リンクスメイト 評判。 リンクスメイトって評判どう?口コミ評価と実際に使ったレビュー評価

プラン・料金

リンクスメイト 評判

データ通信容量が1TBのプランは、通常のデータ通信容量は924GBとなり、残りの100GBにつきましては、1GBの追加容量チケット100枚を付与いたします。 追加容量チケットは毎月の決済成功時に付与し、有効期限は翌月末となります。 ゲーム連携を行うにはカウントフリーオプションのご利用が必要です。 3種類のSIMタイプについて、詳しくは。 ゲーム連携による毎月の特典はプランによって異なります。 詳しくは。 音声通話機能やSMS機能付きの場合、別途、が発生いたします。 価格表示はすべて「税抜き」です。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをお申し込みの際に自動でご利用いただける設定となります。 MatePhoneについての詳細は。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをお申し込みの際に自動でご利用いただける設定となります。 ご利用開始には設定が必要です。 設定方法は。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをお申し込みの際に自動でご利用いただける設定となります。 金額の変更はできません。 本制限額を超過しても直ちに利用制限されない場合があります。 本制限額を超過して利用された場合、いかなる事由においても当該利用により発生した料金の 減免はいたしません。 国際電話の通話料はNTTドコモのサイト 「 」をご確認ください。

次の

リンクスメイトの評判と口コミのまとめ、リンクスメイトはどんな会社? 使っている人達の満足度調査の結果

リンクスメイト 評判

データ通信容量が1TBのプランは、通常のデータ通信容量は924GBとなり、残りの100GBにつきましては、1GBの追加容量チケット100枚を付与いたします。 追加容量チケットは毎月の決済成功時に付与し、有効期限は翌月末となります。 ゲーム連携を行うにはカウントフリーオプションのご利用が必要です。 3種類のSIMタイプについて、詳しくは。 ゲーム連携による毎月の特典はプランによって異なります。 詳しくは。 音声通話機能やSMS機能付きの場合、別途、が発生いたします。 価格表示はすべて「税抜き」です。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをお申し込みの際に自動でご利用いただける設定となります。 MatePhoneについての詳細は。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをお申し込みの際に自動でご利用いただける設定となります。 ご利用開始には設定が必要です。 設定方法は。 音声通話機能付きのSIMをご利用のお客さまのみご利用になれます。 音声通話機能付きのSIMをお申し込みの際に自動でご利用いただける設定となります。 金額の変更はできません。 本制限額を超過しても直ちに利用制限されない場合があります。 本制限額を超過して利用された場合、いかなる事由においても当該利用により発生した料金の 減免はいたしません。 国際電話の通話料はNTTドコモのサイト 「 」をご確認ください。

