河合奈保子夫。 河合奈保子は脳出血になった?ジャッキーチェンや西城秀樹との関係は?

河合奈保子、娘kahoは歌手デビューしたのに消えた理由は⁈夫は在日⁈

河合奈保子夫

Contents• 河合奈保子【プロフィール】 本名 金原奈保子 生年月日 1963年7月24日 出身地 大阪府住吉区 血液型 O型 河合奈保子の【来歴】デビューのきっかけ・現在の活動 【デビューのきっかけ】 1963年に会社員の父親の長女として大阪府で誕生。 1歳のころに大阪の八尾に引っ越し、2歳の時に東京の世田谷区に引っ越す。 父親が転勤族だった為、幼少期は引っ越しの多い生活を送っていた。 中学2年生の時に、「スター誕生」に応募するも落選。 高校生で西城秀樹主催の「HIDEKIの弟妹オーディション」に応募しデビューのきっかけを得る。 デビュー後は歌手としてブレイクする。 【これまでの来歴・出演情報】 デビュー後は、数多くのヒット曲を出す。 アイドル歌手としての活動だけでなく精力的に数多くのドラマやCMに出演。 たくさんのサスペンスドラマに出演。 主に西村京太郎・山村美沙サスペンス。 NHK紅白歌合戦にも6年間連続出場を果たす。 【事故・事件】 1981年。 東京都渋谷区にあるNHKホールで人気歌謡番組「レッツゴーヤング」のリハーサルに参加していたが、リハーサル中にステージからセリに転落。 第一腰椎圧迫骨折・頭部座挫傷の全治2か月のケガを負った。 【2017年10月現在の活動】 1996年にヘアメイクアップアーティストの金原宣保氏と結婚した後は長期休業という形に入っており、2017年現在、目立った活動はしていない。 point 582 1 河合奈保子の【性格・エピソード】 性格は天真爛漫で素直な性格の持ち主だと言われています。 その天真爛漫で素直な性格であったからこそ、たくさんの幅広い世代に愛されたのはいうまでもないですね。 アイドル歌手として華々しくデビューし活動していた河合さんですが、当時は水着での撮影が多かったようで歌手であるのになぜ、水着を着て撮影をしなければならないのか?とアイドルとしては悩んだ日もあったそうです。 【噂話その1】河合奈保子の旦那様は在日韓国人? アイドルとして人気だった河合奈保子さんが人生のパートナーとして選んだのはヘアメイクアーティストの金原宣保さん。 美容室FACE-Tの設立者でもありオーナーでもあります。 宇多田ヒカルさんなどを輩出したと言われていますね。 その金原さんが、実は在日韓国人ではないか?という噂が浮上しています。 在日韓国人でないか?と噂されたのは、金原という苗字が関係しているのではないか?とのことですがただ単に在日韓国人の方の苗字に金原姓が多いからと、まあ単純な理由のようですね。 ですがウィキペディアなどに日本のヘアメイクアーティストとして紹介されていますので事実は違うのではないかなと考えられます。 point 360 1 【噂話その2】河合奈保子の元カレは香港スターのあの人? 河合奈保子さんは小さいころから胸が大きかったため、それがコンプレックスとなり男性に対してもオクテだったと言われ、現役時代に恋のお話のような浮いたものはほとんどありませんでしたがあの、ジャッキーチェンが彼氏なのではと囁かれたことがありましたが知っていますか?香港スターのジャッキーチェンです!あんな大スターと付きあっていたなんて羨ましいかぎりではありませんか。 ですが、河合さんが付き合っていますと認めたことはありません。 もちろんジャッキーも。 ジャッキーは当時、すでに結婚していましたし。 ではなぜ、2人が付き合っていると噂になったのでしょうか?ジャッキーと河合さんは愛のセレナーデという曲でデュエットしていますのでそれが元になって、当時、浮いた話が一つもなかった河合さんにつながってしまったのではないかとの見解になっているようですね。 point 442 1 まとめ こうやってみると、河合さんが素敵な女性だとわかります。 浮いた話も特になく旦那様と現在は、海外で生活されてらっしゃるみたいです。 笑顔がとてもキュートな河合さんの復活はないのでしょうか?楽しみに待ちたいと思います。

