エルフ ev ウォーク スルー バン。 ヤマト運輸、「グリーン物流」の実現に向けてEVウォークスルートラックを導入 :日本経済新聞

いすゞが開発した「エルフEVウォークスルートラック」 ヤマト運輸が試験運用を開始|交通・物流|net+

エルフ ev ウォーク スルー バン

いすゞ自動車株式会社 本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下いすゞ は、10月24日 木 から11月4日 月・祝 まで東京都・東京ビッグサイトで開催される第46回東京モーターショーに、5台の車両 内、参考出品4台 、パワートレインなどを出品します。 今回のモーターショーでは、 Create with you. これからも「運ぶ」を支えるために をコンセプトワードとしました。 変化を続ける時代の中にあっても、世界の「運ぶ」を支え続けていくために。 いすゞは、お客様や社会とともに新たなソリューションを生み出す「協創活動」に取り組んでいます。 ブースでは、いすゞの最新フラッグシップモデル「ギガ」をはじめ、「FL-IR」、「エルフEVウォークスルーバン」「エルガデュオ」などの実車やパネル展示等で、お客様と、社会とともに創りあげる新しい時代の「運ぶ」を提案します。 <出品概要> 1. ギガ【ワールドプレミア・参考出品】 さらなる進化を遂げたフラッグシップモデル、大型トラック「ギガ」。 最新の先進安全装置に加え、ドライバーへの疲労軽減装備を新たに拡充し、安全性能と疲労軽減の両輪で性能に磨きをかけました。 歩行者や自転車も検知するプリクラッシュブレーキ、右左折時の巻き込み事故抑制や車線変更を支援するブラインドスポットモニターや可変配光型LEDヘッドランプ等により安全運転に貢献します。 また、全車速で先行車に追従する全車速ミリ波車間クルーズや新ハイルーフキャブ等によりドライバーの疲労軽減に寄与します。 さらに、MIMAMORIも車両コンディション項目を拡充、安全装置の作動状況も新たにモニタリングし、お客様の安心稼働を支えます。 ショーモデル FL-IR【ワールドプレミア・参考出品】 「安心・安全で生き生きとした長距離ドライバーの新しい働き方」をコンセプトに未来の物流ネットワークを創造し、ショーモデルとして表現しました。 魚類などに見られる超音波の会話や行動習性と、コネクテッドや隊列走行との類似性に着目し、エクステリアは「サメ」をモチーフに効率的なロボットのイメージを付与したバイオデザインを取り入れ、風を切り裂く有機的な形状の前絞りキャブと、その周りを覆う硬質なエアロデバイスの対比をスタイルの特徴としています。 インテリアは手動・自動の運転モード変更でダッシュボードが入れ替わるレイヤーデザインを採用。 シートはセンターに配置し、快適な操作性と居住性を兼ね備えます。 エルガデュオ【参考出品】 いすゞと日野が共同開発した国産初のハイブリッド連節バス。 「エルガデュオ」は効率的な大量輸送を実現するとともに、ハイブリッドシステムの採用により環境負荷にも配慮しています。 また、路線バスでは世界初の「ドライバー異常時対応システム EDSS 」を搭載し、ドライバーの異常時に乗客や乗務員が非常ブレーキスイッチを押すことで減速し停止します。 更に、自動でバス停へ誘導する「プラットホーム正着制御」、先行車との車車間通信により自動で加減速を行う「協調型車間距離維持支援システム CACC 」、車外の移動物を検知する「視覚支援システム」等、次世代都市交通システム ART を想定した技術を新たに両社で開発、搭載しました。 エルフEVウォークスルーバン【ワールドプレミア・参考出品】 次世代の小型配送車「エルフEVウォークスルーバン」。 ゼロエミッションや低騒音など環境にやさしいことはもちろん、EVだからこそ実現できたウォークスルー構造を組みあわせ、ドライバーの労働環境や集配作業の効率化にも配慮しています。 運転席には回転シートを搭載することで、ドライバーの車内移動を助けます。 エルフ はしる・とまる・つながるをコンセプトに大幅な改良を行った小型トラック「エルフ」。 コネクテッド化し、車両コンディションの遠隔把握 つながる 及び本データを活用した高度純正整備「PREISM」の実施が可能となりました。 4WDの一部車型を除く。 エルフの主力ディーゼルエンジン4JJ1型にさらなる磨きをかけ、商用車用に特化した新エンジン4JZ1型を開発しました。 エンジン本体の大幅改良と後処理装置 DPD をエンジンに近接搭載する革新的パッケージレイアウトを採用し、平成28年排出ガス規制適合および燃費性能向上に加え高出力エンジンの設定等、市場ニーズへの対応をしています。 車両に搭載された情報通信端末から運行中の車両データを常時モニタリングすることで、車両コンディションを遠隔で把握。 さらに、車両情報を活用した高度純正整備により、大事に至る前に予防整備を実施し故障を抑制。 万が一の故障時にも、車両データの事前把握で入庫前に整備内容を予測し、整備の短縮化に寄与します。 あらゆるつながりで故障の芽を摘み、車両の「安定稼働」「高稼働」を支えるPREISMを、ステージなどでご紹介します。 天然ガス自動車への取り組み 輸送用エネルギーの多様化や環境対応の観点から、天然ガスを重要な石油代替燃料の一つとして位置付け、いすゞでは天然ガス自動車の開発に取り組んでいます。 極低温で液化した状態の天然ガスを燃料とする「液化天然ガス LNG トラック」等、天然ガス自動車の未来に向けての取り組みや技術方針をご紹介します。 また、天然ガスは「都市ガス」として一般家庭や商業施設などで広く使われているクリーンなエネルギーです。 その天然ガスが、私たちの暮らしとどのように関わっているかもあわせてご紹介します。 いすゞ ソーシャルペンタゴン いすゞが「運ぶ」を支える事業を通じて解決を目指している、5つの重要課題についてご紹介します。 ファミリースペース いろいろなトラックの使われ方を動画で見ることができるタッチパネルや、トラックドライバーになりきれるフォトブースなど、はたらく車をもっと身近に感じていただくためのファミリー向けコンテンツです。

