ご冥福 お悔やみ。 お悔やみの手紙 ビジネス】例文・お客様

「ご愁傷さまです」「お悔やみ申し上げます」もう迷わない正しい使い方

ご冥福 お悔やみ

「ご愁傷さまです」の意味 「愁傷」の 「愁」とは憂いの気持ちをさし、 「傷」とは痛みのことを言います。 それが合わさった 「愁傷」は、心の傷を憂えるということであり、相手を気の毒に思うことを意味します。 「ご愁傷さまです」は、遺族に対して同情や慰めの気持ちを含んでいて、通夜や葬儀の場で述べるお悔やみの言葉として頻繁に使われています。 稀に、気の毒なさまをからかう意味で使用されることもあります。 ただし、その皮肉めいた意味合いに嫌悪感を示す人もいるので、 言葉をかける相手やその場の雰囲気などをよく考える必要があります。 「ご愁傷さまです」の使い方 弔問に訪れた際に、遺族に対して「この度はご愁傷さまです」と伝えます。 ご愁傷さまという言葉には「御」と「様」の最上の敬意を示す表現です。 より丁寧さを追求するなら「この度はご愁傷さまでございます」と言いましょう。 敬語表現のため、ビジネスシーンなど目上の人に対して使われることもあります。 通夜や葬儀の場でなくても、相手の身内に不幸があったことを耳にすれば、「ご愁傷さまです」と伝えて問題ありません。 なお、 「ご愁傷さまです」は口頭でのみ使用可能な言葉です。 文面で使うのは不適切となるので注意してください。 「お悔やみ申し上げます」の意味 「お悔やみ」とは、人の死を弔うことです。 「お悔やみ申し上げます」は、 「故人の死を悲しみ、弔いの言葉を申し上げます」という意味になります。 こちらは、 遺族と話すときでも弔電の文中でもどちらにおいても使用可能な言葉です。 「お悔やみ申し上げます」の使い方 遺族と話すときに使う場合は、 「この度は心よりお悔やみ申し上げます」と言うのが一般的です。 その際、「ご愁傷さまです」と併用して「この度はご愁傷さまです。 心よりお悔やみ申し上げます」と伝えてもよいでしょう。 弔電の文中では、「ご逝去の報に接し、謹んでお悔やみ申し上げます」、「突然の悲報に接し、心からお悔やみ申し上げます」などの言い回しがよく使われます。 お悔みの言葉、類語との違い お悔やみの言葉には、他にもいくつかあります。 その場に相応しい言葉を正しく選ぶようにしましょう。 よく耳にする類語とその意味、使用場面についてご説明します。 「哀悼の意を表します」 「哀悼」とは人の死を悲しみ悼むことです。 「哀悼の意を表します」は 「故人を思うと悲しくて心が痛みます」という意味を持ちます。 こちらは弔電の文中では頻繁に使われますが、 口語体ではありません。 遺族に対して口頭で直接伝えてしまわないようにしましょう。 「謹んで」を文頭につけると、弔意がより強調されます。 「ご冥福をお祈りします」 「冥福」とは死後の幸福のことで、「ご冥福をお祈りします」は 「 故人の死後の幸福を祈っています」といった意味になります。 こちらは、遺族ではなく亡くなった本人に対して使う表現です。 こちらも話し言葉ではなく書き言葉です。 弔電の中で使うのが適切です。 お悔みで、使用NGな言葉 忌み言葉と言って、冠婚葬祭において使用を控えるべき言葉が存在します。 お悔やみの場での忌み言葉の代表格は 直接的に「死」を連想させるものです。 「死亡」は「逝去」や「永眠」に、 「急死」は「急逝」、「突然のこと」などと言い換えるようにしましょう。 また、 「ますます」や「たびたび」、「くれぐれも」などの重ね言葉は不幸が繰り返されるイメージを持つので、用いないようにしてください。 「再び」「追って」なども同様の理由で不適切です。 「頑張ってください」「元気を出してください」などの言葉は励ましているつもりでも、言われた側にとっては負担に感じるものです。 余計な一言は遺族を傷つける恐れもあるのでやめましょう。 これらは遺族と会話するときはもちろんですが、弔電を打つときにも使用を避けるよう細心の注意を払いたいところです。 忌み言葉の使用を控える以外にも 故人の死亡の原因を直接聞いたり、「あのときこうしていれば……」と声をかけたりするのもタブーです。 普段の生活では深く気にすることのない言葉もありますが、通夜や葬儀の場においては慎重に言葉を選ぶようにしましょう。 まとめ お悔やみの言葉を述べるときは、悲しみにくれる遺族の気持ちに寄り添うようにしましょう。 その場に適した正しい言葉を選択し、故人や遺族に対して不快感を与えないよう振る舞うことが大切と言えます。 このような通夜や葬儀の場におけるマナーなど、気になることがあればどんなことでも構いません。 弊社までお気軽にお問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

