でも 幸せ なら ok です。 第8話 でも幸せならOKです

幸せならOKです (しあわせならおーけーです)とは【ピクシブ百科事典】

でも 幸せ なら ok です

そして週末になる。 朝十時、五月も中旬となると照り付ける太陽の光があつい季節だ。 「よし、ちゃんと来てるな」 プールの飛び込み台の上に立ち、うなづきながらそう口にする生徒指導の山田。 プールサイドには俺と、坂下さんの他に孝弘と音羽が集まっていた。 みな体操服に着替えて準備万端だ。 「とりあえず、水は抜いてあるし、金曜の放課後にもうある程度は掃除してあるから、お前たち四人は残りの細かい部分をこうやって、水で流しながらデッキブラシで磨いてくれ」 そういって山田は立てかけてあったデッキブラシでエア掃除をする。 「昼前になったら見に来るから、それまでにちゃんと磨いておけよ」 顧問をやっている野球部の休憩時間中にきていたらしい山田は、そういって足早にプールを後にした。 「じゃあ、やりますか」 山田がほったらかしにしていったデッキブラシを拾い上げる孝弘。 「っとその前に、自己紹介だな。 音羽と高山さんはお互い話したことはないんだし」 まぁ、きっとお互いにお互いのことは認識してるんだろうけど。 「初めまして、私は坂下音羽。 好きなように読んでもらっていいよ」 「音羽先輩のことは竹村先輩から聞いてます。 私は高山御桜です。 よろしくお願いしますね」 そう言って音羽が差し出した手を高山さんが握る。 どんなことを思いながら、二人は握手を交わしているんだろうか。 「ってなわけで、自己紹介も終わったわけだし。 二手に分かれるか」 自己紹介が済んだところで孝弘が話を切り出す。 プールの中でもまだ汚れがひどい部分はこするのに力がいるだろう、そっちを男チームが受け持って、反対にそこまでひどくない部分を女子チームが受け持つほうがいいだろう。 まぁ、理にかなってるけどたぶん言い訳だろう。 孝弘の言い分にしては理にかないすぎてるのが逆に言い訳じみている。 「すまんな、お前らにまで手伝わせて」 デッキブラシで汚れをこすりながら口にする。 あの時、俺と高山さんにプール掃除の刑がいいわたされたんだが、あらかた掃除してあるとは言え、このプールを二人で磨くのはまぁ不可能だ。 そんなわけで、プール掃除を言い渡された翌日、俺は孝弘と音羽に協力を仰いだってわけだ。 孝弘は小言を言いながらも、以前俺が孝弘にペナルティーの掃除を言い渡されたこともあり、快く受けてくれた。 音羽のほうも 『はぁ、そんなに私に後輩とのイチャイチャシーンを見せたいのね。 しょうがないわ、初めてのカノジョだものね。 付き合ってあげるわよ』 と皮肉を口にしながらも俺の頼みを受けてくれた。 「いいんだよ。 それよりもさ、お前らどこまで進んでるわけ? というか付き合い始めてどのくらいなんだ」 孝弘はというと、俺と高山さんの関係に興味津々らしい。 とはいっても、正直にいいってまったく人様にいうような進展はないわけで 「付き合い始めてまだ一週間ぐらいしかたってないし。 まぁ、ぼちぼちだな」 としか答えられない。 「なるほど、出来たてほやほやってわけか。 これからが楽しみじゃねぇか」 「でも、明日はデートの約束があったな……」 何の気なしに口にしたのだが、その瞬間、孝弘のデッキブラシで床をこする手がとまる。 おい、どうした。 急に怖い表情をして。 「コノヤロー。 表情一つ変えずとんでもないこと言いやがって……。 リア充死すべし、慈悲は無し」 うつむいていた孝弘が床に転がっていたホースをつかみ取り、俺に向かって突然ぶっかけてきた。 「おい、水かけるのはやめろ」 「うるせぇ、濡れても、幸せならOKだろ」 おい、なんだその理論。 まぁ、言い返しても意味ないだろう。 っていうか俺もつい最近まで孝弘側の人間だったわけだし、孝弘の言いたいこともわからないわけではない。 非リアは、幸せオーラを何の気なしに垂れ流してる人間ってのを「幸福ハラスメント」をやっている人間としてあつかい、祝福と憎悪を込めた視線を送るのである。 「待ちやがれ」 追いかけてくる孝弘。 「うらやましいならお前も恋人を作るんだよ」 「うるせぇ。 くらえ!」 煽る俺の顔面にホースから放たれた激流が的中する。 あまりの水の勢いに、目が開けられない。 多少は幸福税として赦してやろうと思っていたが、孝弘、それはやりすぎだ。 「やりやがったな」 俺はそのまま、ホースのノズルを俺のほうにむけていた孝弘にタックルを決めると、孝弘を道ずれにしながら、プールのくぼんで少し水のたまった部分に倒れこんだ。 そのまま二人して仰向けになって空を見上げる。 真っ青な空は雲一つなく、透き通っていた。 掃除は始まってすぐだというのに、水でびしょびしょに濡れてすこし気持ち悪い。 でもなぜかそれが心地よい。 「孝弘」 隣に寝転んだ相方に声をかける。 「なんだ?」 「確かにお前の言うとおりだ。 幸せならOKだな」.