次の

「グリーン物流」の実現に向けてEVウォークスルートラックを導入

エルフ ev ウォーク スルー バン

大型トラック「ギガ」の最新モデル(クリックで拡大) 新型ギガは先進安全機能を大幅に強化した。 短距離ミリ波レーダーによるブラインドスポットモニターや、プリクラッシュブレーキにおける歩行者や自転車への対応、可変配光型LEDヘッドランプなどによりドライバーの安全運転に貢献する。 また、全車速ミリ波車間クルーズや新ハイルーフキャブなども新たに採用し、ドライバーの疲労軽減へつなげる。 いすゞのテレマティクスサービスである「MIMAMORI」の車両コンディション項目を拡充し、安全装置の作動状況もモニタリングできる。 新型ギガに搭載されるエンジンは排気量9839ccの直列6気筒ディーゼルエンジン「6UZ1-TCS」。 電子制御式コモンレールシステムによって燃料が供給され、最大出力は279kW(380馬力)/1800rpm、最大トルクは1814Nm(185kgm)/1000〜1200rpm。 変速機は電子制御式自動変速機能「スムーサーGx」を搭載する前進12段、後退2段のMJX12となる。 重量車モード燃費値は4. 現在、「市場投入に向け、開発を進めている」(いすゞ社長の片山正則氏)段階だ。 エルフEV ウォークスルーバンは電気自動車(EV)の特性を生かし、運転席と荷室を一体とするウォークスルー構造を実現した。 ドライバーの負担を軽減しつつ効率的な配送を可能とする、新たな商用車の姿を現したという。 2020年代前半での実用化を目指す方針だ。 リチウムイオン電池を搭載し、バッテリー容量は40kWh、80kWhの2タイプとなるとみられる。 最大出力およびトルクは110kW、305Nm。 CHAdeMOによる急速充電と普通充電に対応する。 最大積載重量は2000kg。 左:エルフEV ウォークスルーバンのサイド電子ミラー 右:エルフEV ウォークスルーバンのルーム電子ミラーに3Dサラウンドマルチビューが投影されている(クリックで拡大) ショーモデル「FL-IR」は2025年以降の実現を目指す、未来の大型トラックの姿を示したもの。 魚類に見られる超音波による会話や行動習性と、未来のトラックが備えるコネクテッド機能や隊列走行の類似性に着目し、エクステリアはサメをモチーフとしたバイオデザインを採用した。 レベル4の自動運転と後続無人隊列走行により、安全かつ高効率を実現する。 手動運転、自動運転の運転モード変更によりダッシュボードが入れ替わるインテリアとし、シートはセンター配置であることが特徴だ。 関連記事• 「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展した商用車メーカーに小型電動トラック開発の取り組みを聞いた。 政府の規制方針などにより自動車メーカーの電動化への取り組みが加速している。 ただ、より切実なニーズを持つのが商用車である。 東京モーターショーでは各社のトップが電動化への取り組み方針を示した他、三菱ふそうといすゞ自動車が新製品をアピールした。 Volkswagen(VW)とFord Motor(フォード)は2019年7月12日(現地時間)、記者会見を開き、自動運転と電気自動車に関して提携をグローバルに拡大すると発表した。 比亜迪(BYD)の日本法人ビーワイディージャパンは2019年3月25日、量産型電気自動車(EV)である小型バス「J6」の予約受付を開始したと発表した。 2020年春から納車を行う計画で、2024年までの5年間で1000台の販売を目指す。 税別希望小売価格は1950万円。 ダイハツ工業は「第46回東京モーターショー2019」(会期:10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、次世代軽トラックや自動運転車など4車種のコンセプトカーを世界初公開した。 自動運転車や電動車を普及させる時、商用車で特に重視されるのが、事業化だ。 商用車メーカーにとって収益性が確保できるかではなく、トラックやバスのユーザーにとって自動運転車や電動車を使うことが事業面でプラスになるかどうかが問われる。