ご冥福の意味と使い方 お悔やみ言葉の正しい選び方を解説

ご冥福 お悔やみ

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• それでは、本題の お悔やみの手紙の例文を見ていきましょう。 お通夜や葬儀に参列できない場合だけではなく、訃報を遅れて知った場合の例文についてもご紹介します。 関係ごとのお悔やみの手紙の例文 故人との関係ごとに例文をご紹介します。 こちらの例文をそのまま使っていただくこともできます。 ただし、形式上横書きとなっていますので、そのまま使われる際は縦書きに直してご利用ください。 祖父・祖母などの親戚に送る場合 祖父母など親戚に送る場合は、 自分からみて故人はどの立場にあるかを考えて手紙を書きます。 親しかった祖父母や親戚が亡くなった場合、敬称ではなく、通常の呼び方を文中でしても良いでしょう。 また相手が高齢であっても、「天寿を全うした」などの 死を肯定する言葉は禁句です。 このたびご祖父様の訃報に接し、心よりお悔やみ申し上げます。 昨年お会いした時にはお元気でこれからも長生きしてほしかったのですが、残念です。 小さい頃おじいちゃんにいつも遊びに連れていってもらったことが思い起こされています。 すぐにでも駆けつけ、葬儀に参列させていただきたいのですがやむを得ぬ事情でかないません。 いずれ折を見てご焼香にお伺いしたいと思っておりますが、まずは書中にてお悔やみ申し上げます。 おじいちゃんのご冥福をお祈りします。 友人・知人に送る場合 友人や恩師などの知人に送る場合の例文です。 友人の場合 友人のお父様が亡くなり、葬儀に参列できない場合に送る場合の文例です。 葬儀に参列できないお詫びは一言あった方が良いですが、 理由は具体的に書く必要はありません。 ご家族の皆様の悲しみはいかばかりかと拝察いたしますが、どうかお身体を大切にお過ごしください。 心よりお悔やみ申し上げます。 ビジネス・会社関係の人に送る場合 ビジネス・会社関係の人に送る場合の例文を見ていきましょう。 このようなケースでは、 自身の立場をご遺族に分かりやすく説明しましょう。 上司の場合 上司であった方が亡くなり、その事を後から知った場合の例文です。 故人と自身の関係を説明した上で、上司とのエピソードを述べると心のこもった手紙となります。 このたび、思いもよらぬご主人様の訃報にふれ驚いております。 最近はご無沙汰していたために、ご主人様が亡くなられていたことも存じませず、弔問にもお伺いせずに申し訳ございませんでした。 ご家族の皆様におかれましては、お力落としのあまりお身体を損ねませんよう、ご自愛のほどお祈り申し上げます。 心ばかりのご香料を同封いたしましたので、お供えしていただきたく存じます。 謹んで哀悼の意を表します。 取引先の人の場合 取引先の方が亡くなり、遠方のため葬儀に参列できない際の例文です。 取引先の会社に送る場合は、ご遺族だけでなく 社員の方への慰めの言葉もあると良いです。 ご遺族の方々をはじめ、社内の皆様の悲しみははいかばかりかと拝察いたします。 本来であればすぐにでもお伺いすべきところ、遠路ままならず、略儀ながら書中にてお悔やみを申し上げます。 心よりお悔やみ申し上げます。 宗教ごとのお悔やみの手紙の例文 宗教により、使って良い言葉とそうでない言葉があります。 弔問の際によく耳にする「ご冥福をお祈りします」「お香典」は仏教での言葉ですので、 キリスト教や神道では使えません。 また 浄土真宗でも「ご冥福」と「ご霊前」という言葉を使いません。 仏教 浄土真宗でのお悔やみの手紙の例文です。 I have just heard of the loss of your mother. お母様が亡くなられと聞いたばかりです I would like to offer my heartfelt condolences. 心よりお悔やみ申し上げます It was my pleasure that I got to know her. お母様と知り合えて良かったです I will always cherish the memories with her. 