ケビン ホール 博士。 ケビン・ラウ博士とは|脊柱側弯症治療&エクササイズ|日本

ダイエットは減量期と維持期の2つで1つ|最後のダイエット|石川善樹|cakes(ケイクス)

ケビン ホール 博士

ケビン・ラウ博士とは ア メリカ、アラバマ州のクレイトン大学、オーストラリア、メルボルン市のRMIT大学を卒業したケビン・ラウ博士は、大学で学んだ知識と長年の自然予防医学の実践経験を組み合わせました。 この非常に成功している、博士のホリスティックな脊柱側弯症治療法は、心や体はもちろん、疾病による精神状態からの解放を促します。 脊柱側弯症からの回復の助ける数々の著書、ジャーナル、ツール、またはデバイスも参照下さい。 これまでに例を見ず、ケビン・ラウ博士は、情報に富み、読者が理解しやすい脊柱側弯症に関する著書を数多くもたらしました。 アマゾンのベスト・セラーになった「」にある最も有効で自然な治療法も参照下さい。 本書の補完として、「」は、治療を進めていく上で必要な関連書です。 また、博士は、妊娠・出産時期のガイドとして、脊柱側弯症を持つ女性の受精と妊娠にどう対応するかについて、草分け的で実用的な知識の集結である「」を執筆しています。 脊柱側弯症についてより詳しく知りたい方は「脊柱側弯症完全ハンドブック~手術が必要な方のために~」を是非お読みください。 情報豊かで価値のある本です。 ハイテク世代でもあるラウ博士は、ヘルスケアとテクノロジーを融合させました。 「」は、全ての側弯症のエクセサイズを最も総合的に編集したものです。 また、iTuneの医療アプリでトップにランキングされている、革新的なアプリケーションの「」や体のゆがみと変化を追跡・記録できる最新のアプリケーション「」もお試し下さい。 何百人もの脊柱側弯症やその他多数の病気を診断された患者へのカウンセリング経験を基に、ラウ博士が、草分け的な研究で、手術に頼らない側弯症治療における明らかな価値を立証したことは疑いの余地もありません。 「健康と病気は、コントロールできるものである」という思想を強く信じるラウ博士の基盤は、彼自身の人生経験から生まれたものです。 博士の患者は、あらゆる階層にいる人々で、年齢層は幼児から90歳の老人にまで至ります。 キャリアと経験を通して、ラウ博士は脊柱側弯症、糖尿病、うつ病、骨関節炎、高血圧症、心疾患、慢性的な首や腰の痛み、慢性疲労、その他数々の「現代病」治療のエキスパートと言われています。 ラウ博士は、世界で最高の医薬は自然から直接与えられるもの、工場で製造し、量産できるものではないと信じています。

次の

米国NLP協会理事長 クリスティーナ・ホール博士とは?

ケビン ホール 博士

来歴 [ ] 出身。 彼の両親・兄弟(6人兄弟)とも身長190センチ以上という長身一家である。 高校時代はその長身を生かしてで活躍、推薦でに入学。 バスケットボールに打ち込むかたわら、演劇を学ぶ。 卒業後、バスケットボール選手としてに渡るが、1年で帰国。 大学時代の恩師を頼りで俳優の仕事を始める。 、『』で役(とラストシーンでのヘリコプター・パイロット役の二役)を演じて有名となり、今後の活躍が期待されていた。 しかしロサンゼルスで遭ったで負った傷の手術で行なわれたがもとでに感染してしまい 、それを公表したうえで、妻の献身的な看病を受けていたが、、のため35歳という若さで死去した。 主な出演作品 [ ] 映画 [ ] 公開年 邦題 原題 役名 備考 1979 Prophecy ミュータント・ベア・カターディン クレジットなし 1982 One Dark Night エディ Mazes and Monsters Gorvil テレビ映画 1984 The Wild Life 用心棒 1986 Monster in the Closet モンスター 1987 Harry and the Hendersons ハリー Predator プレデター 1988 ピーウィー・ハーマンの空飛ぶサーカス Big Top Pee-wee ビッグ・ジョン 1990 Predator 2 プレデター 1991 Highway to Hell Charon テレビシリーズ [ ] 放映年 邦題 原題 役名 備考 1985-1988 Misfits of Science エルヴィン(エル)・リンカーン博士 16エピソード(レギュラー出演) 1989 Star Trek: The Next Generation レロイ 1エピソード 1989-1990 227 ウォレン・メリウェザー 8エピソード 1991 Harry and the Hendersons ハリー 16エピソード 脚注 [ ]• Halliwell, Leslie; Walker, John 2003. 15 ed. HarperCollins. 209. Donnelley, Paul 2005-11-01. Fade To Black: A Book Of Movie Obituaries 3 ed. Omnibus Press. 436. Snauffer, Douglas; Thurm, Joel 2008. The Show Must Go on: How the Deaths of Lead Actors Have Affected Television. McFarland. 201. New York Times. 1991年4月19日. 2008年2月14日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

リバウンド防ぎたい!減量後の体重キープ期間が大切:トピックス from 日経電子版:日経Gooday(グッデイ)

