サンコバ 目薬。 目のまぶたがピクピクしたら、サンコバ点眼液0.02%

目薬がしみる場合は使用を中止するべき?

サンコバ 目薬

目薬の使用期限はどれくらいか 基本的に市販されている目薬の外箱には、その目薬の 使用期限が記載されています。 多くの市販目薬の使用期限は 3年となっているものが多いようです。 ちなみにこの3年というのは、 未開封の状態であっての話です。 つまり一度目薬を使うために開封してしまえばその使用期限はもっと短くなってしまうと思っておきましょう。 では実際に開封した目薬というのはどれくらいの期間なら安全に使用することができるのでしょうか。 厳密に決まっているわけではありませんが、おおよその目安は 1ヶ月程度と言われているようです。 極端に短くなっているように感じるかもしれませんが、これは仕方のないことと言えます。 目薬は開封した瞬間から 空気に触れるばかりでなく、目薬をさす時に、 容器がどこかに触れてしまうこともあるでしょう。 完璧に清潔な状態を保ったままで使用し続けるということは不可能に近いと言えます。 結果的に開封後から長時間が経過することによって雑菌などによって汚染されている可能性が高まるということになるでしょう。 もちろんそのために防腐剤などが入った目薬があるのですが、これも開封することによってその効果を長く維持することは保証されていないため、 比較的短い期間で使い切ることが推奨されています。 目薬は使用期限の1ヶ月で使いきれるか 開封後の目薬の 使用期限の目安が約1ヶ月と聞いて、かなり短いという印象をもたれた方も多いのではないでしょうか。 そもそも市販の目薬は1ヶ月程度で使いきれるものなのでしょうか。 そして一般的な目薬の容量は 12ml程度。 これを基に計算してみましょう。 05ml。 これを用量の通り1日5回程度点眼するとして、1日の消費量は 0. 5mlとなります。 5mlで計算できますので、結果は 24日。 もしも15mlの目薬であれば 30日、ちょうど1ヶ月程度ということになります。 用法用量を守れば市販の目薬はちょうど1ヵ月程度で使いきれるということが分かりましたね。 ではそれらの期間を 大幅に過ぎた目薬を使用した場合どうなるのでしょうか。 この点についてネット上などで見られた意見を参考のためにのせておきます。 使用期限を1年ほど経過したものを点眼した結果、猛烈な激痛に襲われた。 左目に点眼したらものすごく痛い。 病院に行った結果雑菌が入り眼帯をするはめに。 これはおそらくほんの一例であり、開封後1年程度経過した目薬を使用してもなんともなかったという方もいらっしゃるでしょう。 しかしやはりリスクは高まってしまうでしょうから、 新しい目薬を使用するほうが望ましいことは間違いないでしょう。 目薬の保存方法について 以上のように、目薬は目に直接点眼するものであり、その扱いはデリケートにならざるを得ないと言えるでしょう。 その上で気になるのが 目薬の保存方法です。 ただししっかりとフタをしめた状態であることが条件です。 しかし目薬の種類によっては、冷所保存となっているものもありその場合には冷蔵庫で保存をする必要があります。 また目薬によっては光を受けることで化学反応を起こしてしまうものがあるので、その場合には 専用の遮光袋を使用するなど光を避けた場所で保存するようにしましょう。 このように目薬の種類によって保存の方法が異なる場合があるので、持っている目薬に関して分からない場合には、 医師や薬剤師にしっかりと相談するようにしましょう。

次の

商品一覧 : ソフティア

サンコバ 目薬

職場でパソコンを使い、家でもパソコンを使うので目がとても疲れます。 そんなときにサンコバ点眼液を使うと、すごーく目の疲れが軽くなるからお気に入りです。 中身はシアノコバラミンという ビタミンB12が入っているそうで、透明な目薬を見かけることが多い中、 赤色なのはけっこう特徴的だと思います。 こちらの薬、できれば市販薬があるなら欲しいんですよね。 もし全く同じでなくても、似たものがないか調べることにしました。 スポンサーリンク サンコバ点眼液0. 02%に似た市販薬は。 残念ながら、成分 シアノコバラミン のみが入っている目薬は市販で見つけられませんでした。 他に何種類か混ざっているものばかり。 まず、効き目が良さそうな第2類医薬品からチェックしたけれど、入っている成分の種類がとにかく多いです。 だいたい7種類くらいでしょうか。 疲れ目を回復させるビタミン以外に、アレルギーが原因で目の充血になった場合を考えてアレルギー薬の成分が入っていたり、目の血管を縮めることでムリヤリ充血をおさえる成分もありました。 が、できるだけ入っている成分が少ないものが欲しいわたしからすると、正直言って入りません。 なるべくシンプルに、必要な成分だけあれば良いと絞っていった結果、第3類医薬品の方が比較的成分が少なくシンプルでした。 その中の2種類、 ソフトサンティアひとみストレッチと ビュークリアビタコンタクトが好みに当てはまったのでメモしておきます。 ソフトサンティアひとみストレッチの特徴から。 1本あたり5mlの容器の中にシアノコバラミン0. 02%が入っているので、サンコバ点眼液と成分の 濃さが同じと計算できるから、これは良いかも!と思いました。 他に入っている成分は、ビタミンB6が0. 1%、ネオスチグミンと合わせてメインの成分が3種類だから比較的少なめですし。 防腐剤も入っていないので、目への刺激が少なく、ソフト・ハードコンタクトのどちらかをつけたままでも使って良いと書かれているから求めていた商品に近いです。 ビュークリアビタコンタクトの特徴も。 1本あたり10mlの容器の中にシアノコバラミン0. 02%が入っています。 ということは、計算するとサンコバ点眼液より若干成分が薄め…?と気になる点はあるものの、他にタウリン0. 1%、コンドロイチン0. 1%とこちらも少なめの3種類におさえられているので、十分好みの範囲内です。 こちらもコンタクトをつけたまま(カラーコンタクトは除く。 )目薬をさせるので便利ですし。 目への刺激が少ない成分で作られている特徴もなかなか良いです。 2種類の目薬を比較した結果、ソフトサンティアひとみストレッチの方がわたしの好みに近かったことが分かりました。 スポンサーリンク 関連記事.

次の

サンコバ点眼液について

サンコバ 目薬

私たちは情報の多くを目から得ていると言われています。 情報技術が進化した現代社会では目を酷使する環境が増えており、そのような環境下では目のピント調節機能が低下し、目の奥がズッシリ重く感じるような目の疲れ(眼疲労)が起こりやすくなります。 ピント調節筋と副交感神経に働いて衰えたピント調節機能を高めるとともに、目の乾きをうるおし、さらに目に栄養を補給して組織代謝機能を促進する、眼疲労改善目薬です。 目を酷使する現代社会に生きるみなさまの「ひとみ・すこやか」な生活をサポートします。 ネオスチグミンメチル硫酸塩 0. コンドロイチン硫酸エステルナトリウム 0. ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩) 0. パンテノール 0. Lーアスパラギン酸カリウム 0. タウリン 0. クロルフェニラミンマレイン酸塩 0. イプシロン-アミノカプロン酸 1. グリチルリチン酸二カリウム 0. 硫酸亜鉛水和物 0. 塩酸テトラヒドロゾリン 0.

次の