何とお慰めして良いか分かりません But please remember that you are not alone. 何かできることがあれば仰ってください お悔やみの手紙を書くときのマナー お悔やみの手紙を書く際の、 マナーについて見ていきましょう。 通常の手紙とは形式が異なりますので、確認しながらお悔やみの手紙を書きましょう。 すぐに本題に入る 通常の手紙では、頭語・前文から入りますが、お悔やみの手紙ではこれらを省き 冒頭から故人に対するお悔やみやを述べます。 また、頭語がないため 結語も文末に必要ありません。 宗教用語に気をつける 神道やキリスト教では弔問の際によく使用する「ご冥福」や「お香典」の概念がありません。 また「お香典」も仏教用語ですので、用いません。 ほかにも供養・成仏・往生・焼香は仏教独自の概念ですので、神道やキリスト教では使わないようにします。 神道 神道では「ご冥福をお祈りします」ではなく、 御霊(みたま)のご平安をお祈り致しますや 御霊やすらかに祈りますを用います。 また神道では、ご霊前にお香ではなく榊をお供えするため「お香典」や「ご香料」はありません。 お金を包む場合は「ご霊前」「御榊料」「御神饌料」「玉串料」となります。 キリスト教 キリスト教では「ご冥福」といった概念がありません。 故人に対しては 神様の平安がありますように、 安らかなお眠りを心よりお祈り申し上げますといった表現をします。 またお香典ではなく、「お花料」や「ご霊前」を用います。 忌み言葉に気をつける お悔やみの手紙には、避けるべき言葉である 忌み言葉があります。 詳しくは以下の表にまとめました。 これらの言葉を使わないようにしながら、手紙を書くようにします。 お悔やみの手紙の送り方のマナーについて見ていきましょう。 切手の選び方や宛名の書き方について解説いたします。 切手はどうすればいいの? お悔やみの手紙を郵送する際の切手ですが、一般的に 通常切手でも問題ありません。 ただし、地域によってはお悔やみの手紙に弔事用切手を使うところがあります。 よく分からない場合は、 最寄りの郵便局に相談しましょう。 香典と一緒に郵送する場合 お香典などお金を送る際は、必ず 現金書留で送ります。 そして、お悔やみの手紙は現金書留の封筒に入れて一緒に郵送します。 この際に、現金書留の封筒に直接便箋を入れてはいけません。 必ず 便箋を封筒に入れ、その封筒ごと現金書留の封筒に入れるようにします。 宛名はどうすればいいの? 故人と知り合いだった場合、お悔やみの手紙の宛名は 喪主さまです。 親しい人のご身内が亡くなられ、お悔やみの手紙を送る場合は、 友人・知人が送り先となります。 お悔やみの手紙の例文まとめ• お悔やみの手紙は葬儀に参列できない場合は初七日以内に、葬儀後に訃報を知った場合は、その時点で速やかに送付する。 お悔やみの手紙を書く場合は、ご遺族に自分の立場が分かりやすいように配慮する。 葬儀に参列できない理由や、訃報を遅れて知った理由は具体的に書かない。 相手の宗教に合わせて言葉を選ぶようにする。 お悔やみの手紙は弔事用切手ではなく通常切手を用いるのが一般的である。 お金を一緒に送る場合は現金書留で送り、現金書留の封筒に直接手紙を入れないで、封筒に入れた手紙を現金書留用封筒に入れる。 お悔やみの手紙の宛名は故人の知り合であれば喪主さま、友人・知人のご身内が亡くなった場合は、友人・知人にあてる。 以上です。 この記事が、お悔やみの手紙を書く際の参考になれば幸いです。 最後までお読みいただきありがとうございました。 「終活ねっと」では、お悔やみの手紙についてだけではなく、弔問の際の挨拶についても記事を豊富にご用意しています。 どうぞこちらも合わせてご覧ください。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

「ご冥福をお祈りします」を使ってはいけない場面や正しい意味を徹底解説!

