診断されたが、周囲には知らせずに仕事に取り組んできた。 だが、今年に入り、急激に体調が悪化し、主治医からは「あと2~3か月の命」と宣告されていたという。 出典headlines. yahoo. jp 吉本新喜劇 山田スミ子 死の真相 山田スミ子さんは直腸がんをわずらっていました。 2年間の闘病の末に、 お亡くなりましたが、 周囲にはそのことを伝えずに亡くなっています。 この人を見て育ちました。 大好きでした。 どうか安らかにお眠りください。 マドンナ役でも恐妻役でも、なんでもこなせた素晴らしい役者さんでした。 たくさん楽しませてくれて、ありがとうございました。 ご冥福をお祈りいたします。 怒鳴ると赤ふんどしの人が出てくるのを覚えている方も多いと思います。 ご冥福をお祈りいたします。 やはりここ数年如実に癌多いと思う。 70代ちょっと早い。 お母様の看病で自分の事、後回しだったのだと思う。 演技力はそこら辺のヘタクソとは比べ物になりませんでした。 好きだったなー。 ご冥福をお祈り申し上げます。 しっかりと存在感があって、おもろくて。 好きだったなぁ。 ご冥福をお祈り致します。 周囲に病気の事言わずに、気遣いの方ですね。 ご冥福をお祈りします。 」と山田さん演じる御寮さんが激昂し、赤フン男が脈略もなく登場するお約束のシーンが大好きでした。 今の未知やすえさんの激ギレキャラの元祖的なマドンナ役でしたね。 お悔やみ申し上げます。 ご冥福をお祈りします。 つくづく長い月日が経った事を実感します。 あの頃は今ほど女性も多くなく、ルックスもそこそこでしたが、演技力は抜群でした。 新喜劇で活躍されていた懐かしい方々が、亡くなっていますね。 あの頃の新喜劇が懐かしい人にとっては、 今回の山田スミ子さんの死去は悲しいニュースです。

