宮本 浩次 ツイッター リアルタイム。 沢田研二 X 宮本浩次

エレカシ宮本さん指輪をはめてチャラチャラしたい理由は?

宮本 浩次 ツイッター リアルタイム

スポンサーリンク 宮本浩次の出身地 宮本浩次さんは、東京都北区赤羽の出身です。 北区立赤羽台中学校時代に、ディープ・パープル、レインボー、RCサクセションなどのコピーバンドを組み、翌年には、地区予選に出場し、のちにデビュー曲となる「デーデ」を作り披露し、エレファントカシマシがスタートしました。 宮本さんは赤羽出身ですが、特に赤羽に思い入れはないと語っています。 しかし、アルバムのジャケットが赤羽の商店街の写真だったり、1997年に大ヒットした「今宵の月のように」のプロモーションビデオに赤羽の新川土手が登場したり、赤羽台団地内でプロモーションビデをを撮影したりしています。 この赤羽台団地は、実は宮本さんの実家。 宮本さんは、24歳で実家を出て一人暮らしするのですが、暮らした場所は、なんと同じ団地の別棟。 理由としては「ご飯を食べに行けるから」とのことで、実際、24歳の時に大失恋をしてライブもほとんどできないほどブルーになっていた宮本さんは、1ヵ月の半分は実家でご飯を食べていたとか。 スポンサーリンク 宮本浩次の家族 宮本浩次の父親は雪印? 2002年に閉鎖してしまいましたが、雪印乳業の東京工場が東京都北区にあり、宮本さんの父は営業マンとして働いていました。 このことは、2008年に「宮本浩次100問突撃」というインタビューをされた際、ミュージシャン以外の仕事をするならの問いに「スーツを着て、サラリーマン」と答え、父が雪印の営業マンだったことを告白しています。 宮本さんは、デビュー当初は、父親に借りたジャケットをステージ衣装として着ています。 そんな父親は、音楽活動に反対していたようです。 宮本浩次の5歳年上の兄貴 宮本さんには、5歳年上の兄がいます。 年が離れていることもあり、小さい頃から可愛がられていて、「僕は猫かわいがりだった」と語るほど、ひたすら愛をそそがれていたようです。 宮本浩次の最愛の母親 小さい頃、家族で初詣に車で行く時には、宮本さんと一緒に、後ろの座席に座り歌っていたという母は、バンドをすると言った時にも賛成してくれた、宮本さんの唯一の理解者だったようです。 エレカシのライブを見にきた71歳だった母は、耳栓をしてきたとか。 理由は「あんたの声がうるさいから」。 スポンサーリンク ボーイ・ソプラノのスターだった小学生時代 【本店2F野球ジャケ新入荷】NHKテレビ『みんなのうた』より'76年に発売された宮本浩次のシングル『はじめての僕デス』。 エレファントカシマシのヴォーカリスト小4時代のソロデビューシングルであることは、もはやファンのあいだでは常識ですが、歌い方が既にエレカシ宮本になってることに驚くよね。 — サウンドパック本店 中古レコード・CD soundpak 宮本さんは、小学校3年生から5年生までNHK東京児童合唱団に入団して、声楽指導を受けていました。 ソロを任されるほど歌が上手くて、ボーイ・ソプラノのスター的存在でした。 NHK教育の「みんなのうた」で、小学生時代の宮本さんの歌声が流れていました。 あるテレビのトーク番組で、泉谷しげるさんにその話しをすると「だからか~」と泉谷さんが納得。 だから宮本さんの声は良いとのこと。 この合唱団を勧めてくれたのが母親でした。 歌が好きだった宮本さんを合唱団に入れちゃおう!と入団させたそうです。 小学5年生の時、歌うことが恥ずかしくて辞めてしまいましたが、母親には照れながらも感謝していたそうです。 カテゴリー•

次の

エレカシ宮本さん指輪をはめてチャラチャラしたい理由は?