次の

LinksMate(リンクスメイト)の格安SIM 評判・口コミ

リンクスメイト 評判

この記事の目次• LinksMate(リンクスメイト)の通信速度 LinksMate(リンクスメイト)とは、AbemaTVなどを提供しているサイバーエージェントの系列会社、株式会社LogicLinksが 2017年7月1日から提供を開始した格安SIMです。 対象ゲームアプリのカウントフリー機能などが注目ポイントです。 今回はそんなLinksMateについて解説していきます。 最初は、気になるLinksMateの通信速度について紹介していきます。 SIMチェンジではLinksMateの実効速度を測定していませんので、理論値をご紹介します。 LinksMate(リンクスメイト)モバイルの理論値(ベストエフォート)と実効速度 LinksMateの公式サイトで発表されている理論値は以下の通りです。 LinksMate 理論値• 下り最大988Mbps(1GBプラン以外の場合)/最大2Mbps(1GBプランの場合)• 上り最大131. 3Mbps/最大2Mbps(1GBプランの場合)• 低速通信時:上り下り最大200Kbps LinksMate(リンクスメイト)の通信制限について 低速時に3日間でデータ通信量が300MBに達した場合、データ通信規制状態になる場合があります。 4日目以降に過去3日間のデータ通信量が300MB相当未満になると自動的に解除となります。 データ通信規制状態の場合はカウントフリーオプションは有効にはならないこと、通信制限はグループに対して適用されるため、グループ内すべてのSIMカードで通信制限が行われることに注意しておきましょう。 また、大容量のデータ通信を長時間行った場合や、テザリングを利用し複数台からのデータ通信を長時間行った場合などにカウントフリーオプションの利用が一時停止となる場合があります。 ゲームやアプリ利用はできますが、すべてのデータ通信がカウント対象となりデータ通信容量を使用することになるので注意してください。 LinksMate(リンクスメイト)のおすすめポイントや注意点、評価・評判 LinksMateのメリット・デメリット、どんな人におすすめの格安SIMなのかなどを中心にまとめていきます。 LinksMate(リンクスメイト)のおすすめポイント・メリット LinksMateのおすすめポイントを以下に挙げてみました。 カウントフリーオプションと連携による特典などがおすすめです。 シェアSIMでグループを作るとおトク LinksMateはもちろん1人でも利用できますが、他社との一番の違いは「シェアSIM(グループ)で申し込むとおトク」という点です。 LinksMateのメインオプションである下記の「カウントフリーオプション」では、SIM1枚あたりではなく、1グループ単位につき月額540円でカウントフリーにできます。 グループは最大4枚までSIMを追加できるので、なかなかおトクではないでしょうか。 カウントフリーオプションで対象の通信量のカウントが90%以上OFFに 1グループにつき、月額540円でカウントフリーオプションを申し込めます。 低速モードでも対象の通信は高速なので、おすすめです。 カウントフリーの対象にはゲームアプリだけでなくSNSやAbemaTVなどのコンテンツサービスもあります。 ゲームと連携でアイテムが手に入る グラブルでおなじみの「グランブルーファンタジー」や「シャドウバース」では特別アイテムや毎月プレゼントを手に入れられます。 ゲーム連携サービスはグループ単位となり、1~5GBプランは1タイトル、10~30GBプランは3タイトルまでゲーム連携が可能です。 LP(リンクスポイント)支払いもできる クレジットカードを持っていない方などは、申し込み時にLPでの支払いを選択することも可能です。 LPは1LPから最大20万LPまで購入が可能で、マイページからLPがコンビニエンスストア決済や銀行決済などで購入できます。 ただし、LPで月次決済される場合は、翌月の月次決済額のLPも保有している必要があります。 また、LP支払い時の端末購入は一括支払いのみです。 LinksMate(リンクスメイト)の注意点・デメリット LinksMateの注意点やデメリットを挙げてみます。 docomo回線のみの取り扱い ドコモの回線を利用しているのでauやSoftBankの端末はSIMロック解除が必要です。 SIM削除事務手数料がかかる 解約金などはないものの、LinksMateのサービスから退会する場合はSIMカードの削除事務手数料(3,240円/SIMカード1枚ごと)がかかります。 カウントフリーオプションの利用停止の可能性がある 大量のデータ通信を長時間行った場合や、テザリングを利用して複数台からのデータ通信を長時間行った場合などはカウントフリーオプションの利用が一時停止となる可能性があります。 3日間通信制限がある 低速モード時に3日間でデータ通信量が300MBに達すると、データ通信規制状態になる場合があります。 データ通信規制にかかるとカウントフリーオプションが無効となるので注意です。 LinksMate(リンクスメイト)の格安SIM料金プランについて LinksMateの料金プランについてご紹介します。 LinksMate(リンクスメイト)の格安プラン LinksMateの料金プランは、データ+SMSのSIMとデータ+SMS+音声通話機能のSIMの2つのプランがあります。 容量は ライトユーザー向けの1GBから大容量の30GBプランまでの5つです。 最低利用期間もないので、 違約金を気にせず使えるのもいい点ですね。 また、 どの容量からでもデータシェアができる点も魅力的です。 