次の

山田スミ子

あっちこっちでっち

大正時代の大阪が舞台で、カステラの老舗「月菓粋 木金堂(げっかすい もっきんどう)」の丁稚らが騒動を起こす。 元々は『夕やけ笑劇場』の中で週一回放映されていたものが日曜笑劇場に移行したもの。 ちなみに、夕やけ笑劇場内で放映されていた頃はカステラ屋ではなく、「あかん堂」(漢字を忘れました)という薬屋が舞台であり、キャストはほとんど同じで設定されている。 室谷信雄が小番頭役で出演したばかりの頃、「こいさん」の顔を見るたびにバイオリン独奏のクラシック音楽に合わせて指をくわえて踊りだし、周囲の丁稚に「小番頭はん、こいさんの顔見るといつもこれや」となじられるシーンがお約束になっていた。 3人の丁稚が旦さんを呼ぶ時「旦さん〜! 五郎造〜! 養子〜! 」「こらっ! 御店の主人つかまえて『養子』とはなんや!! 」と旦さんが怒りながら登場するシーンもよくあった(これと同じご寮さんバージョンもよくあった)。 旦さん(前田五郎)の悪事がばれて、押入れに隠れる時、御寮さん(山田スミ子)が「どこに居てるんや!! 」と丁稚たちに詰問すると利松(坂田利夫)が「旦さん、ここには居てはらしまへん」と押入れの前に立つのが、お約束になっていた。 日曜笑劇場の第1回作品。 日曜笑劇場シリーズの最長寿番組である。 2002年1月26日には、「間寛平芸能生活30周年」を記念したリメイク版(『寛平の帰ってきたあっちこっち丁稚』)が放送された。 オープニングコーナーがあり、初期は丁稚3人の漫才だった。 その後、木松(木村進)と伝次郎が旗揚げゲームをやっていた。 これもお約束パターンであった。 中期以降はオール阪神・巨人と伝次郎が進行役で子供たちが対戦する尻相撲コーナーをやっていた。 上方コメディー草分けの、毎日放送制作「番頭はんと丁稚どん」のリメイクといわれている。 芝居の随所に、「伝次郎」という名前のセントバーナード犬の実物大着ぐるみキャラが出てくる(中の人は「さんまのまんま」の「まんま」と同じ)。 また、「伝次郎」は朝日放送のキー局であるTBS制作のバラエティ『8時だョ! 全員集合』で全国ネット番組に進出。 なお、その着ぐるみは、現在も着ぐるみ製作会社で大切に保存されている。 リメイク版でも出演し、多くのファンから拍手喝采を浴びた。 木松(丁稚):木村進(後に小番頭に昇格し「木助」と改称した時期がある)• 内松(丁稚):内場勝則(リメイク版)• 寛松(丁稚):間寛平• 利松(丁稚):坂田利夫• シロ松(丁稚)大平シロー(木村進が小番頭・木助をやっていた時期に出演)• 旦那さん(五郎造):前田五郎(婿養子で気弱。 丁稚たちには旦さんと呼ばれている)• 御寮(ごりょう)さん:山田スミ子(名前はおスミ。 ヒステリックで、ビンタの時は本当に叩いていた)• こいさん:麻田ルミ・山本ゆか里・片山理子他(名前はまり。 木金堂の一人娘。 1年程度で交替していたため、何人かが担当した。 リメイク版は尾崎さゆり)• 大番頭:• (初代)谷しげる(谷吉:「よいしょと! ああ忙し忙し」が口ぐせ)• ご寮さんが、自分の生まれる前から丁稚奉公していたことや、幼少時代に子守をしてもらったり、一緒に遊んだりしながら過ごした思い出話を淡々と語り、最後に皆に惜しまれながら木金堂を去っていくという、番組史上一番シリアスな降板のしかたであった。 (二代目)林家小染 4代目 (染吉)• 林家小染 4代目 は大番頭役で登場する以前に間寛平がテレビ出演を自粛していた期間、代役の丁稚として出演していたことがある。 丁稚時代の名は「小松」。 間寛平の番組復帰直後に、同じ回の放送で丁稚を辞めて田舎へ帰ったシーンと、新しい大番頭が来た(同じ林家小染がすぐに着替えて登場する)シーンが放送されている。 番頭役を降板後も、何度かゲスト出演していた。 (リメイク版)烏川耕一(耕助)• 菓子職人(親方):花紀京(京三:元々は一時入院していた前田五郎の代役として出演していたが、後年に正式レギュラーとして出演するようになる)• 中番頭:(伴吉)伴大吾• 小番頭:(黒吉) 室谷信雄(伴大吾が降板後に出演。 林家小染の降板後三代目大番頭に昇格)• 小番頭:(木助)木村進(後年にまた丁稚に逆戻りした経緯は不明)• 小番頭:高石太(太助:後年に出演)• 小番頭:(茂吉)辻本茂雄(リメイク版)• 女中:(お見江・お里) 楠本見江子、後年には藤里美に交代。 女中:(お未知)未知やすえ(リメイク版)• 向いのご隠居:井上竜夫• 伝次郎(飼い犬)とともに登場。 「おじゃましまんにゃわ」が定番のセリフ。 まだ若手だった未知やすえと共に登場した事もあった。 向いの丁稚:うのりういち(向いのご隠居、井上竜夫とともに出演、後に吉本を退団したものと思われる。 泉屋の旦那:泉ひろし 木金堂の旦那の遊び仲間。 隣の若旦那:浜裕二(現・チャーリー浜) 木金堂には「ごめんくさい」と言って入ってくる。 首吉: 淀川五郎 泉屋の番頭 首振りがトレードマーク、劇中では後方転回を披露していた。 御寮さんが旦さんや3人の丁稚たちに対して「あかんって言うてんのんがわからんのんか〜! 」と激昂した直後に登場。 舞台上手や、主に木金堂の2階部分から出てきて、平泳ぎのポーズをしながら下手へと去っていく。 後期になると褌には「あきら」と白書きしてあった。 時には、御寮人さんにビンタを食らわされたこともある。 大番頭役の谷しげるが赤フン男の後に続いて出てくる事もあり、褌には「たに」と白書きされてあった。 また、夏休み時期などには、赤フン姿の子供たちを引き連れて登場したこともあった。 この場合、子供たちはセットのあちこちから登場し、舞台を左右駆け巡った後、前田五郎(旦さん)の笛と、居丈高にうなっていた山田スミ子(ご寮さん)の「は〜い、みんな並んで並んで〜!! 」の声で横一列に整列し「夏休み子供赤フン大会でした」のフレーズを言うのが定番だった。 その際、親に感謝の意を表し坂田利夫のギャグで「ありがとさ〜ん!」というフレーズを全員ですることもあった。 なおこの赤フンは男の子だけではなく女の子も少数ながら混じることがあり、臀部や胸の露出がない「女の子用」の褌もあった。 「夏休み子供赤フン大会」、リメイク版でも 「あかん=赤フン」と言う駄洒落から来ている様だ。 番組の人気もあってか木村はキンカンのCMに赤フン男として出演した(褌には「あきら」と白書きしていない)。 リメイク版では三瓶が演じたが去っていく前に「三瓶で〜す」とギャグを放ち、山田スミ子(ご寮さん)から「そんなん(ギャグ)はええから、とっとと行きなはれー!」と怒鳴られた。 その他、吉本の多くの芸人が、立ち替わり入れ替わりゲスト出演していた。 中でも平参平は利松の父親役で時々出演しており、準レギュラーといえるだろう。 ABCテレビ 日曜笑劇場(1975. 4 - 1983. 4 - 1979. 10 - 1982. 4 - 1983. 9) 14:00 - 14:30 新婚さんいらっしゃい!

次の