次の

「NAOKO FAN MEETING」再会の夏 2016|COLUMN

河合奈保子夫

1980年代のアイドルとして一世を風靡した河合奈保子(かわいなおこ)さん。 当時のキャッチコピーは 西城秀樹の妹でした。 愛くるしい笑顔で、どこか憎めないキャラとしてファンも多かったと思います。 最近は、メディアで拝見する機会がめっきりと減ってしまいましたが活動はされているんでしょうか。 河合奈保子さんのプロフィール 本名:河合奈保子(かわいなほこ) 生年月日:1963年7月24日 出身地:大阪市住吉区 身長:160㎝ 血液型:O型 出典先:wikipedia 生まれが大阪市の河合奈保子さん。 一般家庭の長女として誕生しました。 父親の仕事の都合で転勤が多かったものの、高校時代まで大阪で過ごされています。 高校生時代に新人発掘コンテスト 「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」に応募し、最終的に決勝まで勝ち残り、アイドル歌手としてデビューを果たしました。 西城秀樹さんがお亡くなりになった時は、とても心痛だったようでコメントも残しています。 あまりにもショック過ぎて、言葉がでません。 秀樹さんに、ただただ、多くの感謝の気持ちをお伝えしたい想いでいっぱいです。 西城秀樹さんに、ずいぶん可愛がってもらっていたのかも知れません。 アイドル時代には、NHKホールでのレッツゴーヤングのリハーサル中に誤って転落し、腰椎圧迫骨折の重傷を負っています。 とにかくアイドルとしての勢いはもの凄く、1982年~1987年までに出したシングル18枚は、オリコントップ10位内に入り続けていました。 その他にはデビュー当時しばらくの間、全く化粧をしなかったことでも話題になっています。 河合奈保子さんは結婚して夫や子供がいる?娘が元歌手ってホント? 1980年代アイドルとして人気絶頂を迎えていた河合奈保子さん。 1996年にヘアメイクアーティスト金原宜保さんとの電撃婚約会見を行いました。 金原宜保さんは、宇多田ヒカルさんや倖田來未さんなどといった有名アーティストのヘアメイクにも携わったことがあるんだとか。 お2人の出会いは、河合奈保子さんがCMに出演する際、金原宜保さんがヘアメイクを担当したことがキッカケになったということです。 そんな河合奈保子さんと金原宜保さんの間には、お子様が2人いらっしゃいます。 お1人は1997年に出産をした男の子。 もう1人は1998年に出産をした女の子になります。 長女の方は kahoという名前で2013年、15歳の時に歌手デビューを果たしています。 ラジオパーソナリティにも挑戦したりしていましたが、現在は引退状態にあるということです。 河合奈保子さんの現在は?病気ってホント? 1980年代アイドルの第一線で活躍をした河合奈保子さん。 今でも現役復帰する可能性について示唆をしており 今は専業主婦がメインだが、音楽活動が出来ることになれば皆さんの前できちんとご挨拶できたら良いです このようにおっしゃったこともあります。 色々と調べたところ、現在はオーストラリアに家族で住んでいるようです。 河合奈保子さんが大のオーストラリア好きで、過去に何度も訪れたことがあるということです。 病気というキーワードも出てきたのですが、河合奈保子さんの名前に似た芸能人の 河合美智子さんと間違われて検索されているようでした。 今でも元気に家族と過ごされているということなので、いずれメディアの前に登場して欲しいと思います。