宮本 浩次 ツイッター リアルタイム

「宮本独歩」の逆さ文字が張られる、カメラだらけのスタジオにてライブはスタート。 宮本、冒頭に『コンサートを行うことになりました、ありがとう。 これは俺のサインなんだけど、弾き語りでやりますので、リラックスして楽しんでください。 嬉しい』 M1 夜明けのうた ソファに座りつつ、本当の一人弾き語り。 「明日が私を誘いに来る」で立ち上がり、作業場の全貌も映像に。 緩急が絶妙!切なく歌うところは繊細に、咆哮部分はド迫力に、リズミカルなところは跳ねるように。 曲後、宮本の後ろにはツの帽子も見える。 『作業場ってのは、聞き慣れない緊急事態宣言の時に、を毎日あげたりしたところだから、そこでやれて嬉しい。 聞いてください』 M2 本当にカメラマンさん一人も入っていないため、リモートでカメラが動き回る。 くしくも今年はリモートという言葉が流行りましたが、ここまでカメラもリモート出来るとは。 時に「男椅子」に足を挙げて、『私が負けるわけがない』はこちらが震えるほどの出来。 アウトロのギターと決め台詞もバシッと決まる。 『ありがとうございます』と一礼。 『寒いかなと思ったら暑い』とジャケット脱ぎ。 『カメラ博物館並みに凄い』。 M3 孤独な旅人 俺の配信環境ではここで詰まる・・・、二番以降復活。 ドラム部分でリズミカルに歌う宮本。 ソファに立ち上がる宮本(熱が入ってきた証でもある)。 『エブディバディ新しい旅に出よう』からはドラムに座り、そしてまた立ち、縦横無尽。 『行こうぜエブリバディ』と戯けて倒れる。 『本当に、一人なのでなんでもやれます。 全部ライブが中止になってしまったので、結構楽しみにしてきました』。 『この曲みんなに捧げます。 悲しみの果て聞いてください』 M4 悲しみの果て このボーカルの安定力!芯部分が全くブレていない(ギターは少しブレた)。 『部屋を飾ろう』では宮本茶器がたくさん映るシーンも。 M5 解き放て、我らが新時代 『これはなんだろう』と宮本がスイッチオン、SEが流れる中、宮本はド迫力のボーカル、『サンキュー!』と自らマックを止める。 水を持ち「いやいやいや、ありがとうエブリバディ!」 M6 going my way ギターを持ち直し、喉仏あたりから汗を滴り落としながらの絶叫。 間奏のソロギターは外しまくり。 何かを持ちにいく宮本、CM対象のらしきものを取りに行って、マイクから外れてします(本末転倒ですよ先生!)。 曲後『ありがとうございました』と一礼。 『次の歌、こんな感じで大丈夫?思いがけずこんなステージになりました。 行こうよ』。 M7 きみに会いたい-Dance with you- 高音もよく出る!宮本もこのシチュエーションに慣れてきたのか、ボーカルとギターの力の入れ方のバランスがちょうど良く感じられる。 ギターを置き、水を飲み小休止。 『で30周年を祝ってもらって、ソロ活動の第一弾がコラボだったんですね。 獣ゆく細道が第一弾した。 これマイクで言わなくていいよね、ついマイクで言ってしまう。 いろんなパート一人でやりますんで』。 M8 獣ゆく細道 マイクを意識しなくなった宮本。 さんのパートも忠実に再現。 ただ本当に一人でボーカルもやっているため、ギター部分が少しお留守気味か。 『イェーイエブリバディ!』『さっきお弁当食べました』と言いつつマイクをセッティングする。 M9 俺たちの明日 冒頭からややカメラ目線気味、こちらは引き慣れているせいもあるのか、前曲に比べればギターは安定しているように聞こえる。 『今はそれぞれの道をゆく』で外に飛び出し、非常口、さらにその外のドアに(いつかのスッキリ!のようだ)、定位置に戻り「がんばろうぜ」。 「二十代」はギターを止めて語りかけるように。 ラストもグリップ感しっかりと。 自らクーラーを強にする宮本(笑)、『コンサートって熱量すごいね。 感想なんでも言ってもらってもいいよ、聞こえないけど。 みんないい顔してるぜ、見えないけど。 みんなに歌を歌えて幸せと言ったらなんだけど』。 M10 イントロ時点で俺が「おおっ!!」と吃驚してしまった。 まためちゃくちゃ上手いんですよ、我がモノにしつつあるというか。 歌詞の風景が浮かぶように感情が織り交ぜられていて、コラはさんファンに「どうでしょうか」と強くおすすめしたくなる出来。 今後のライブの定番となるか。 自らギターの調整を行う(本当に一人でなんでもやる男)。 M11 珍奇男 前曲との落差がすごい。 しかしギターはキレッキレ。 頭を振りかぶりながら「お金を投げてね」、顔も皮肉を効かせるソロの珍奇男。 『ここまで苦労を重ねてきた』でまさかの転調。 M12 デーデ 悪態ズラで皮肉たっぷりに歌う。 『もしも君に友達が』では足踏み、ソファーに座ったり、寝転がりながら好きに歌う。 『ララララ』から急激にスピードアップのままエンド。 『懐かしいデビュー曲、デーデでした』。 『気分直しにの名曲』。 M13 明日以外全て燃やせ イントロも自らのボーカルで再現。 少しギターが外れ気味か。 間奏部分もボーカルで表現、本当は今日は一人多芸。 