LinksMate 月額料金 データ専用SIM 月額料金 データ専用 +SMS対応SIM 月額料金 音声通話付きSIM 通信速度 高速通信容量 SIM枚数 1GBプラン - 540円 1,188円 上り下りともに最大2Mbps 1GB/月 最大5枚 5GBプラン - 1,620円 2,268円 下り最大375Mbps/上り最大50Mbps 5GB/月 最大5枚 10GBプラン - 2,700円 3,348円 下り最大375Mbps/上り最大50Mbps 10GB/月 最大5枚 20GBプラン - 4,536円 5,184円 下り最大375Mbps/上り最大50Mbps 20GB/月 最大5枚 30GBプラン - 5,832円 6,480円 下り最大375Mbps/上り最大50Mbps 30GB/月 最大5枚 LinksMate(リンクスメイト)のオプション料金 LinksMateで提供されている各種オプションの月額料金と内容について紹介します。 留守番電話【324円/月】 ボイスメッセージを預かるオプション。 音声通話機能オプション利用の方のみ利用できます。 割り込み通話【216円/月】 話し中の通話を保留にしたまま、あとからかかってきた電話を受けられる機能です。 音声通話機能オプション利用の方のみ利用できます。 MatePhone【無料】 2018年2月1日より提供。 MatePhoneアプリから発信することで、国内通話料が21. 8円/30秒となります。 10分かけ放題オプション【918円/月】 2018年2月1日より提供。 MatePhoneアプリから通話をすることで、10分以内の通話なら何度かけても通話料金が無料になります。 10分を超えた場合でも、国内通話料が21. 8円/30秒となります。 TwitterやInstagram、Facebookに加えて多数のゲームやAbemaTVなどのコンテンツも対象。 こちらはSIM1枚あたりではなく、 グループ1つ(子回線SIM含む)につき540円/月となるのでとてもおトクです。 つながる端末保証 by LinksMate【540円/月・初月無料】 LinksMateで購入した端末なら、破損や水没などのアクシデントでもしっかり保証。 SIMカード申し込み時のみ受付できます。 i-フィルター for マルチデバイス【無料】 Webやアプリのフィルタリングを行ってくれるオプションです。 利用者が18歳未満の場合、無料で利用でき、利用者が18歳を迎えた翌月より利用が停止となります。 LinksMate(リンクスメイト)にかかる各種費用 基本利用料金のほかにかかる費用についてご紹介します。 登録手数料 3,240円 SIMカード追加・再発行・サイズ変更・削除 3,240円 SIMカード発行手数料 SIMカード1枚につき432円 追加SIMカード月額利用料 SIMカード1枚につき324円/月 MNP転出 1電話番号につき2,160円 通話料 21. 6円/30秒 38. 今回、比較対象にはカウントフリーオプションと似ているエンタメ・フリーオプションを提供しているを選びました。 特に大容量プランでは1,500円近くも差があります。 動画・音楽関連の対象サービスがカウントフリーになるBIGLOBEモバイルのエンタメ・フリーオプションは、対象サービスを一定量利用するという方にはおすすめできます。 しかし、ゲームアプリやSNSなどの利用が多いという方はLinksMateのカウントフリーがおすすめですね。 [キャンペーン LinksMate ] LinksMate(リンクスメイト)でiPhoneを使うなら知っておきたいこと LinksMateとの契約を検討中の方で、iPhoneをお使いの方、もしくはiPhoneを使おうと思っている方は多いのではないでしょうか。 LinksMateであれば、端末はもちろんのこと、docomoで契約したiPhoneなら、そのまま利用できることが大きなメリットとして挙げられます。 ここでは、LinksMateでiPhoneを使うときに知っておきたいことを紹介します。 LinksMate(リンクスメイト)で契約するためには、どのiPhoneを使うべきか LinksMateで契約するためには、どのiPhoneを購入するのが良いのでしょうか。 新規購入してLinksMateで契約するなら、SIMフリーのiPhoneがおすすめ 基本的にdocomoやau、SoftBankといったキャリアで契約したiPhoneには、そのキャリアのSIMカードでしか利用できないようにSIMロックがかけられています。 したがって、そういったキャリアで契約した端末に、LinksMateの格安SIMカードを挿入したところで利用はできません。 格安SIMでiPhoneを新規購入して使うなら、SIMフリーのiPhoneを購入するのがおすすめの方法です。 iPhoneの製造元であるAppleのストアから購入できるほか、Amazonなどのインターネット上のショッピングサイト、また中古端末であれば店頭やオークションサイトなどからも購入可能です。 ただし、利用できない機種もあるため、動作確認端末一覧は確認しておきましょう。 LinksMateで契約するために、iPhoneのSIMロック解除を行う 他の方法として、キャリアによってかけられたSIMロックを解除するという方法もあります。 の方法はいくつかのやり方が存在しますが、中には一部のキャリアや機種にしか対応していないものもあります。 キャリアによってかけられたSIMロックは、iPhone 6s以降であればキャリアに頼めば解除できます。 PC申し込みなら無料、ショップに頼むと大体3,000円ほど手数料がかかるので注意しておきましょう。 