次の

忽然と消えた「あのいい女」大捜査線(3)<人気アイドル>復刻ブームも復活しない河合奈保子

河合奈保子夫

ピークが短いのがアイドルの宿命と言えるが、それにしても、あまりにも早いお別れであった。 あの可憐な少女たちは今、どうしているのか。 みうらじゅんが「青春ノイローゼ」と表現したのは名言である。 それほど 栗田ひろみ(61)のアイドル時代は愛らしく、映画「夏の妹」(72年、ATG)や森永チョコレート「小枝」のCMなどで人気が爆発した。 それでも80年で引退してOL生活を経験し、翌年に会社経営者と結婚。 都内の高級住宅地に住む栗田を直撃すると、当時と変わらぬ笑顔で答えた。 「引退から35年以上もお仕事していませんでしたが、一度だけ引き受けたのが『放課後』DVD(06年)のオーディオコメンタリーでした。 共演の地井武男さんと楽しくお話しできましたが、それから何年後かに亡くなられたのは残念でしたね」 ここ数年、猛烈な復刻ブームとなっているのが 河合奈保子(55)だ。 97年の第一子出産から一切、活動をしていないが、写真集やライブDVDなどはいずれも大ヒット。 80年代アイドルきってのグラマラスボディは、時間を超越するようである。 さらに「秀樹の妹オーディション」が出発点だった河合は、今年5月16日の西城秀樹の訃報に、在住するオーストラリアから久々に公式コメントを寄せている。 「余りにもショック過ぎて、言葉が出ません。 秀樹さんにただただ、感謝の気持ちをお伝えしたい想いで一杯です」(原文ママ) 河合より1年早く、79年にデビューした 倉田まり子(57)は、激流に飲み込まれた。 85年に起きた「投資ジャーナル事件」で、中江滋樹会長の愛人説が飛び出した。 倉田は否定したものの、これを機に引退。 その後、法律事務所の秘書や予備校の講師を経て、キャリア・カウンセラーとして独立。 大学生の就職指導などで手腕を発揮している。 芸能マスコミとは厳格な距離を置くが、一方で自身が出演したドラマの再放送やCD発売などには寛容な態度を見せている。 「普通の女の子に戻りたい!」 芸能史に残る絶叫でキャンディーズが解散したのは、今から40年前の78年のこと。 結果的に3人ともそれぞれ芸能界に復帰したが、ミキこと 藤村美樹(62)は期間限定のカムバックだった。 11年にスーこと田中好子が亡くなると、ランこと伊藤蘭とともに弔辞を読み、変わらぬ絆を見せたことも。 藤村自身は復帰の意思はないが、娘の尾身美詞(34)は青年座所属の女優として、堅実に活動中である。 同じ渡辺プロの後輩だった 三木聖子(61)は、デビュー曲の「まちぶせ」を石川ひとみがカバーして大ヒット。 自身のアイドル活動は2年だけと短命だったが、現在は仙台市内で「MuMu」というスナックを経営。 さて、日本でアイドルという呼び名が定着したのは71年のこと。 その第1号とされるのが、シンシアこと 南沙織(64)だ。 沖縄からやって来た妖精は、これまでの日本の芸能界にいなかったタイプとして人気が爆発する。 引退後は篠山紀信夫人として3児の母となったが、今なお親交のある麻丘めぐみが意外な素顔を教えてくれた。 「集まって飲むと、シンシアの焼酎をあおるペースがすごいんです。 それでいつも次の日に二日酔いを訴えてくるんですよ」 いつまでも「17才」ではないのだ。 南沙織、小柳ルミ子とともに三人娘と称された 天地真理(66)は近年、その窮状がたびたび取り上げられる。 かつて「白雪姫」と呼ばれたトップアイドルは現在、川崎市内のシニア専用有料ホームに入所している。 ただし、自身の弁によれば、 「若い時の浪費癖がたたって、蓄えはないんです。 ファンクラブの人がカンパしてくれて、感謝の言葉しかありません」 最後は、15年にコカイン所持で逮捕された 高部あい(30)である。 このことで事務所を解雇され、ドラマ収録部分もカットされるなど、影響は大きかった。 逮捕当時、高部は妊娠7カ月であることが報道されたが、その翌年に弁護士との同棲と妊娠7カ月であることが本人直撃で判明した。 逮捕時の妊娠はどうなったのか。 気になるところだが、いずれにせよ、高部に芸能界復帰の意思はないようだ。

次の