次の

でも幸せならOK!です [ニコニコあっぷる]

でも 幸せ なら ok です

(26)と小室圭さん(26)の結婚延期をめぐって、週刊誌などの報道がエスカレートしている。 宮内庁は2020年に「延期」すると発表したが、小室さんの母に関する「金銭トラブル」報道などもあり、「延期」の意味についてさまざまな観測が出ている。 そういえば、「あの人」はこの状況をどう受け止めているのか。 受験期に眞子さまの写真を携帯電話の待ち受け画面にしていて、婚約報道に「ショックです」と嘆きながらも、「まあ、でも幸せなら...... OKです!」と親指を立てた、あの若者である。 「先に謝りたいです」 2017年5月16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)をきっかけに、その若者は脚光を浴びた。 名前は、野村光平さん(20)。 青山学院大2年の学生だ。 野村さんはあの日、サークルの呑み会帰りに渋谷駅を歩いていた。 同番組のスタッフが偶然にも、眞子様の婚約報道について街頭インタビューをしており、野村さんは「(受けに)行くしかない」と決断。 大学受験期に眞子様の写真を壁紙にして「がんばろう」と気持ちを高めていた背景があるからだ。 野村さんは番組の取材に「マジでショックです」と嘆きつつも、笑顔で「まあ、でも幸せなら...... OKです!」と親指を立てた。 この「親指」画像がツイッターで拡散され、たちまち人気者に。 「ファンのかがみだ」と称賛の声が続出した(詳細は姉妹サイト「Jタウンネット」の単独インタビュー記事まで)。 野村さんはあくまで、眞子さまが幸せなら「OK」だった。 さぞかし今回の「結婚延期」報道で、心を痛めているのでないか。 J-CASTニュース記者はそう思い、本人にツイッターのメッセージで取材することにした。 野村さんは、結婚延期への感想をたずねた記者にこんな事情を明かした。 「このことに関して、先に謝りたいです。 8月から12月までタイにいて、帰国した2日後からスキーし、成人式前後以外ほとんど山にこもっていたので、このこと(編注:結婚の延期)に関して知ったのは大会後です」 17年12月から18年2月まで山にこもっていて、2月上旬の「結婚延期」報道を知らなかったという。 野村さんは、大学でスキーのサークルに所属しており、長野県白馬村で2月25日〜3月2日に開催される第45回全国学生岩岳スキー大会(基礎スキーの部)に参加していたのだ。 野村さんは初出場だったが、個人演技の部門で、サークルで出場した4人中ただ1人、決戦に勝ち上がった。 そして見事、303人中224位の成績をおさめた。 この結果については、同サークルがツイッターで「決戦に出場した彼の順位は303人中224位というものでした。 しかし、彼はショックは受けていません。 そう『幸せならOK』なのですから」と紹介し、 「幸せならおっけーの人、才能ある人だったんか!」 「心がイケメンなうえにスポーツマンのイケメンでもあったのか」 「でも幸せならOKですさん、ただ者じゃなかった... 」 と反響を呼ぶことに。 「周りがとやかく言うことではないのでは」 野村さんが眞子さまの結婚延期を知ったのは、この大会を終えた後だった。 報道について感じたのは、「みなさんが求めてる答えとは違うと思いますが、ただただ残念だなと思います」という。 「小室さまのご友人、ご家族関係に関しては、実際そこまで注意することではないと思いますが、ご結婚相手が、皇族の方というので、気になるところかと思いますが、そこに関しては当人同士の気持ち次第なので、周りがとやかく言うことではないんじゃないかな?と思います」 そして「眞子さまに対しどうこう言える立場ではありませんが」と前置きした上で、 「眞子さまが幸せならOKです!! 幸せでなければ、スキーでもして、気分を発散してください!笑笑」 とエールを送っていた。 外部サイト.

