穴 八幡宮 ご利益。 【八幡神社とは?】ご利益、八幡さま、八幡宮、八幡信仰を分かりやすく解説!

【八幡、稲荷、天神、天満宮】の違いは神様とご利益にある

穴 八幡宮 ご利益

沿革・由緒 当八幡宮は、第73代堀河天皇の寛治6年(1092年)1月15日に鎮座。 桓武天皇の曾孫である高望王の後裔で秩父別当・平武基は、源頼信による平忠常の乱 長元の乱 において功を立て、軍用八旒の旗のうち日月二旒を秩父妙見山 時代によって武光山、秩父嶽、武甲山 などとよばれる に納め八幡宮と崇め奉った。 武基の子武綱は、嫡子重家と共に後三年の役 1087年 において源義家の軍に三百余騎を従え一番で参向し、仙北金沢の棚を攻略した。 その大功により名を河崎土佐守基家の賜り武蔵谷盛庄を賜った。 義家は、この勝利は基家の信奉する八幡神の加護なりと、基家が拝持する妙見山の月旗を乞い求め、この地に八幡宮を勧請した。 重家の代になりが禁裏の賊を退治したことにより堀河天皇から渋谷の姓を賜り、当八幡宮を中心に館を構え居城とした。 渋谷氏は代々当八幡宮を氏族の鎮守として崇めた。 これが渋谷の発祥ともいわれ、現在も境内に渋谷城砦の石が保存されている。 当八幡宮は、「八幡宮」又は「渋谷八幡宮」と称したが、金王丸の名声にちなみ、後に「金王八幡宮」と称されるようになった。 渋谷氏が武蔵谷盛庄七郷(渋谷、代々木、赤坂、飯倉、麻布、一ツ木、今井等 を領したので、当八幡宮は鎌倉街道(現八幡通り)大山道(現青山通り、道玄坂)を中心とする青山・渋谷の總鎮守として現在も数多の崇敬をあつめている。 「江戸名所図会 3巻」より「金王八幡社」(長谷川雪旦・画)より 引用元: 金王八幡宮参拝の栞より抜粋 ご祭神・御祭神 応神天皇(おうじんてんのう) ご利益・ご神徳 金運・子授け・出世運など パワースポットセラピストが教える金王八幡宮はこんなところ とても渋谷にあるとは思えない別世界に相応しい神社です。 渋谷という土地柄参拝客多い感じがします。 そんな 金王八幡宮の現在の社殿(渋谷区指定有形文化財)は、徳川2代将軍秀忠の世、慶長17年(1612年)に青山忠俊と春日局によって造営されました。 この社殿は、権現造りで江戸初期の様式を現在に留め、都内でも貴重な建築のひとつに数えられる。 特に拝殿の正面左右の窓のような狭間には獏と虎が彫られ、このような装飾は大変珍しいとされています。 獏は世の安寧、虎は正しいまつりごとへの祈りの心が込められている。 出世運、金運、商売繁盛などご利益が期待できますので、境内社も忘れずにご参拝ください。 渋谷金王丸常光(しぶやこんのうまるつねみつ)は、渋谷平三家重の子で、永治元年(1141)8月15日に生まれました。 重家には子がなく夫婦で当八幡宮に祈願を続けていると、金剛夜叉明王が妻の胎内に宿る霊夢をみて立派な男子を授かりました。 そこで、その子に明王の上下二文字を戴き「金王丸」と名付けました。 金王丸17歳の時、源義朝に従って保元の乱(1156)で大功を立て、その名を轟かせました。 続く平治の乱(1159)では義朝は敗れ、東国に下る途中立ち寄った尾張国野間の長田忠宗の謀反により敢えない最期を遂げました。 金王丸は、京に上り常磐御前にこのことを報じたのち渋谷で剃髪し、土佐坊昌俊と称して義朝の御霊を弔いました。 (平治物語には、金王丸は出家して諸国を行脚し義朝の御霊を弔った、とあります。 ) 金王丸は、義朝の子である頼朝との交わりも深く、頼朝が挙兵の折は、密かに当八幡宮に参籠して平家追討の祈願をしました。 壇ノ浦の戦いののち頼朝は義経に謀反の疑いをかけ、これを討つよう昌俊(金王丸)に命じました。 