各キャリアのSIMロック解除手続きについては公式ページで詳しく記載されていますので、そちらを確認してみてください。 2015年5月以降に発売された機種は、キャリアにてSIMロック解除の手続きを行えます。 LinksMate(リンクスメイト)の格安SIMで利用可能なiPhone一覧 LinksMateの格安SIMで利用できるiPhoneについて見ていきましょう。 以下で紹介する機種は、LinksMateが動作確認済み端末としてホームページ上で公式に発表している機種になります。 LinksMateの動作確認済み端末(iPhoneシリーズ・2019年9月時点)• iPhone XR:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone XS Max:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone XS:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone X:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 8 Plus:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 8:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 7 Plus:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 7:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone SE:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 6s Plus:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 6s:SIMフリー版・docomo版・au版・SoftBank版• iPhone 6 Plus:SIMフリー版・docomo版• iPhone 6:SIMフリー版・docomo版• iPhone 5s:SIMフリー版・docomo版• LinksMate(リンクスメイト)で買えるおすすめの格安スマホ LinksMateでは他のと同様に、と格安SIMのセット購入ができます。 おすすめのを見てみましょう。 端末料金は2019年9月時点のものです。 また、ご覧いただくタイミングによっては在庫切れになっている場合もございます。 在庫詳細は公式サイトにてご確認ください。 ZenFone 6(6GB/8GB) カメラの向きを自由に動かせる電動駆動のフリップカメラ搭載、6. 4インチのオールスクリーンナノエッジディスプレイで画面を邪魔するものはありません。 5,000mAhの大容量バッテリーと高性能CPUで1日中快適に使えます。 リバースチャージも可能! LinksMateでは6GBの販売価格6万8,800円、8GBの販売価格8万1,800円から格安SIMとセット購入が可能です。 (税抜き・一括払いのみ) メーカー ASUS 端末料金 6GB:6万8,800円 8GB:8万1,800円 CPU Qualcomm Snapdragon 855(オクタコアCPU) 画面サイズ 約6. デュアルカメラが搭載された端末は増えてきていますが、トリプルカメラ搭載の端末はごくわずか。 高性能CPU、急速充電に対応した大容量バッテリーも搭載。 Dual 4G/Dual VoLTEなので、海外旅行や出張の際も利用しやすいでしょう。 LinksMateでは販売価格6万9,800円から格安SIMとセット購入が可能です。 (税抜き・一括払いのみ) メーカー HUAWEI 端末料金 6万9,800円 CPU HUAWEI Kirin980 オクタコア 2. 6GHz(デュアルコア)+1. 9GHz(デュアルコア)+1. 8GHz(クアッドコア) 画面サイズ 約6. その他の機能も大変充実しており、価格も比較的お手頃なので、コスパの良い1台と言えるでしょう。 LinksMateでは販売価格2万9,800円、端末分割支払金1,490円/月から格安SIMとセット購入が可能です。 (税抜き) メーカー HUAWEI 端末料金 2万9,800円 端末分割支払金 1,490円/月 支払期間 24カ月 CPU HUAWEI Kirin 710/オクタコア(2. 2GHz/4+1. 7GHz/4) 画面サイズ 約6. RAM:8GB/ROM:256GB、ハイスペックなCPUはゲーミングにも適しており、4,065mAhの大容量バッテリーに急速充電対応、DSDS対応、というようにハイエンドモデルとなっています。 LinksMateでは端末料金9万7,071円から格安SIMとセット購入が可能です。 7GHz) 画面サイズ 約6. バッテリーは急速充電に対応した3,500mAhの大容量。 メインカメラ/インカメラともにデュラルカメラで、美しい写真が簡単に撮れる機能を搭載しています。 日常生活の使用に役立つ防水・防塵機能、おサイフケータイ機能、これまでのシリーズにも搭載されていたエッジ・センスもさらに進化して搭載。 指紋認証・顔認証の2つの認証機能でセキュリティも万全です。 LinksMateでは端末料金9万6,984円から格安SIMとのセット購入が可能です。 8GHz+1. 2枚のnanoSIMカードが入れられ、デュアルSIMデュアルVoLTEに対応で2つの電話番号を同時に待ち受けしLTE接続ができます。 