次の

ヤマト運輸、いすゞ エルフEVウォークスルーバンを神奈川県藤沢市に導入

エルフ ev ウォーク スルー バン

ヤマト運輸は2020年2月14日、いすゞ自動車が開発した中型トラックタイプの電気自動車(EV)「エルフEVウォークスルーバン」を1台導入したと発表した。 まずは神奈川県藤沢市でモニター稼働を実施し、本格導入につなげる。 5t未満、普通免許で運転できる。 中型トラックは車両総重量3. 5t以上7. 5t未満で、準中型免許以上で運転可能。 エルフEVウォークスルーバンは、クルマから降りることなく荷台に移動できるウォークスルー構造となっており、CO 2排出量や騒音の削減だけでなくドライバーの労働環境向上につながるとしている。 定員は2人で、車両総重量は4970kg、最大積載量は1850kgとなる。 最大出力は83kW、最大トルクは305Nmだ。 関連記事• 「人とくるまのテクノロジー展2018」に出展した商用車メーカーに小型電動トラック開発の取り組みを聞いた。 ヴァレオジャパンは2019年12月3日、電源電圧が48Vの軽トラックタイプの電気自動車(EV)を群馬大学と共同で製作したと発表した。 ディー・エヌ・エー(DeNA)とヤマト運輸は、神奈川県藤沢市でレベル3の自動運転車を使った配送の実証実験を開始した。 自動運転社会を見据えた「ロボネコヤマト」プロジェクトの一環だ。 自動運転車や電動車を普及させる時、商用車で特に重視されるのが、事業化だ。 商用車メーカーにとって収益性が確保できるかではなく、トラックやバスのユーザーにとって自動運転車や電動車を使うことが事業面でプラスになるかどうかが問われる。 日野自動車は2018年7月17日、同社羽村工場で説明会を開き、2019年夏に大型トラック「プロフィア」のハイブリッドモデルを発売すると発表した。 高速道路が大半のルートで走行しても、ディーゼルエンジンモデルと比較して燃費値を15%改善できる。 商用車の中でも燃料の消費量が多い大型トラックの燃費を向上させることにより、商用車全体のCO2排出量削減につなげる。 物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4. 0」の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する本連載。 第6回は、物流の主な担い手であるトラック業界を大きく変えるであろうTaaS(Truck as a Service)を取り上げる。 関連リンク•

次の