途中でギター間違え「ヤベッ」と呟く場面も。 机上のセットリストを確認しながら『エブディバディ!』 M14 旅に出ようぜbaby 高音もなんとか出るが、歌詞は飛びがち。 自分でリズムを取り戻そうとするものも、厳しい部分も出てしまう。 落ち着いて歌って曲自体の完成度を高めてくれ先生。 『いやー、どうだった?うーん、きっとカッコよく撮れてると思うんで、実はこれはずっと準備していて、けれど出来なかった。 でもこういう形で素敵なコンサートが出来た。 みんなありがとう』。 M15 昇れる太陽 やはりCD音源と比べてしまうと、この曲の魅力である冒頭の激しさは見劣りしてしまう。 全力を出してきたのか、腰を据えてギターとボーカルに懸命!高音部分はアカペラに近い形で歌う場面も。 みんなに祝福あれ!』。 M16 ハレルヤ 足踏みもしながらに軽やかなスタート(このスタジオは足踏みがよく響く)、ライブも終盤となった開放感かさらにスタジオを歩き回り、またドラムの席でも歌う。 『みんなありがとう、最後まで付き合ってくれてありがとう。 このライブ、面白かったぜ!二部もあるんだけどビールでも飲んで、THE SHOTもあるからこれでも飲んで、また会おうぜ!全く見えないけど』。 スタジオ退場でエンド。 2020 612 バースデイコンサートat作業場 「宮本、独歩。 俺も何も無ければ「ライブ」に2~3本は参戦していたと思うのですが、現実がこんなことになってしまったので仕方ない。 せめて元気に健康なことに感謝しつつ、明日を万全な体制で楽しみたいと思います。 個人的に楽しみなのは「夜明けのうた」。 出だしからの美しさをソロの無観客ライブという場でどう栄えるのか。 またこういった事態になってからナマの宮本が歌う、話すことを聞く機会も滅多になくなってしまったので、どんなMCをするのか 淡々と進める気がしますが 、サポートメンバーは出るのか、セットリストはどうなるか。 楽しみは尽きません。 -日比谷はどうなるのだ。 こちらはあまり明るい見通しがなさそう。 一応使用は再開されていますが・・・。 ただでさえチケットが超難関となっている日比谷で、半数以下のお客さん、立ち見不可となるとレアというレベルではなくなってしまう。 PAOの発送が非常に遅くなっているのもこの日比谷をどうするのか決めかねているのかなと推測してしまいますし、こうなったらこちらも無観客生中継ライブというのもアリかもしれません。 しかし仮に仮にそうなってしまったら「期待溢れる満員のお客さんと都心の高層ビルの公園でのライブ」という独特の環境の要因の一つがなくなってしまいそうで非常に寂しい。 けれど4人のライブは見たい。 まあ、今、日比谷のことを考えても 少なくても我々は どうしようも出来ないので、明日のの誕生日、そして「いつもの作業場」での「弾き語り」を目一杯楽しもうと思っています。 -一向に抜け出せない沼。 世の中がこういう状況なので、などもよく見ているのですが、に嵌まってしまった。 特にドキュメンタリー関係が異常に多いので、例えば「戦中戦後のドキュメンタリー」という検索をしてもライブラリーが多くて抜け出せない。 ましてや「見逃し配信」があるので、日に日に配信数が増える。 別に全部見る義理は一切ないのですが、どうして大戦へ向かったのか、また戦後政治史あたりは非常に興味があるので、関連本と一緒に見ています。 が、一向に抜け出せない。 まあいいや、勉強オレだ。 どんだけ更新してなかったんでしょうか。 が出始めてから どうしてか分からないけれど 音楽をあまり聴く気にもなれず、ましてやのライブも中止となってしまって、呆けてしまったという表現が正しいか分かりませんが、本ばかり読んでいた。 のネクタイの話も面白かったけど、更新のタイミングを逃してしまった。 けれど「ライブ」となれば!。 2020 612 バースデイコンサート at 作業場「宮本、独歩。 」ひきがたり 開催決定! 「2020 612 バースデイコンサート at 作業場「宮本、独歩。 」ひきがたり」の開催が決定しました。 オンデマンドにて無料でされます。 しかも無料!に入っていない方も、入会登録をすればアプリかウェブから見られそうです。 それが気に入れば ? 7月26日にで本放送されるので、デカいテレビで見たり、録画して何度も見たり、その先にはやDVD化が待っていそうです。 も中止となり、経済はおろか文化面もどんどんしてしまいそうな世の中で 、、、もえらい大打撃だと思います 、宮本が良い意味で新しい試みをしてくれるのは本当に嬉しい。 無観客になってしまうのは残念だけれど、どんな曲をやるのか、サポートメンバーは駆けつけるのか、約1ヶ月後の金曜夜は尽きない尽きない楽しみが待っていそうです。 もこのパターンでライブをやれないか!。 無料もいいけれど、良いライブだったらどんどんお金も払いたいですしね。 しかし、日々「いいことないかな」と『雨の日に... 』ばりに呟いています。 最近はやや明るい兆しが見えてきた、かな。 来月のライブ無料配信をただひたすらに待ち続けたい。