ご冥福 お悔やみ

「ご冥福をお祈りします」の意味をきちんと理解せず、ただ何となくご遺族へお悔やみの気持ちを伝えるために使っていませんか。 しかし、お葬式に参列した際や弔電を送る際に意味を知らずに使うと、ご遺族へお悔やみの気持ちが伝わらないばかりか、間違いや失礼にあたる場合があります。 そういったことから、間違いのある使い方を避けるためにも、まずは「ご冥福をお祈りします」の言葉の意味をおさらいします。 「冥福」は冥途の幸福のこと 「ご冥福をお祈りします」の「冥福」は、冥途の幸福 のことをいい、冥途の幸福とは、冥土の旅を無事終えて、良い世界に転生できることをいいます。 「ご冥福をお祈りします」は、冥土での幸せをお祈りしますやあの世で幸せに過ごしてください、という故人に向けた言葉です。 「冥福」は宗教によって別の言葉に置き換えなければ間違い 「冥福」の言葉が故人の冥途の幸福を願う意味だとわかりました。 それならば「ご冥福をお祈りします」と言葉を使っても間違いにはならないと思えるかもしれません。 しかし、宗教や宗派によっては教義によって「冥福」が故人やご遺族に対して間違いや失礼にあたる場合があります。 その際はどのような言葉に置き換えればいいのでしょうか。 ここでは「ご冥福をお祈りします」が使えないケースの確認をするとともに、「冥福」の別な表現方法も知っておきましょう。 宗教や宗派によって「冥福」という言葉は使えない 「冥福」が仏教の教義での言葉なので、他の神道やキリスト教の葬儀で「ご冥福をお祈りします」を使うのは間違いです。 また、仏教の中でも浄土真宗は、亡くなった直後に幸せになっているという教義から、間違いですので、この言葉を使うことはありません。 亡くなった直後に幸せになっているのだから、わざわざ冥途の幸福を願うのは間違いであり失礼にあたります。 したがって、神道でのお悔やみの言葉は「拝礼させていただきます」としたり、キリスト教では「安らかな眠りにつかれますようお祈り申し上げます」とするのがいいでしょう。 仏教でも浄土真宗は「冥福」は間違いですので、「この度はご愁傷様でございます」と伝えるのが良いです。 「ご冥福をお祈りします」を間違いのないよう使う 浄土真宗を除く仏教であれば「ご冥福をお祈りします」を使っても間違いにはなりません。 しかし、故人に向けて「冥福」をお祈りするのが「ご冥福をお祈りします」という言葉ですから、ご遺族にお悔やみの気持ちを伝える言葉として使うのは正しくありません。 NHKでも「ご冥福をお祈りします」は間違いなので、使わないことになっているそうです。 それでは、どのようにすれば「ご冥福をお祈りします」が正しい使い方になるのか、確認しましょう。 故人に向けて「ご冥福をお祈りします」が正しい使い方 間違いにならないように「ご冥福をお祈りします」の言葉を使うには、ご遺族ではなく故人に対しての気持ちだと一言付け足す必要があります。 また、ご遺族に対しては労いの言葉をかけてから故人の冥福を祈るのが良いでしょう。 すなわち「ご愁傷様でございます。 故人のご冥福をお祈りいたします」のようにするのが、正しい伝え方です。 「ご冥福をお祈りします」の言葉は故人にかけるのが間違いではない使い方 「ご冥福をお祈りします」という言葉は、故人の宗教や宗派がわからないときに使うのは間違いの場合もあるので、避けたほうがいいでしょう。 また、使うとしても、ご遺族ではなく故人に向けて「ご冥福をお祈りします」と伝えるならば間違いになりません。 このように、宗教や宗派によって、また使い方によって「ご冥福をお祈りします」の言葉が失礼になったり違和感を感じることがありますので、事前に正しい言い回しやの知識を身につけて、心構えをしておいたいものです。

次の