LinksMateでは端末料金3万8,340円、端末分割支払金1,917円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。 優れたCPUで快適に使えます。 LinksMateでは端末料金2万8,620円、端末分割支払金1,431円/月で格安SIMとセット購入が可能です。 ノッチのサイズを極限まで小さくしたことで、大迫力の約6. 21インチの高精細画面を楽しむことができます。 デュアル4G/デュアルVoLTEのため、海外の旅行や出張でも使えるコスパの良い機種です。 LinksMateでは端末料金2万8,080円、端末分割支払金1,404円/月から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 2万8,080円 端末分割支払金 1,404円/月 支払期間 24カ月 CPU HUAWEI Kirin 710/ オクタコア 2. 7GHz 画面サイズ 約6. メーカー SHARP 端末料金 3万7,368円 端末分割支払金 1,869円/月 支払期間 24カ月 CPU Qualcomm Snapdragon 450 画面サイズ 5. 5cmまで接近してのマクロ撮影や壮大に広がる景色を撮影することができます。 LinksMateでは端末料金11万3,400円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 11万3,400円 CPU HUAWEI Kirin 980 オクタコア (2 x 2. 8 GHz) 画面サイズ 約6. 39インチ 3120 x 1440ドット ASUS ROG Phone ASUS ROG Phoneはゲームの快適性を考えた設計のゲーミングスマホ。 充電しながらゲームができるように、側面部にコネクターを取り付けています。 高負荷がかかるゲームを長時間遊んだときにスマホが熱くならないように特別設計されたGameCoolシステムを搭載し、廃熱にも配慮されています。 LinksMateでは端末料金12万9,060円から格安SIMとのセット購入が可能です。 負荷の大きいスマートフォン向けのゲームもスムーズに楽しめる機能も搭載。 カメラ性能も高スペックで、アウトカメラは約1,600万画素+約2,400万画素のダブルレンズ、インカメラも約2,400万画素+約200万画素のダブルレンズで、AIアシストを搭載しており、美しい写真を簡単に撮影できます。 LinksMateでは端末料金5万4,000円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 5万4,000円 CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコア2. 36GHz+1. 8GHz 画面サイズ 約6. LinksMateでは端末料金7万5,384円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 7万5,384円 CPU HUAWEI Kirin 970/オクタコア2. 36GHz+1. 8GHz 画面サイズ 約5. 2型の大画面液晶で、より長くバッテリーを使えるAI充電を搭載しています。 従来の指紋認証に加えて顔認証にも対応し、セキュリティ面でも安心できる端末です。 LinksMateでは端末料金5万6,160円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HTC 端末料金 5万6,160円 CPU Qualcomm Snapdragon 636 オクタコアCPU 1. 8GHz 画面サイズ 約6. HTC U11の防水機能とエッジ・センスで、雨の日でも簡単に写真撮影が可能です。 水滴でタッチスクリーンが使えなくても、軽く握るだけでカメラを起動して撮影できます。 LinksMateでは端末料金5万8,320円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HTC 端末料金 5万8,320円 CPU Qualcomm Snapdragon 835, 64ビット8コア, マックス2. 45 Ghz 画面サイズ 約5. 5インチ、Quad HD (2560 x 1440 pixels) HUAWEI Mate 10 Pro は2017年6月に発売されたMate 10のスペックをさらにグレードアップさせたSIMフリースマホ。 4,000mAhの大容量のバッテリーとより電力消費が減少するように設計されたCPUでバッテリー時間を最大化します。 LinksMateでは端末料金9万5,040円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 9万5,040円 OS Android 8. 0 Oreo CPU HUAWEI Kirin 970 オクタコアCPU 4 x 2. 0インチ HUAWEI FullView Display HUAWEI P10 は2017年6月に発売されたSIMフリースマホ。 P10は第2世代Leicaのダブルレンズカメラ、高性能オクタコアCPUを搭載の快適な動作対応、3,200mAhの大容量バッテリーが特徴です。 LinksMateでは端末料金6万4,800円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 6万4,800円 OS Android7. 0 CPU Huawei Kirin 960 オクタコア 4 x 2. 