次の

宮本浩次と阿川佐和子の対談本「ガハハのハ」を読んで

宮本 浩次 ツイッター リアルタイム

エレカシ宮本さんの「チャラチャラしたい」発言 11月11日 土 のTOKYO FM「東京海上日動 Challenge Stories〜人生は挑戦であふれている」での生インタビュー。 パーソナリティは恵俊彰さん。 約25分にわたって放送されました。 また聴けない!?と思いましたが、「radikoタイムフリー聴取」で聴くことができました。 インタビューの内容で興味深かったのが宮本さんの「頭グシャグシャ」と「チャラチャラ」。 頭をグシャグシャすることについては「カッコよく見えるから」。 これは以前に何かの雑誌で見たことがある。 このインタビューでは、「憧れの清志郎を真似たわけじゃないけど、恥ずかしい時に頭をグシャグャするのは中学生ぐらいからのクセ」とも語られていた。 ・・・恥ずかしい時にするんだ。 けど、実はまた別にこんな理由があるらしい。 顔がハンサム過ぎるから、わざと小汚くするみたいな。 わざとドレスダウンしてたんです。 ・・・と、ここまで言っちゃうか~? ハンサム過ぎるって・・・・ いや、「ハンサム」って言葉、久々に聴いたし。 昔、メンバーの高緑さんに初めて会った時、あまりにも美形すぎて緊張したと言う宮本さん。 そんな純情な ? 宮本さんなのに・・・。 「趣味で自分の顔を見る」ともコメントされてるし。 いや~、ホントに正直な人だわ。 私が持っていたイメージとは違って、チョイ、ナルシストなところもあるのかも。 でもそんな彼もだんだん変わってきた? 昔、我慢してたことへの反動なのか、 最近はチャラチャラしたくて。 という、意外なコメント。 今までツッパって我慢してたのに、最近とかチャラチャラしたくて。 指輪もするわ…で、時計もこの前買っちゃって。 時計なんか小学校6年の時におばちゃんに買ってもらって以来なんですよ。 そのチャラチャラっていうのはちょっと照れ隠しもあるんだけど、何か自分自身に華が減ってきた分、ちょっと自分を鼓舞するというか・・・。 スポンサーリンク 指輪もする?衝撃写真発見! 指輪もするって、てっきり「RESTART」のMVの中のことでしょ~と思ってたんだけど。 ちょ~と意外だったんですけど。 っていうか、スーツにこの指輪はハッキリ言って似合わないよ~な・・・。 と私は正直、思ってしまったんですが。 昔からのファンの方はどう思われてるんでしょうか。 知りたいです・・・。 さて、 新曲のタイトルでもある「RESTART」 自分自身も「リスタート」なところがあるのかも知れないと語られていました。 「RESTART」って再出発ってことですか? と言う質問について熱く語っている時。 途中、恵さんに「すみません、言ってることが良く分からないんですけど」 と突っ込まれてました。 2人で「 笑 笑 」・・・でしたけどね。 恵さんは宮本さんのことをこう言われています。 「いつも正直に生きていると思う。 宮本浩次を漢字で表すと 「純粋」だ。 なんて真っ白な人なんだ。 純粋・・・ほんとにそうなんでしょうね。 宮本さんは笑いながら否定されてましたけど。 チャラチャラしたい理由とは 「今までの反動」と「現在の自分への鼓舞」ということなんでしょうか。 新しいことにチャレンジしててすごい。 昔から好きだと。 宮本さんのインタビューは2週にわたって放送されます。 今度はどんなコメントが飛び出すのやら。 HP上から放送の概要を見ることができます。 また、「自分自身を信じるようになり、怒りをぶつけることがなくなった」ことについても語っています。 」彼ですが、身ぎれいにすると自信を持って人と接することができるようになる。 なので、最近は寸暇を惜しんで洋服を買いにいくと。 黒と白のみのシンプルなイメージがあまりにも強い宮本さん。 過去「宮本浩次の10のルール」で語られた、「白と黒以外は着ない」というルールは変わったのかな? カラフルカラーの洋服もこれから選んだりするのかな? ファッション感が以前とは変わった様子。 どんな洋服を買うようになったんでしょう。 雑誌に掲載されている写真はいつもの「黒と白」で、指輪はしてませんでしたけどね。 年を重ねるにつれ、体にも気を遣われてきた様子で、煙草もやめ、お酒も週一しか飲まない。 そしてトレーニングを重ね、若い時よりもずっと体力があると。 それは すべては歌のために この一言。 なんだか、男に磨きがかかってきた宮本浩次。 ananの「大人の男」に選ばれたのもうなずける。

次の