次の

でも幸せならOKですとは (デモシアワセナラオッケーデスとは) [単語記事]

でも 幸せ なら ok です

(26)と小室圭さん(26)の結婚延期をめぐって、週刊誌などの報道がエスカレートしている。 宮内庁は2020年に「延期」すると発表したが、小室さんの母に関する「金銭トラブル」報道などもあり、「延期」の意味についてさまざまな観測が出ている。 そういえば、「あの人」はこの状況をどう受け止めているのか。 受験期に眞子さまの写真を携帯電話の待ち受け画面にしていて、婚約報道に「ショックです」と嘆きながらも、「まあ、でも幸せなら...... OKです!」と親指を立てた、あの若者である。 「先に謝りたいです」 2017年5月16日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日系)をきっかけに、その若者は脚光を浴びた。 名前は、野村光平さん(20)。 青山学院大2年の学生だ。 野村さんはあの日、サークルの呑み会帰りに渋谷駅を歩いていた。 同番組のスタッフが偶然にも、眞子様の婚約報道について街頭インタビューをしており、野村さんは「(受けに)行くしかない」と決断。 大学受験期に眞子様の写真を壁紙にして「がんばろう」と気持ちを高めていた背景があるからだ。 野村さんは番組の取材に「マジでショックです」と嘆きつつも、笑顔で「まあ、でも幸せなら...... OKです!」と親指を立てた。 この「親指」画像がツイッターで拡散され、たちまち人気者に。 「ファンのかがみだ」と称賛の声が続出した(詳細は姉妹サイト「Jタウンネット」の単独インタビュー記事まで)。 野村さんはあくまで、眞子さまが幸せなら「OK」だった。 さぞかし今回の「結婚延期」報道で、心を痛めているのでないか。 J-CASTニュース記者はそう思い、本人にツイッターのメッセージで取材することにした。 野村さんは、結婚延期への感想をたずねた記者にこんな事情を明かした。 「このことに関して、先に謝りたいです。 8月から12月までタイにいて、帰国した2日後からスキーし、成人式前後以外ほとんど山にこもっていたので、このこと(編注:結婚の延期)に関して知ったのは大会後です」 17年12月から18年2月まで山にこもっていて、2月上旬の「結婚延期」報道を知らなかったという。 野村さんは、大学でスキーのサークルに所属しており、長野県白馬村で2月25日〜3月2日に開催される第45回全国学生岩岳スキー大会(基礎スキーの部)に参加していたのだ。 野村さんは初出場だったが、個人演技の部門で、サークルで出場した4人中ただ1人、決戦に勝ち上がった。 そして見事、303人中224位の成績をおさめた。 この結果については、同サークルがツイッターで「決戦に出場した彼の順位は303人中224位というものでした。 しかし、彼はショックは受けていません。 そう『幸せならOK』なのですから」と紹介し、 「幸せならおっけーの人、才能ある人だったんか!」 「心がイケメンなうえにスポーツマンのイケメンでもあったのか」 「でも幸せならOKですさん、ただ者じゃなかった... 」 と反響を呼ぶことに。 「周りがとやかく言うことではないのでは」 野村さんが眞子さまの結婚延期を知ったのは、この大会を終えた後だった。 報道について感じたのは、「みなさんが求めてる答えとは違うと思いますが、ただただ残念だなと思います」という。 「小室さまのご友人、ご家族関係に関しては、実際そこまで注意することではないと思いますが、ご結婚相手が、皇族の方というので、気になるところかと思いますが、そこに関しては当人同士の気持ち次第なので、周りがとやかく言うことではないんじゃないかな?と思います」 そして「眞子さまに対しどうこう言える立場ではありませんが」と前置きした上で、 「眞子さまが幸せならOKです!! 幸せでなければ、スキーでもして、気分を発散してください!笑笑」 とエールを送っていた。 外部サイト.

次の