8GHz A53 画面サイズ 約5. 大画面でゲームや動画をサクサク楽しみたい方にはお勧めの一台です。 LinksMateでは端末料金7万5,600円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー HUAWEI 端末料金 7万5,600円 OS Android7. 8GHz 画面サイズ 約5. 5Dゴリラガラス5 GRANBEAT はオンキヨーから生まれたハイレゾ・オーディオ・スマートフォン。 デジタルオーディオプレーヤー同等のオーディオ専用基板がスマートフォン用基板とは別に搭載されており、音楽をよく聞く方は注目すべき一台となっています。 デュアルSIMデュアルスタンバイ DSDS にも対応している点もいいですね。 LinksMateでは端末料金6万4,800円から格安SIMとのセット購入が可能です。 メーカー ONKYO 端末料金 6万4,800円 CPU Qualcomm MSM8956 ヘキサコア Dual Core 1. 4G 画面サイズ 約5. LinksMate(リンクスメイト)の申し込み方法 ここで紹介しているものはWEBでの申し込みになります。 まず、LinksMateに申し込む前に、事前に準備するものを紹介します。 本人確認書類(運転免許証、健康保険証+補助書類、日本国パスポート+補助書類、マイナンバーカード、住民基本台帳カード、身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、特別永住者証明書、外国人登録証明書、在留カード、届出避難場所証明書、療養手帳+補助書類、後期高齢者医療被保険者証+補助書類、特定疾患医療受給証+補助書類、特定疾患医療登録者証+補助書類のうちいずれか1点・1セット 補助書類は発行から3カ月以内の公共料金領収書、住民票のいずれか• 親権者の本人確認書類(契約者が未成年の場合)• 親権者の同意書(契約者が未成年の場合)• 本人名義のクレジットカード• 10日以上の有効期限があるMNP予約番号(電話番号を引き継ぐ方のみ) MNP予約番号の取得方法などはを参照 これらが準備できたら、公式サイトの申し込みフォームにしたがって申し込みをします。 簡単なフローは以下の通りです。 支払い方法選択、プラン選択• 音声通話機能付加オプションの選択(SMS機能+音声通話機能のみ)• 電話番号の選択(新規番号の発行 or 他社から乗り換え)• 端末購入の有無• 端末の支払方法の選択(端末購入の場合のみ)• SIMサイズの選択• SIMタイプの選択(SMS機能+音声通話機能、データ通信専用、SMS機能)• オプションの選択• 利用者情報の入力• 本人確認書類のアップロード LinksMate(リンクスメイト)のAPN設定 SIMが手元に届いた後、端末をネットにつなぐために必要なAPN設定について説明します。 Android端末とiOS端末で設定方法が異なるのでお手持ちの端末を確認してから設定しましょう。 この設定は端末のモバイルネットワーク設定から行います。 Android端末 APN設定 の手順に沿って設定しましょう。 iOS端末 APN設定 からAPN構成プロファイルをダウンロードしてください。 LinksMate(リンクスメイト)の解約について ここではLinksMateの解約について解説します。 LinksMateを解約する場合 利用中のSIMカードがない状態で、支払いが全て完了するとマイページ内の「アカウントの退会」にて退会申し込みできます。 SIMカードの削除は「」ページで行います。 解約金・違約金は発生しません。 ただし、利用中のSIMカードを削除する際、 SIMカード削除事務手数料:3,240円/SIMカード1枚あたりが必要です。 また、MNP転出の場合は、MNP予約番号発行手数料:2,160円が別途発生します。 退会時にはSIMカードの返却が必要となり、SIMカード返却時の送料については契約者の負担となります。 有償LPを保有していた場合、返金口座を設定することで保有する有償LPを返金してもらえます。 ただし、銀行振込手数料300円より少ない場合は返金できません。 オプションを解約する場合 オプションの申し込みを解約するには、内の「オプションの確認・変更」のページより解約可能です。 LinksMate(リンクスメイト)のキャンペーン LinksMateでは現在、期間限定で以下のキャンペーンを提供しています。 詳しくはLinksMate公式サイトをご確認ください。 株式会社ビデオマーケットが主催のキャンペーンです。 キャンペーン、クーポンコードに関する質問等は、ビデオマーケットへお問い合わせください。 新規MNP転入で3,000円相当割引キャンペーン キャンペーン内容 キャンペーン期間中に新規契約かつ、下記のクーポンコード「MNP001S3RnnM」を利用してMNP転入された方は、初期決済額から3,000円が割引! キャンペーン期間 2019年9月10日(火)~2019年11月10日(日)23:59まで キャンペーンの注意点 エントリーパッケージのコードとは併用できません。 本キャンペーンは新規契約のみでグループ追加は対象外。 コードを使用せずに申し込みを完了した後に後追いで割引はできません。 本キャンペーンの対象者は日本国内にお住まいの方に限ります。 不正な行為があると判断した場合は、特典のプレゼント等無効。 詳しいキャンペーン情報をチェック! LinksMateで実施中のおトクなキャンペーン情報は公式サイトをチェック!おトクにLinksMateをはじめましょう! LinksMate(リンクスメイト)に関する新着記事•

次の