ケビン ホール 博士

経歴 [ ] 6歳の時の家族とともにに移住、12歳までを同国で過ごす。 ケント州に戻ってのハイスクールに進学するも、16歳で中退して放浪の旅に出る。 18歳の頃にを巡るトラブルからを離れ、ケント州に戻り州都に居住するようになる。 この地でエアーズは、の母親が経営する下宿屋「ウェリントン・ハウス」に寄宿し、ワイアットやマイク・ラトリッジ、デイヴィッド・アレンらと出会う。 互いの才能に触発された彼らは、にを結成。 にはそこから発展する形でソフト・マシーンが結成され、エアーズもその一員として再びロンドンに拠点を戻し、サイケデリック・シーンにおいて注目を浴びた。 なお、こうしたコンスタントな音楽活動を始めるまで、のや、などを何度となく放浪したとされ、これらの土地で身に着けたある種の無国籍的な感性は、後年における彼の音楽をニュアンスに富んだものにしたと言われる。 ソフト・マシーンはの前座で二度の公演を行うが、このツアーで精神を消耗したエアーズは、12月にバンドを脱退。 ベース・ギターをに売り払うと、ガールフレンドとともに再びイビサ島へと隠遁する。 同島で自分のペースを取り戻すと、よりシンプルなソングライティングの才能を発揮し始め、に『おもちゃの歓び』でソロ・デビュー。 以降、バンド形態の「ザ・ホール・ワールド」やソロ名義でコンスタントにアルバムリリースを続け、一部に根強いファン層を開拓した。 の『悪魔の申し子たち - その歴史的集会より』においては、ワイアットやオールドフィールドの他、や、らのゲスト参加を得て話題を呼んだ。 過去においては、、などのミュージシャンと活動をともにしていたこともある。 特にハルソールは、以来、エアーズの片腕として行動を共にしたことで知られ、その関係は彼がに死去するまで続いた。 イビサ島からイギリスに戻ったのは中頃で、その後南部に移り、終生をそこの住居で過ごした。 最後の作品は、9月リリースの『アンフェアグラウンド』である。 2013年2月18日、フランスの自宅で死去。 68歳歿。 枕元には「燃えないと、輝くことはできない」というメモがあったという。 ディスコグラフィ [ ] ソフト・マシーン [ ]• 『おもちゃの歓び』 - Joy of a Toy 1969年• 『月に撃つ』 - Shooting at the Moon 1970年• 『彼女のすべてを歌に』 - Whatevershebringswesing 1971年• 『いとしのバナナ』 - Bananamour 1973年• 『夢博士の告白』 - The Confessions of Dr. Dream and Other Stories 1974年• 『スウィート・デシーヴァー』 - Sweet Deceiver 1975年• 『レインボウ・テイクアウェイ』 - Rainbow Takeaway 1978年• 『ザッツ・ホワット・ユー・ゲット・ベイブ』 - That's What You Get Babe 1980年• 『ダイアモンド・ジャック・アンド・ザ・クイーン・オブ・ペイン』 - Diamond Jack and the Queen of Pain 1983年• 『ディア・ヴュ』 - Deia... Vu 1984年• 『アズ・クローズ・アズ・ユー・シンク』 - As Close As You Think 1986年• 『フォーリング・アップ』 - Falling Up 1988年• 『スティル・ライフ・ウィズ・ギター』 - Still Life with Guitar 1992年• 『アンフェアグラウンド』 - The Unfairground 2007年 コンピレーション・アルバム [ ]• 『コレクション』 - The Kevin Ayers Collection 1983年• 『バナナ・プロダクションズ』 - Banana Productions: The Best of Kevin Ayers 1989年• Document Series Presents Kevin Ayers 1992年• 『ベスト・オブ・ケヴィン・エアーズ』 - The Best of Kevin Ayers 2000年• Didn't Feel Lonely Till I Thought of You: The Island Records Years 2004年• 『バナナのひとりごと』 - What More Can I Say... 2008年• Songs For Insane Times: An Anthology 1969—1980 2008年• 『ライヴ・イン・コンサート』 - BBC Live in Concert 1992年• 『ファースト・ショウ・イン・ザ・アピアランス・ビジネス』 - First Show in the Appearance Business: The BBC Sessions 1973—1976 1996年• 『シンギング・ザ・ブルース』 - Singing the Bruise: The BBC Sessions, 1970—1972 1998年• 『トゥー・オールド・トゥー・ダイ・ヤング』 - Too Old to Die Young: BBC Live 1972—1976 1998年• 『アライヴ・イン・カリフォルニア』 - Alive In California 2004年• 『BBC セッションズ 70-76』 - BBC Sessions 1970—1976 2005年• 『ハイド・パーク・フリー・コンサート 1970』 - Hyde Park Free Concert 1970 2014年 コラボレーション・アルバム [ ]• 参考文献 [ ]• 『』1991年10月号、ミュージック・マガジン社• 『レコード・コレクターズ』2002年3月号、ミュージック・マガジン社.

次の