洒落 に ならない 怖い 話。 【洒落怖】姦姦蛇螺(かんかんだら)

怖い話~怪談百貨店~ : 【怖い話 第2342話】友達とのドライブで夜に谷の大きな橋を渡った時の話【洒落にならない怖い話 洒落怖】

洒落 に ならない 怖い 話

海外で語られている洒落にならないほど怖い話を厳選しています。 海外の人たちが震えた 短編ホラーストーリー全39話は、読み終えたことを後悔する恐れもあるので、ここから先の怖い話は閲覧注意の自己責任でどうぞ… 怖い話 No. 1「キャンドル・コーブ」 あるネットの掲示板で、70年代にアメリカで放送されていた子供向けのテレビ番組が話題となっていた。 番組タイトルは「キャンドル・コーブ」。 主人公の幼い女の子が「海賊と友だちになることを想像する」シーンから始まり、可愛らしいパペットキャラが続々と登場する、低予算のセサミストリートみたいな番組だったらしい。 「1話だけ、すごく気持ち悪い話あったよね? 」 当時「キャンドル・コーブ」をリアルタイムで視聴していた人たちの間で、あるエピソードが話題となった。 通常は、女の子とパペットキャラクターの楽しい会話で展開される番組が、 唯一1話だけ、画面に登場するキャラクター達が終始叫び声を上げ、恐怖した女の子が泣き叫んでいる、不気味で意味不明なエピソードが放送されたそうだ。 そもそも「キャンドル・コーブ」なんて番組は、本当に存在したのか? 掲示板を見ていた一人の男性は、自分の母親に尋ねた。 「昔やってた『キャンドル・コーブ』って子供番組知ってる? 」 息子の質問に母親は驚いた。 「あなた、毎回『キャンドル・コーブ』見てたじゃない。 2「天使の像」 父と母は、たまには夜の街で羽根を伸ばそうと、信頼できるベビーシッターに子供の世話を頼むことにした。 ベビーシッターが到着した時、すでに2人の子供はベッドで熟睡中。 しばらくすると、ベビーシッターは暇を持て余した。 子供が寝ている1階にはテレビがないため、何もすることがなく退屈で仕方なかった。 そこで、子供たちの父親の携帯に連絡して 「子供たちは寝ているからテレビを見に2階へ行ってもいいですか? 」とたずねた。 父親がテレビを見ることを許可すると 「あと、もう一つよろしいですか? 」と、ベビーシッターは質問した。 「子供部屋の窓から見える、庭の天使の像にブランケットをかけて隠してもいいですか?とても気味が悪いので…」 電話口の父親はしばらく沈黙した後に、こう告げた。 「すぐに警察へ連絡するから子供を連れて家から逃げてくれ!! うちに天使の像なんて無いんだ!! 」 父親の通報から3分以内に駆けつけた警察は、ベビーシッターと2人の子供を血溜まりの中で発見した。 そして、どこを探しても天使の像は発見されなかった... 怖い話 No. 3「リフォーム」 私と彼氏は中古で一軒家を購入しました。 「キッチンをベッドルームに改装しよう!! 」 彼氏は、この家を大胆にリフォームしようと張り切っていました。 彼が作業する間、 家中の古い壁紙を剥がすのが私の仕事でした。 以前の住人は、家中の壁と天井に壁紙を貼っていたため、私の作業は膨大でしたが、次第に壁紙を剥がすことに快感を覚え、不思議な感覚に満たされていきました。 壁紙が破れないよう上手に剥がすことが出来ると、日焼けした時に肌がペロンとめくれた時のような、爽快感が味わえたんです。 ちょっとしたゲーム感覚で、私は壁紙剥がしに没頭しました。 ですが、作業を進めていくと、私は奇妙なことに気が付いたのです。 壁紙を剥がすと、 全ての部屋の角に人の名前と日付が書かれていたのです。 気になった私は、壁紙に書かれていた人名をグーグルで検索すると、恐ろしいことが明らかになりました。 行方不明で捜索願が出されている人の名前と、姿を消した日付が、我が家の壁の記述と一致したのです… 翌日、私は壁紙の下に隠れていた人名と日付のリストを作成して警察に通報すると、すぐに捜査員たちがやってきました。 家の中を調査した後に、一人が私にこう訪ねました。 「これまでに剥がした壁紙はどこにありますか?あなたが剥がしていたのは紙ではありません。 おそらく行方不明者の皮膚でしょう」.