昌俊は断ることもできず、文治元年(1185)10月、百騎ばかりを率いて京都に上り、同月23日夜義経の館に討ち入りました。 昌俊は、はじめから義経を討つ考えはなく、捕らえられて勇将らしい立派な最期を遂げました。 金王丸の名は平治物語、近松戯曲などに、また土佐坊昌俊としては源平盛衰記、吾妻鏡、平家物語などにみえ、その武勇のほどが偲ばれます。 そして金王丸の名声により、当八幡宮を金王八幡宮と称するようになりました。 当八幡宮に伝わる「毒蛇長太刀」は金王丸が所持していたもので、長田の館の奮戦で「鉾先に向かいその刃風に触れる者生きて帰る者なし、鰐口は遁れるとも毒蛇の口は遁れ難し」と言ったことにより名付けられました。 当八幡宮の境内にある金王丸御影堂には、金王丸が17歳で出陣の折、自分の姿を彫刻し母に形見として残した木像が納められています。 ( 渋谷氏の後裔は全国各地に連綿と続いておりますが、明治の元勲東郷平八郎元帥も渋谷氏子孫の一人です。 金王丸の木像は、3月最終土曜日に斎行される金王丸祭で御影堂の開帳があり、特別公開されます。 渋谷城 砦の石 社殿の左側にある 「砦の石」。 この石は、平安時代からここに残されている渋谷城の石垣の一部。 周りの邪悪な人々や悪いものを断ち切ってくれるパワーがあると言われています。 金王桜 由緒・沿革 創建は鎌倉時代の頃、渋谷八幡宮(現金王八幡宮)をお祀りした渋谷氏の祖河崎土佐守基家の曾孫高重によって祀られたと伝えられています。 当神社は元 渋谷川の辺、渋谷駅の近く(並木街三十一番地、公設市場と渋谷川の間)にありました。 渋谷川が渋谷城の壕に利用されておりましたので、江戸時代文化の頃までは「堀ノ外稲荷」、その後「田中稲荷」と称せられておりました。 また、川の端にありましたので「川端稲荷」とも申しました。 昭和二十七年道玄坂上(上通り四丁目三十四番地)の豐澤稲荷神社が合祀されました。 豐澤稲荷神社は元猿楽町京極家(旧但馬豊岡藩)の下屋敷に祀られておりましたが、明治初年道玄坂上にお移し致し、中豊澤にあった多くの稲荷祠を合祀したということです。 東京都の区画整理事業が行われるに当たり、昭和三十六年十月現在地に移り豐榮稲荷神社と申し上げることになりました。 昭和四十七年に新しい朱塗りの御社殿を造営し、昭和五十年には約五十坪の道場を中心とする研修道場「蔵脩館」を建設いたしました。 引用元: 頒布のパンフレットより 金王八幡宮の入口出て、左手に見えるのが 「豊栄稲荷神社」。 ご祭神はです。 境内の左手には、猿が描かれているようですが、渋谷区指定有形文化財である 「庚申塔群」があります。 また御朱印(初穂料:300円)は、金王八幡宮の社務所にて頂くことができます。 私は金王八幡宮の社務所で頂けるのを知らず、御朱印頂くのを忘れてしまいました。 パワースポットセラピスト 森屋まさてる パワースポット巡りを始めて約3年。 参拝するきっかけになったのは、ある方が投稿した雲の写真が龍の姿に見えたことから、「龍神様にお呼ばれしているから、龍神様をお祀りしている神社に参拝してみたら」と言われたのが始まり。 もともと旅行に行った時に神社仏閣を訪れることが多かったが、もっと色んなところを巡って、その魅力を知りたいと現在神社を中心に訪れたパワースポットは130ヶ所以上。 そんなパワースポットの魅力に取り憑かれた私が東京から日帰りで行ける皆様の開運につながるパワースポットをご紹介していきます。 【パワースポットセラピストとは】 パワースポットの魅力と訪れたパワースポットの中から金運、恋愛成就・縁結び、出世・仕事運、厄除けなど今現在の「あなた」の悩み・叶えたい願いに合ったパワースポットを分かりやすくご紹介すること。

