映画 ガン ファイター。 スター・ファイター (映画)

『ガン・ファイター』感想とイラスト 現実に殺される正直者

映画 ガン ファイター

南部の退役軍人ジョン・ブレッケンリッジ(ジョセフ・コットン)は妻ベル(ドロシー・マローン)と娘ミッシー(キャロル・リンレイ)をつれ1000頭の牛とともにメキシコの牧場を去りテキサスに行こうとした。 牧畜に失敗した彼はテキサスで新生活をしようとしたのである。 そこに兇状持ちのブレンダー・オマリー(カーク・ダグラス)が昔の恋人ベルをたずねてやってきてカウボーイとして牛の移動を手伝うことになった。 オマリーを追う保安官ダナ・ストリブリング(ロック・ハドソン)も後をつけてやってきて逮捕をテキサスまでのばして牛追いに雇われた。 一行は出発した。 ある町でブレッケンリッジは旧南軍兵士とごたごたを起こし、射殺されて死んだ。 ミッシーが男らしいオマリーにひかれたり、ベルとストリブリングが親しくなったりしながら旅はつづく。 途中、インディアンが一行を狙ったが、ストリブリングが牛の1部をインディアンに与えて危機をのりこえた。 砂漠で砂嵐に出会った時、3人組の牧夫がベルとミッシーをさらった。 ストリブリングとオマリーは危ういところで2人を助けた。 旅の間中、オマリーはベルの愛を求め、ストリブリングも彼女に求婚した。 ベルは困惑した。 やがて一行はリオグランデ河に出た。 途河前夜のパーティの晩、母の黄色いドレスを着たミッシーは歌をうたった。 思い出のドレスを母に似たミッシーがつけているのを見たオマリーの心は燃えた。 翌日の渡河の最中、ストリブリングとオマリーは2日後の落日の決闘を約束した。 牛群が無事アメリカ領に運び込まれた日、ベルはオマリーにミッシーから手を引くようにいい、娘はオマリーの子なのだと告白した。 オマリーは驚き、そして苦悩した。 約束の落日の時刻に、ストリブリングとオマリーは牛囲いの前で対決した。 銃声がひびきわたり、倒れたのはオマリーだった。 そして死んだオマリーの中には弾丸がつめてないのが発見された。 地上に坐ったミッシーはミッシーは目に涙を浮かべながら、ひざの上にのせたオマリーの頭をかかえ、やさしく髪をなでた。 関連するキネマ旬報の記事.