次の

怖い話~怪談百貨店~ : 【怖い話 第2452話】ヤバイ心霊スポット廃墟の「ホテルN」【洒落にならない怖い話 洒落怖】

洒落 に ならない 怖い 話

人気のゾッとした話を中心に『死ぬ程洒落にならない~』洒落怖 シャレコワ 2chやネットで話題の怖い話シリーズを4つのジャンルでお楽しみ頂けます。 この夏おすすめのアプリです。 登録なしで全て無料でお楽しみ頂けます。 【アプリの特徴】 怪談話や恐ろしい話は全て実録 ほん怖 !更に、超絶怖いGIF動画も収録!怖いBGM付きで雰囲気を演出! <収録内容> ・洒落にならない怖い話 ・洒落にならない恐怖GIF画像 ・洒落にならない不気味体験談 ・洒落にならない自然にまつわる怖い話 厳選された300話以上の恐い話しと怖い画像などが満載! <アプリの主な機能> 【ブックマーク機能】TOP右上のドクロマーク お好きな話をお気に入りに記録、いつでも閲覧できる。 もっと楽しみたい方はイヤホンがオススメ!怖い雰囲気たっぷりに楽しめます。 【既読機能】 一目で既読・未読が見分けられます。 または真相を理解した人間からの説明でも理解出来る。 ・「心霊現象」「怪談」「不気味」「オカルト」「サスペンス」のいずれか要素を含む内容である。 (「恐怖」の定義は困難であるため、ジャンルとしての前提) ・所謂「読んだら不幸になる」系統のものでは無い。 四・人によってどの話が怖いのかは個人差がある為、一概に「この話は絶対に怖い」ということはない。 このアプリを閲覧するにあたって、夜が眠れないなど万が一何か起こっても自己責任でお願いします。

次の

怖い話~怪談百貨店~ : 【怖い話 第2452話】ヤバイ心霊スポット廃墟の「ホテルN」【洒落にならない怖い話 洒落怖】

洒落 に ならない 怖い 話

76 ID:6C5PvbPo0. net 上京してきたバイト先の後輩くんから聞いた実話 2年程前、当時高校3年生、免許取り立てだった彼は親の車を借りて男友達とドライブをしてたそうで、当てもなく車を走らせ気付けば辺りは真っ暗。 正確な時間はわからないけど多分夜~深夜 彼の住んでた県には谷にかかった大きな橋があり、家に帰るにはどうしてもその橋を渡らなければいけなかったらしい。 まあ多分他にも迂回路はあったんだろうけど、免許取り立ての彼は道など知らずナビ通りに進んで行ったんだと思う。 その橋の周りには民家はもちろん街灯みたいなものもほとんどないらしく、辺りはほぼ暗闇状態。 薄気味悪いなと思いつつ橋を渡って行ったんだが、丁度その橋の真ん中あたりで車のライトが消えた。 何度レバーを回しても全く点かない。 このままではまともに走れないので意を決して車の外に出て確認してみるも特に異常は無し。 その時点で超絶ビビリな彼はw気が気じゃなかったと思うがこのままではどうしようもないので車に戻りエンジンをかけ直してみた。 すると案外あっさりとライトはついた。 「なーんだただの故障か。 」なんてわざと冗談っぽく呟き、再び車を走らせた直後、隣の友達がいきなりとんでもない悲鳴をあげた。 69 ID:6C5PvbPo0. net 続き 慌ててブレーキをかけると声を震わせながらミラーを見ろという。 そんなもの見たくもなかったが恐る恐る見てみると後部座席に長い黒髪を垂らした女が座っていた。 もちろん彼ら以外に誰かを乗せたはずもなく、辺りに人など1人もいなかった。 恐怖のあまり声も出ず、とっせにアクセル全開で車を飛ばす。 その間も後部座席にはそれが座ったまま。 気が狂いそうになりながらも橋を渡りきり、とっさに近くのコンビニへと車を止め慌てて外へ飛び出た。 遠くから後部座席を見るとそこにはもう誰もいない。 あれはなんだったんだ?気のせいか?なんて話しながら気を紛らわすためにしばらくコンビニの前で明るくなるまで友達と暇を潰した。 夜が明け、車に戻り後部座席を確認すると、シートがぐっしょりと濡れていた。 後々調べてわかったみたいだが、その橋は飛び降り自殺が絶えない有名な心霊スポットだったらしい。 その後慌ててお祓いに行ったとか たいしたオチもなくつまらん長文で申し訳ないが、こんなベッタベタな心霊体験をするやつが本当にいるんだと思って投下。

次の