次の

鶴岡八幡宮のお守りとご利益|安産・子宝・勝負のパワースポット

穴 八幡宮 ご利益

大宮八幡宮のパワースポット ご神木 大宮八幡宮の夏 — うぶすなこころん ubusuna1984 ご利益は再生|共生(ともいき)の木 大宮八幡宮では、良縁を祈り倒し、願い文に懺悔しまくり、自分でできるお祓いも全力で。 榧(かや)の木に犬桜が寄生しているご神木。 普通は木が寄生すると、どちらか1本が枯れてしまう事がほとんどですが、大宮八幡宮の神木は 、ひとつの幹で繋がり、ずっとご一緒に生きておられます。 この木の幹からしめ縄をつたって、神の使いの蛇が現れたこともあったそう。 ご利益は恋愛|本殿右側の楠木の林 大宮八幡宮の不思議スポットのひとつ、楠木の林の御神木はとても仲良し。 皆で相談しながら枝を伸ばしているので、枝が全く重なりません。 ご利益は招福|幸福撫でがえる石 映美です。 持ち上げたときに重いか軽いかによって、願い事がかなうか占ったと言われる石です。 ご利益は長寿|寿命が延びてしまう?ご神水 大宮八幡宮の波動水と言うありがた〜いお水 らしい。 ご神水は、ペットボトル3本まで持ち帰る事も出来ます。 「延命祈願水・多摩乃大宮水」というお水を300円で授与することが出来ます。 飲料水として飲むことも出来ます。 大宮八幡宮とで安産・子宝のご利益が頂ける理由は? この大宮八幡宮、安産、子宝、子育てのパワースポットとして日頃から参拝者の多いところです。 大宮八幡宮にまつわる応神天皇出産の秘話 大宮八幡宮には応神天皇、神功皇后という親子の神様が祀られています。 妊娠中だった神功皇后は、身重でありながら三韓成敗に出征。 目的を果たした後、帰還され無事にご出産されたのがお子様の応神天皇です。 一説では神功皇后は女帝だったとも言われています。 大宮八幡宮は東京の「へそ」 東経139度38分45秒、北緯35度40分54秒。 この数字が示しているのが「東京の真ん中」。 いわゆる「おへそ」です。 この東京のど真ん中に位置するのがこの大宮八幡宮なのです。 「へそ」は母親の胎内と子供の縁を結ぶ固い絆そのもの。 「東京のへそ」に位置していることから、縁結びや安産のパワースポットと言われているのです。 大宮八幡宮は神々の記憶、胎内回帰の出来る神聖な場所ということで、たくさんのパワースポットがあるのです。

次の

お参りすると、金回りが良くなると言われている神社

穴 八幡宮 ご利益

武神から生活守護の神へ 八幡様は戦前までは武神として崇められていました。 戦後から平和観念が浸透していくなかで、教育や縁結びなど日常生活に根ざした諸願成就の神へと変化していきました。 八幡様を祀る全国の八幡系の神社は、三万とも四万とも言われており、分詞の数の多さでは稲荷社についで第二位です。 日本文化の基礎を築き、八幡信仰の祭神として「八幡さま」で親しまれるこの神様は、日本全国どこへ行っても出会える神様です。 源氏の守護神となり人気に 中世以降、八幡信仰は発祥地の宇佐八幡宮(大分県)、石清水八幡宮(京都府)、源頼朝が創祀した拡大発展拠点の鶴岡八幡宮の三社を核として全国に広がりました。 武家の棟梁・源氏の守護神となったことで、各地の武士層から庶民へ浸透していきました。 日本文化の基礎を築く 古事記などによると、八幡さま(誉田別命)は筑紫国(福岡県)で生まれ、大和に戻り母の神功皇后の摂政のもと皇太子となり、皇后の死後に第十五代天皇に即位。 四十一年の治世には、百済からの3人の帰化人を受け入れたり、中国の文芸や工芸を積極的に導入するなど、優れた治世を行ったとされ、日本の文化の基礎を築いたそうです。 応神天皇は歴史的に最初の天皇とされる考えがあり、その治世は学問的にも日本の歴史時代の始まりと言われています。 実は「応神」とは死後の諡号(贈り名)で、通称として使われていますが、祭神名の多くは生前の名である誉田別命(ほんだわけのみこと)で祀られています。 八幡さまを祀る代表的な神社.

次の