次の

ガン・ファイター

映画 ガン ファイター

ストーリー [ ] 鉄道も引かれ、近代化していくテキサス州の街コットンウッドスプリングス。 銃の腕は立つが昔気質の保安官フランク・パッチ()は、街の人々から疎ましく思われ始めていた。 ある日フランクは、酔った勢いで馬小屋から彼を闇討ちしてきたルーク・ミルズを、正当防衛で撃ってしまう。 ところが、ルークの妻のローリー()はかつてフランクの恋人だったため、逆恨みで射殺したのだと、あらぬ噂を立てられてしまう。 企業を誘致して街の近代化を目論む街の市議たちは、これ幸いと前時代的なフランクに保安官から辞めるように通告するが、フランクは了解しない。 彼は20年前に銀行が襲われて人質まで取られたときに事件を解決し、口約束だが「好きなだけ保安官をしてくれ」と頼まれていたのである。 怒ったフランクは、約束を反古にしようとする市議の一人、アンドリュー・オクスリー( を殴り倒し、皆を威嚇してその場を立ち去っていく。 一方、大勢の人前でフランクに顔を殴られながらも抵抗できなかったアンドリューは、息子のウィルから「恥だ」となじられてしまう。 傷心のアンドリューは、ライフルを持ち、街中でフランクを狙撃しようとするが、正面から彼を撃つだけの勇気もなく、追い詰められて自殺してしまう。 ますますフランクを見る周囲の目は冷たいものとなっていき、彼に負い目のある市議たちは、ルーク殺人の告訴という形をとって郡保安官のルー・トリニダッド()を呼び寄せる。 メキシコ人であるルーは、かつて差別もせずに自分を引き立てくれたフランクに恩義があり、むしろ身勝手な市議たちから彼を守ろうとしてフランクに退職を勧め、街を離れるように説得する。 しかし頑固なフランクはルーの言葉に耳を貸さず、あまつさえ彼に暴力まで振るってしまう。 自分の短気もあって四面楚歌になったフランクは、意を決して恋人のクレア・クィンタナ()に結婚を申し込み、式をあげる。 だが、父の敵を討とうと決心していたウィルが、フランクに睨みを効かされて不満を持っていた酒場の店主レスター()とその仲間三人に煽られ、とうとうライフルを手にする。 ウィルは、クレアの部屋で待ち伏せして倒そうとするが、逆にフランクに撃たれてしまう。 父とフランクの間には何かあると疑っていた瀕死のウィルに明かされたのは、臆病にみえた父と自分にまつわる過去。 そして一人泥を被ってきたフランクの生き様であった。 ウィルをたきつけたレスターたちは、自らフランクを殺そうと攻撃をしかけてくる。 フランクは傷を負いながらもレスターたちを倒し、牢に放り込んだ。 手足に銃弾を受けていたフランクだったが、自らの行為にけじめはつけねばならぬと、引き止めるクレアを振り切って ルークの葬儀中の教会に赴き、祈りを捧げる。 だが教会を出たところで、建物の屋上から自分に向けられた大勢の住民の銃口に気付く。 不条理な運命を受け容れるかのごとく、フランクは道の真ん中を歩き続け、ついには何発もの銃弾を浴びて最期 を迎える。 クレアは喪服に身を包み、列車に積み込まれたフランクの棺と共に街を去っていった。 この節のが望まれています。 フランク・パッチ - ()• クレア・クィンタナ - ()• レスター・ロック - ()• エドワード・ローゼンブラム -• アンドリュー・オクスリー -• ローリー・ミルズ -• アイヴァン・スタネック -• チェスター・セイヤー -• アダムズ - スタッフ [ ]• 監督名義:アラン・スミシー• 監督:リチャード・トッテン、ドン・シーゲル• 脚本:ジョセフ・カルヴェリ• 撮影:アンドリュー・ジャクソン• 編集:ロバート・F・シュグリュー• 音楽: アラン・スミシー [ ] 本作の撮影中に主演のリチャード・ウィドマークと監督のの意見が対立したため、監督がに代わった。 しかし、どちらも名前がクレジットされることを拒否したため、架空の名前である「」が監督としてクレジットされた。 以降、その偽名は2000年に使用停止されるまで、アメリカ映画でトラブルがあった場合にクレジットされる偽名として使われ続けた。 脚注 [ ] 注釈 [ ].

次の

スター・ファイター (映画)

映画 ガン ファイター

映画のストーリー 結末の記載を含むものもあります。 無敵のガンファイター、ベン・ワイアット(ロバート・テイラー)は、ある日、ニュー・メキシコのサン・レアンドロの町で、旧友のルイス・ドミンゴから、すぐ来てくれという知らせを受けた。 馬で駆けつけてみると、ドミンゴ牧場は荒され夫妻は惨殺されていた。 ひとり娘アニサ(アナ・マルティン)だけが助かったとのことだった。 アニサを尋ねてセパーの町へ行く途中、彼は駅馬車の宿駅でリー・サトン(チャド・イベレット)という殺人の嫌疑をかけられた男を助けた。 ワイアットは傷を受けたリーの面倒をみているうち、この若者が好きになり、相手を殺したのは正当防衛だったという彼の言葉を信じるようになっていた。 彼はセパーの町で、教会に保護されているアニサに会い事件の模様を聞き、旧友の復讐を決意した。 リーの傷もアニサの看護で回復し、ふたりはいつしか愛し合うようになっていた。 そしてワイアットと父母を惨殺した犯人の顔を覚えているというアニサは、途中、兄クレイ(ライル・ベトガー)の牧場へ帰るというリーと別れてローズバーグの町へ向かった。 この町に市の立つ日、リーがクレイやサンダンスと一緒にやって来た。 アニサはクレイを見てびっくりした。 まぎれもなく彼が犯人だったからだ。 クレイは大牧場経営の野心に燃え、判事の命令と偽って、暴力でメキシコ人の土地を巻き上げていたのだ。 さて、サンダンスの方も男装して仇を探すアニサに不審を抱き、彼女を確かめようとしてワイアットに射殺された。 ところが、ワイアットは正当であったにかかわらず、保安官に捕まってしまった。 クレイは翌朝町を襲って牢獄のワイアットと新聞社にかくまわれているアニサを殺して証拠を消そうと計画した。 それを知ったリーはその夜密かにワイアットを救い出し、クレイとその一味の襲撃にそなえた。 ワイアットはクレイを倒すと、愛し合っているリーとアニサを残して町を去った。

次の